三度目の大邱 その1 初めてマクチャン焼きをいただく

大邱(テグ)。
3年半ほど前にソウル旅行のついでに一泊したのが最初。

それ以降、韓国民画の先生との旅行でも立ち寄ってその魅力の一端に引き寄せられつつも、なかなかじっくりと滞在できずにいたのですが、今年のお正月についに行ってきました。

人口250万人、ソウル、釜山に次ぐ韓国第3の都市といわれている「大邱」。
韓国の南部に位置する四方を山に囲まれた盆地で、昔から韓方医学や、農業、繊維業などで栄え、サムスングループの発祥の地としても有名です。

韓国最大級の韓方市場、薬令市や、「無い物は無い」と言われる大型伝統市場、西門市場など、楽しいスポットが大邱にはたくさんあるのですが、最初に行った時はガイド役を頼んだスンソンさんに頼りっきり、民画の先生との旅行は先生たちにくっついて歩いただけなので、一体全体、その観光スポットがどこに点在してるのか、点でなく線として頭に入っていないんで、今回は地下鉄やバスもジャンジャン乗って、独り歩きができるようになりたい、というのが今回の旅の目標です。

一昨年の秋から成田からの大邱への直行便も開通しており、今回は初のLCC体験、ティーウェイ航空に乗りました。

成田のLCCの専用ターミナル、第3ターミナルまではとっても遠いって聞いていたのですが、ティーウェイ航空は第2ターミナル使用なんですね。
とはいえ99番ゲートですから端っこですが、歩く歩道を使えばあんまり遠く感じなかったなぁ。
CAの方達の対応も親切で、シートもエコノミーとほとんど変わらず。

お食事や飲み物サービスもありませんが(お水はいただけます)、韓国についてからの食事を楽しみに、いつも機内ではほとんど食べない(アルコールは飲みますけどね...)私としては、全然いいんじゃない?というLCC体験でした。

a0223786_17205434.jpg


スムーズに大邱空港に到着し、タクシーを使ってホテルへ。
空港から大邱の中心部まではタクシーで20分くらい。
大邱の道路も混雑しますが、ソウルの渋滞を思うとやけにスムーズです。

まだまだ大邱は初心者マークの我々ですので、大邱の中心部にあるホテルにしました。
チェックインしたらお夕飯にちょうどいい時間。

さて、1食目は「マクチャン焼き」。
食べたかったんです。
大邱10味の一つ、マクチャン焼き。
ブタの大腸の一番美味しい一部分をマクチャンと呼び、大邱ではこのマクチャンを焼いて味噌ダレにつけて食べるマクチャン焼きがご当地グルメだそう。

マクチャン焼き屋さんがずらっと並んだアンジランコプチャン通りが有名なのですが、大邱に日参されてる(?!)Yuckyさんが昨年一番いらしたとお聞きした「ウヤジマクチャン」に行ってみることにしました。

ホテルは中央路(チュンアンノ)駅そばだったので、お店までは歩いていけました。
人気店だから早めに行かないと混むだろうと思って6時前についたのですが、すでにお店はお客さんがいっぱい。

a0223786_17344678.jpg

お隣の席のヤンニョムマクチャンも美味しそうだったんですが、まずは普通のマクチャンって事で注文。
サービスの卵焼きとジャンボサイズのソーセージ付き。
a0223786_17250126.jpg

a0223786_17272678.jpg


さて、チョキチョキして焼いてきますよっ!(夫が。)
a0223786_17300878.jpg


カリッカリになるまで焼くのが美味しいそうです。





さぁカリカリのマクチャンを葉っぱに包んで味噌ダレにつけてお口にポイッ。
マクチャンウマ〜、味噌ダレがまたウマ〜。
牛のコプチャンよりサッパリしてパクパク食べても胃にもたれない。
これはイケます。

大邱の韓国焼酎「マシンヌンチャム」に合いますね。

a0223786_17320354.jpg

お隣さんのテーブルのテンジャンラーメンがものすごく美味しそうで、注文しようか、いや太りそうだから辞めるか迷ってたら、サービスでうちの席にも。
ヤッタ〜。
さっき太るからとか一瞬思ったのにすっかり忘れて完食。

a0223786_16401876.jpg
a0223786_16324268.jpg


大満足の大邱一食目でした。

a0223786_17380676.jpg


ウヤジマクチャン鐘路店 (우야지막창 종로잠)
住所:大邱広域市中区東一洞 8-1/ 대구광역시 중구 동일동 8-2
道路名住所:大邱広域市中区中央大路81キル8 / 대구광역시 중구 중앙대로81길
Tel:053-427-2789
営業時間:17:00~26:00

by mickimchi | 2018-02-08 17:40 | 韓国のおいしい所 | Comments(4)
Commented by yukiful-xmas at 2018-02-09 04:13
リンクありがとうございまーす!
ウヤジは常宿のエオスホテルの数件先なので素通りはできなくなってます。
カリッ、クシュッ、ジュワ〜がたまりません。

大邱ではカロリー忘れましょ!
一緒に大邱太りしましょー!(笑)
Commented by mickimchi at 2018-02-09 11:20
>Yuckyさん、
すいません、勝手にリンクさせていただき事後報告になってしまいました。
この先の大邱レポでもまたリンクさせていただきたいのでご了承下さいね。

ワァ、ウヤジから這って帰れるなんて、エオスホテル、魅力的ですね。
はい、夫婦で大邱太りのままです。
夫は1年くらいかけてダイエットして順調に減量していたのですが(男子の方がマジメにやるから減りますね)、立派にリバウンド、大邱リバウンドです。
Commented by ビョン at 2018-02-11 08:47 x
大邱レポ、始まりましたね。
ウヤジはソースが絶妙だと思います。
ポモ駅傍のあるイケメン店長のお店の方が更に美味しいような(笑)
大邱市内に何店舗か支店がありますが、すべて親族が経営しているそうですよ。
Commented by mickimchi at 2018-02-11 09:40
>ビョンさん、
では、次はポモ駅の方に行きます。
あのソース、秘伝のレシピを知りたいです。
韓国は親族でやっているお店、おいしいところが多いですね。
これからしばらく、大邱レポ、稚拙ながら書かせていただく予定ですが、ビョンさんリンクしまくりになってしまいそう。
あらかじめ、ご了承いただきたくどうぞよろしくお願いいたします。


<< 三度目の大邱 その2 青蘿の丘散策 上野毛の老舗店でうなぎをいただく >>