暑い日に、麦とろ定食@碑文谷

言いたくないんですけど、聞きたくないと思うんですけど毎日暑いですね。
三連休の初日のお昼ご飯。
お店が近くて、さっぱりしててつるっとお腹に入って元気が出るものが食べたくなり(ワガママ)、碑文谷の老舗の麦とろ屋さん「大黒屋」にうかがいました。

とりあえず、生ビールにポテトサラダ。
具材はキュウリに薄切り玉ねぎとオーソドックスなポテトサラダですが、ジャガイモの潰し具合とか味付けとかがちょうどいい。

このお店は麦とろ定食がメインですが、牛すじ豆腐とかホタルイカの沖づけとか、ちょっとしたお酒のおつまみもあって、お昼からちょっと一杯、っていうのが好きな人間にもうれしいです。

a0223786_16081441.jpg


私は麦とろ紅鮭定食。
紅鮭の粕漬け焼きに、香の物、小鉢、麦飯、とろろ汁にお味噌汁がついてます。
プチプチとした食感の麦ごはんに、お出汁の効いたとろろ汁をたっぷりかけていただくと、あれれ?暑くて食欲がなかったのが嘘のよう。
スルスルっとお腹に入っていきます。
麦飯はおかわり自由のようで、半分量のおかわりをする女性や、中には大盛りの麦飯おかわりをしていた男性もいらっしゃいました。
私はさすがに麦ごはんの前に麦酒飲んじゃったから無理でしたが...
a0223786_16031527.jpg


夫は麦とろめかじき焼き定食。
甘辛いめかじきの照り焼きにバターとレモンが乗ってます。
それぞれの定食の小鉢が違うので私の青菜と昆布のおひたしと、夫の切り干し大根煮をシェアしながら食べました。

とろろ汁や香の物、季節で変わる小鉢などの味付けが絶妙で、このお店はずっと前から時々訪れてます。
a0223786_10074109.jpg


もともとはお米屋さんを営んでいた大黒屋さん。
店舗の一部で家庭料理のお店をスタートさせ、麦とろ定食が看板メニューの有名店になったんですって。
以前は民家風の内装のお店でしたが、現在はモダンな造りに改装されておしゃれな感じになっています。

今でも店内で美味しいお米を購入することもできます。

大黒屋
住所:目黒区碑文谷5-7-2 グレイビル1F
Tel:03-3712-8226
営業時間:11:30~14:30 (LO 14:00)、17:30~22:00(LO 21:30)
定休日:水曜日

週末のお昼は混みますので、オープンの少し前に行って店の前におかれたイスに座って待ってるとすんなり入店できます。

a0223786_10105144.jpg

by mickimchi | 2018-07-16 17:50 | 外で一杯 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/238656712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< スパムとチーズのふわふわチヂミ&冷麺 最近描いた韓国民画 >>