人気ブログランキング |

ソウルから大邱へ。韓国のおいしい味と美術作家さんたちに会いに。その1 ソウル北村の韓定食屋さん。

民画の先生たちと秋の韓国を旅してきました。
旅の目的はおいしいものを食べながら、韓国の民画作家さんや人形作家さん、陶芸作家さんたちのアトリエや工房を訪ねること。

まずはソウルに到着。
午後到着便だったので、宿泊先の近所の仁寺洞(インサドン)の伝統茶屋さん「トゥラン」に。
a0223786_17495490.jpg

いろいろな韓方茶や花茶、葉茶のほか、野生の果実を使ったピンスがいただけます。
a0223786_17512432.jpg

私は五味子茶(オミジャチャ)を。
もち米の生地を揚げてお米をまぶして作ったお菓子、ユグァと生姜の砂糖漬けも出していただきました。
a0223786_17514179.jpg


こちらは桑の実を使った桑果茶(オディチャ)アイス。
味見をさせていただいたら、砂糖の甘味でなく果実の甘みがほんのりとしておいしい。

a0223786_17514659.jpg


店内の様子。
韓屋造りの店内から中庭を眺めながらお茶を飲む午後のひととき。
よもぎ餅やら豆餅もいただいて、なんだか椅子に根が生えたように長居したくなります。

トゥラン(뜰안)
コネスト地図
a0223786_10004575.jpg

お茶を飲んだ後は仁寺洞をブラブラ。
店先のポスターを見て入ったギャラリーでは若手の作家さんの絵の展覧会が催されていました。
a0223786_17515388.jpg


宿に戻ってのんびりしたらさてお夕飯時。
北村(プッチョン)まで歩いて、たどり着いたのは路地の奥にひっそり佇む韓定食屋さん「ハンメチョン」。

a0223786_17521588.jpg

野菜いっぱいの韓定食。

青葉のサラダ、きのこの和え物、チャプチェ、豆腐の煮物。
どれもおいしい。
a0223786_17524246.jpg

野菜の醤油漬けや、キムチ、塩辛。

a0223786_17525544.jpg

ツルニンジンの辛い和え物に、野菜のジョン。
薄味なのに、味に深みがあって次々とお箸が伸びます。

a0223786_17524992.jpg


青唐辛子がピリッとくるテンジャン。
a0223786_17530219.jpg

鯖の焼き物もついて。
ひとつひとつのおかずが奇をてらうことなく、丁寧に丁寧に作ってある感じ。
しみじみ美味しい野菜韓定食でした。
量もね、多すぎず少なすぎず、辛いお料理やお肉たっぷりのお料理が続いて、ちょっとお腹を休めたいときなんかにもぴったりだと思います。
a0223786_17545059.jpg

実際にオーナー家族が住んでいらした韓屋を改造してお店にしたそう。
中庭には自家製の味噌や醤油が仕込んであるオンギ(壺)が並んで趣があります。
安国駅からも近い、こんな路地にこんなお店があったのね。っていう感想です。

また是非行きたいお店です。
a0223786_17530718.jpg
ハンメチョン(한뫼촌)

by mickimchi | 2016-10-17 08:13 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/23285038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by love-t_k at 2016-10-17 11:14
韓国、知らない事知らない物がまだまだありますね!
青唐辛子香るテンジャンに私のお腹が反応しちゃいました(笑)
楽しい旅行ですね(^o^)
Commented by mickimchi at 2016-10-17 16:54
>けいこさん、
けいこさんは青唐辛子、上手に使ってらっしゃいますもんね。
今回改めて、青唐の美味しさ、感じました。
赤唐辛子の辛さと違って爽やかですよね。辛いけど。
私も使いこなしてみたいです。
(でも青唐持った手で、目をこすらないようにしなきゃデスね。以前、その手でコンタクトレンズを触って、大変なことになったことがあります。)
Commented by ビョン at 2016-10-19 07:43 x
お帰りなさい。
今回も盛りだくさんの旅だったんでしょうね~。
トゥラン、懐かしいです。あの路地裏のお店は、都会の喧騒を忘れられる貴重な空間ですよね。
昔はイェンナルピンスと柚子ピンスしかなかったけど、今はオディやポップンジャまであるんですね。
その柚子ピンスが、氷まで柚子味で感動したのを覚えてます。
社長さんがとてもオシャレで気さくで・・・。
お元気でしたか?
Commented by mickimchi at 2016-10-19 09:34
>ビョンさん、
ずいぶん前のトゥラン、ご存知なんですね。
社長さんは相変わらず、朗らかでにこやかに迎えていただきました。
あそこのヌルンジのお菓子が好きなんですが、忙しい時期は作んないみたいです。
また冬の時期にでも行ってみよっかな。


<< ソウルから大邱へ。韓国のおいし... 博多とんこつラーメン風の博多と... >>