ソウルから大邱へ。韓国のおいしい味と美術作家さんたちに会いに。その3 テンプルステイ&民画作家さんのアトリエへ

さて、夕暮れ迫る雨の中たどり着いたのは、この日のテンプルステイ先の伽耶山の慶尚北道側にある「深源寺(シンウォンサ」。                                             
お夕飯どきでしたので、早速配られた修練服に着替えて精進料理をいただきます。
我ながら何故か違和感のないイデタチ。

a0223786_17304182.png

深源寺は新羅時代に建立された由緒あるお寺ですが、その後火事で焼け、今世紀に入って再建されたお寺で出そう。
規模は決して大きくはありませんが美しく荘厳な感じのする山寺でした。

私にとって韓国でのテンプルステイは3度目。
最初は正直、「朝も早いし酒も飲めないし、なんだか気乗りしないなぁ。」って感じてたんですが、一泊二日の山寺での仏教文化体験は今ではわりかし先生との韓国の旅の楽しみのひとつ。
a0223786_17323565.jpg

テンプルステイの参加者にはお寺ごとにいろいろ体験プログラムが用意されていて、静寂に包まれた山の中のお寺で、お坊さんと鐘をついたり、お茶を飲みながらお坊さんのお話を聞いたりと、心も身体も癒される体験ができます。
参加者の中には小さいお子さんと一緒のご家族もいらっしゃるので、お坊さんのお話も小難しいものではありません。
(と言っても、キミコ先生(民画の先生)と池ソンセンニ(先生の旦那様)の通訳付きでやっと理解できてる私です。)

中にはトレッキングやヨガなどのプログラムも楽しめるお寺もあり、外国人向けのテンプルステイを行っているお寺も数多くあるようです。

お寺によっては写真撮影NGのところもあるのですが、このお寺は写真OKとのことでしたので、この機会にテンプルステイの様子をちょっと書いておきます。

このお寺の体験プログラムはこの日は蓮の花の形をした灯籠を作ること。
紙コップに紙を貼り付けては作った蓮の花の中にろうそくを灯して、お願い事をしながら歩きます。
私のお願い事?
「ワンコ2匹がいつまでも健康で長生きしますように。(あっ、ついでに夫も)」
a0223786_12441432.jpg

夜は早々と就寝。
なんせ朝は4時起きです。
お坊さんの早朝例仏に参加できるのです。
自由参加ですが、せっかくお寺に泊まったんですからね、日頃の悪事を仏様にお許しいただきたいじゃないですか。
a0223786_12563659.jpg
さて、お酒を飲まずに寝たら、あらまあ、何と寝起きのさわやかなこと!
早朝例仏の後はまた部屋に戻って一寝入り。
で、楽しみのお寺の朝ごはん。
精進料理のビュッフェスタイル。
用意していただいたおかずやご飯、汁物はなんでも好きにとっていいのですが、お皿にとったものは全て残らず食べなければなりません。

きのこや豆類などの素朴ながら美味しい野菜のおかず。
キムチ屋や焼き豆腐も。
ここでは、な、な、なんと幻のキノコと呼ばれる香茸(ヌンイポソッ)の和え物も。
a0223786_12482827.jpg


a0223786_12585970.jpg
汁物は、松茸が入っていた!
香茸も松茸もお寺の奥の山で採れたんですって!
って朝ごはんに感動しちゃったんですが、ご飯中は私語は禁止です。
a0223786_13005274.jpg

こちらが泊まらせていただいた家屋。
a0223786_13010887.jpg
お坊さんにお別れのご挨拶をしてお寺を離れる頃には清々しい気持ちになりました。
韓国の主流の派のお坊さんは基本、出家したら肉食も妻帯も禁止、ですから世襲もなしなんだそうです。
お坊さんになりたいって思っても50歳以上でも、病気を患っていてもダメ、そして世俗の人間関係を絶って出家するんですって。
なんだかなぁ、なんだろうなぁ。

さて、この日の午前中は善山郡の民画作家さんのアトリエを訪問します。
善山郡は、大邱の北西部に位置する場所です。
クォンジョンスン(귄정순)さんは大邱の啓明大の教授もなされている、有名な民画作家さん。

ご自宅にアトリエとご自身の作品の展示館があるということで、「ご自宅に?」と想像がつかなかったんですが、
いや、本当にご自宅に美術館がありました。
a0223786_16253646.jpg

素晴らしい作品。
写真は許可を得て撮らせていただきました。
a0223786_16255382.jpg
a0223786_16260850.jpg
a0223786_16265187.jpg

バスから降りて、「国立公園かなんかかしら?」と思って歩いたところが全てご自宅の敷地だそうです。
a0223786_16270042.jpg

秋風が心地良い韓屋づくりのお茶室でお茶をいただきました。
手作りのお茶菓子と完熟柿がおいしかった。

a0223786_16273320.jpg

全てが絵のような空間でした。
さて、お腹が減って、お昼はクォンジョンスン氏のオススメの韓定食のお店にGOざます!
a0223786_16274294.jpg

by mickimchi | 2016-10-24 09:23 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/23297381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ソウルから大邱へ。韓国のおいし... ソウルから大邱へ。韓国のおいし... >>