ソウルから大邱へ。その9 感激の韓定食を「ヨンサラン」で。

さて刺繍博物館に行った後はお昼ご飯。
実はチィソンセンニムが日本から予約して下さった蓮料理の韓定食のお店に行くはずだったのですが、当日お店に再確認の電話を入れたところ、何度かけても誰も電話に出ないということなのです。

パンフレットをよく読むと、その日はお店の定休日の日曜日。
もしかしたら団体客ということで、定休日でも用意をしてくれてるのかもしれませんし、それだから電話に出ないのかも。
少人数でしたら一か八かで直接お店に行ってみる手もあるのですが、何しろバス移動の大人数。
午後もアポイントが詰まっていたので「ダメだ。どっか他に行こう。」ということに。

しかししかし、お腹ぺこぺこの我々の頭の中には、パンフレットで見たおいしそうな韓定食の写真が焼き付いていて、なんだか他のことが考えられない。

そんな時Cさんが、「mickimchiさん、Yuckyさんのブログに確か「ヨンサラン」っていうおいしい韓定食のお店、載っかってましたね。」と。
この方の記憶力はすごい!
大邱に旅行するということで前もって色々ブロガーさんの大邱に関するブログを読んできてらしたんです。
Cさんのおかげで、前日もソン・ミョンソプマッコリにありつけたのでした。

で、バスの中で急いでYuckyさんのブログを探して、ありましたありました。
「ヨンサラン」

早速チィソンセンニムがお店に電話を入れると、OKとのこと。
バスで一路、お店に向かいます。

あれれ、揺れるバスの中でYuckyさんのブログをよく読み返すと、お店は中心部からちょっと離れてて地下鉄でも東大邱駅から40分くらいかかるって書いてあった。
アチャ〜、バスだともっとかかっちゃうかなぁと思ったんですが、30分もかからず到着できました!



a0223786_16590805.jpg
サラン定食 15000₩ をオーダーしてくださいました。
さて、テーブルの上に並んだものをお見せしますと...

野菜を使ったヘルシーなお皿が並びます。
a0223786_17025871.jpg
a0223786_17062136.jpg
a0223786_17083087.jpg

チャプチェも薄味ですけどおいしい。
a0223786_17123633.jpg
きれいな色の水キムチ。
a0223786_17102035.jpg

ゆで豚。
大根やニンニクの醤油漬けや辛味噌をのっけて。
a0223786_17140107.jpg

もちもちチヂミ。
a0223786_16574764.jpg

手前右のお魚はエイかな?
以前ホンオフェにかぶりついて、そのアンモニアの匂いでひっくり返りそうになったのでおっかなびっくり口に運ぶと、
これが柔らかくていいお味。
左側のエビの甘辛餡かけ風のも好みの味でした。
中華料理より韓国の海鮮の甘辛餡かけって餡を片栗粉で固めすぎず、コッテリしすぎてないから好き。
カリッと揚がったエビの食感も良かったです。
a0223786_16565135.jpg

プルコギも野菜がたっぷり、繊細な味。
a0223786_16593832.jpg

テンジャンチゲに、ナムルと小さなおかずたち。
ポテトサラダまで味付けが良かったです。
a0223786_17023068.jpg

カボチャやれんこん、豆を炊き込んだ蓮の葉の栄養ご飯。
ご飯をお釜から出してよそったあとのヌルンジもおいしかったです。
a0223786_17035578.jpg

Yuckyさんが書かれていたように店内は上品なファミレスって感じでした。
a0223786_17073258.jpg
実はせっかくこのお店のことを思い出してくれたCさんは、この後日本に先にお帰りになる予定のためお店に行けなかったんです。
Cさん、今回は残念でした。
絶対今度、美味しい韓定食をご一緒しましょう!
ありがとうCさん、ありがとうYuckyさん。
お店の詳細はYuckyさんのブログでどうぞ。(って、いつもすいません、Yuckyさん)

by mickimchi | 2016-11-17 08:11 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/23361569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ビョン at 2016-11-17 16:01 x
日曜定休の蓮根料理の店といえば、「あそこ」でしょうか。
韓国あるあるとはいいながら、定休日に予約を受けてしまい、
しかも当日電話に出ないのは困っちゃいますよね(汗)
あのサジャンニム、良い方なのに残念だぁ。
ひょっとしたらレンコンの収穫に行っていたのかも~(苦笑)
実は私も、今回の大邱ツアーにラテアートを取り入れようと
スクールに連絡を入れたらOKと言われ、事前に友達と体験まで
しに行ったのに、その後日程の再確認をしたところ、
「その週はソウルで大会があるからダメ」という
韓国あるある体験をしたばかりでした。
韓国ツアーを組む日本の旅行代理店さんも苦労なさっているだろうなぁ。
Commented by mickimchi at 2016-11-18 06:54
>ビョンさん、
もしかして電話に出ずに、人数分のお料理を用意してたのかも
(*ノω<*)
あのお店は絶対行ってみたかったので、ぜひ自力でトライしたいです。

先生の旦那様が全て手配して前日までに再確認の電話を入れてくださるんですが、ここだけ当日まで電話し忘れたそうです。

ビョンさんもビョンさん企画の旅、いらっしゃってるけど、いや〜、主催者の方のご苦労は大変なものでしょうね。

でもその記事を見て、「次に大邱に行く時は、こことここに行ってみよう。」なんてワクワクしてる私みたいな人、とっても多いと思いますからガンバってね。


Commented by yukiful-xmas at 2016-11-20 03:46
お役にたてて良かったです。
Cさん、読んでくださってありがとうございます。(とお伝えください。)
ヨンサランの味付けは私も好きです。

でも、地下鉄で40分って書いているのに、バスで30分で着いちゃった?
あれ~~~~~~~~っ!? (@_@)
Commented by mickimchi at 2016-11-20 16:41
>Yuckyさん、
バスの運転手さんが温和なスピード狂の方で...
皆、何も言わずに常時シートベルトしっかり閉めてました。

まあ、バタバタと盛りだくさんで大邱を駆け回りました。
で、薬令市博物館を案内して下さったの、ウォンソプオンニでした。
キミ子先生の旦那様の「10分で案内してください。」っていう無理な要望に、嫌な顔せず本当に10分で完璧に案内してくださって、楽しかったです。
今度はのんびりお会いしたいです。
Yuckyさんのお話をしたら、「また来週いらっしゃるんですよっ!」って嬉しそうにおっしゃってました。



<< ソウルから大邱へ。その10 さ... ソウルから大邱へ。その8 八公... >>