人気ブログランキング |

ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬

しばらくブログを放置プレーして、お正月は韓国、ソウルに行ってきました。
今回もいろいろ心に残るおいしいご飯を食べることができましたけど、印象に残ってる場所の一つがなんとお寿司屋さん。

なにも韓国に行ってお寿司を食べずともって思われるかもしれませんが、ソウルの江南に、韓国の寿司の匠と誉れ高い韓国人の寿司職人がすばらしいお店を昨年開いたと聞いて、お寿司好きとしては是非一度お邪魔しなければ、と思っておりました。

で、うかがってみたお店。

日本のお寿司の高級店の雰囲気ですね。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_11124458.jpg


お寿司屋さんで、グタグタとウンチクを語るお客さんってあんまり見た目がよろしくないので、出て来たお料理を写真でご紹介。
お寿司屋さんで写真を撮るなんぞ無粋なことですが、ま、そこはざっくばらんな(?!)韓国ですし、大将に一応お断りしてみたら、喜んでどうぞお撮りくださいとお許しが出まして。
一見は百聞にしかずっていいますし。

「おまかせ」を頼み、
おつまみから。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_11153720.jpg

ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_16471810.jpg


イカ墨の茶碗蒸し。
ゆっくり食べようと思ったけど、おいしくてスプーンが止まりませんでした。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_17502527.jpg


韓国の高級焼酎をロックで。
お昼ですが、なにか。

日本酒の銘柄も色々揃っているようで、みなさん熱燗なんぞを頼んでらっしゃりました。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_17435167.jpg




お醤油も香の物も自家製ですって。
甘すぎないべったらと、山クラゲのごま油風味、おいしくっておかわりしました。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_16485640.jpg


さてそろそろ握っていきまししょうか、と出された鯛の熟成寿司。
熟成寿司って、白身魚も旨味たっぷり、とろっとした食感になるんですね。
赤酢を使った酢飯もおいしい。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_16541256.jpg


スズキ。
熟成したスズキを皮目だけ炙ったんだそう。
白身にも白身用の煮切りを塗ってあります。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_1658742.jpg


シャリにクルッとトロを巻いてあります。
こんなの食べたことない。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_17452043.jpg





途中で焼き物も。
西京漬けにしてあるのかな。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_16594748.jpg



さらに白身。
なんだっけかな、かさごだっけかな?
魚によって、わさびだけでなく梅肉に紫蘇をのせて握ってあったり、一貫一貫楽しめます。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_1711236.jpg


これ、おもしろいでしょう。
熟成させたマグロと薬味をたたいたもので酢飯をくるんだ、マグロのおいなりさんです。

一番最初に修行された修業先の浅草のお寿司屋さんで学んだ、江戸前の仕事だそう。
もう師匠と呼ぶ方はお亡くなりになった方と、90代の高齢になられて、今ではこういうお寿司を握れる方は少ないはずだと言っておられました。

うふふ、韓国人から、しかもソウルで昔の江戸前のお寿司の味を教えてもらうとは、なんだか不思議な感じです。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_173401.jpg


さ、お口の中をさっぱりさせてくださいと、紀州の南高梅のはちみつ梅。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_1721477.jpg



これが、このお店の有名な熟成サバ。
こちらのお寿司は、サバを含めてお魚はすべてそれぞれのお魚のおいしさ、旨味が一番引き出せるような期間と方法で熟成させてあります。
お魚によって、数ヶ月から、サバなどは1年も熟成させているんだそう。
ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬_a0223786_1761993.jpg

 
まだまだ、出てきましたよ。
後半戦は次回ということで。

追記
こちらで握っておられた大将、クォン オジュンさんは2017年春に独立されて、現在同じくソレマウルにある「匠権」というお鮨屋さんを営んでいらっしゃいます。
「すし萬」さんは新たな職人の方が握ってらして、こちらも「匠権」さん同様予約困難な人気店だそうです。

大将の熟成寿司を味わいたい方は「匠権」さんへどうぞ。
匠権 HP

by mickimchi | 2016-01-11 16:44 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/22119906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by love-t_k at 2016-01-11 17:02
韓国で美味しかったのがお寿司ですか!
私はどうもイメージが刺身をコチュヂャンで食べるってのがあって(笑)
古いですね(^o^)
Commented by lapie-fr at 2016-01-11 19:36
もう、絶交、しちゃおうかな。。。。。。
哀しくて、かなしっくって。。。。。。。。。。。。
Commented by mickimchi at 2016-01-12 12:49
>けいこさん、
そうですよね、普通は韓国、お刺身はコチュジャンですもん。
日本からチューブわさび持ってって、って感じで。
しかししかし、このお寿司屋さんはびっくりの本格派でした。
お寿司は日本の日本人の物って感覚を一気に覆させられた気分です。
って、ちょっとオーバーかしら。
Commented by mickimchi at 2016-01-12 12:54
>らぴさん、
や〜ん、美食の国の住人が何をおっしゃいます。
日本にいるのが日本人、韓国にいるのが韓国人、美食の国にいるらぴさんは、美人。
って一生懸命おべっか使ってる私ですが、絶交しないでね〜。
後半戦を書くのが怖くなってきた。
Commented by lapie-fr at 2016-01-12 15:33
きゃはっは~
後半、すっごく〇〇み~(M、入ったかしら?)
Commented by mickimchi at 2016-01-12 16:39
>らぴさん、
よ〜し、Sっぽく攻めて書きますね。
って、なにやらあやしいコメント欄になってきましたよ。


<< ソウルの江南、口の中でとろける... お豆腐たくさん、ヘルシー韓国料理 >>