定番中華のおもしろレシピ 「青椒肉絲ステーキ」に「食べれば春巻」

牛肉ピーマンの細切り炒め、青椒肉絲(チンジャオロース)。
やわらかなお肉とピーマンのしゃきしゃきの歯ごたえが美味しい中華料理の定番ですが、イチボのステーキ肉を使って青椒肉絲ステーキにしちゃいました。

肉なしの青椒肉絲を作って、上に中華風のステーキを乗せたわけです。
a0223786_11254174.jpg
材料(2人分)
カラーピーマンの細切り 5個分
茹でタケノコの細切り 50グラム
A 砂糖 小さじ1
 酒 大さじ1
 醤油 小さじ2
 オイスターソース 小さじ1
 水 大さじ1
 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1/3を水小さじ1/2に混ぜたもの)
 胡椒 少々
牛ステーキ肉 1枚
B シーズニングソース 少々
 酒 大さじ1
 醤油 小さじ1

作り方
1 ステーキ肉を強火で好みの加減に両面焼き、Bで調理する。
 ホイルで包んで10分ほど置き、食べやすく切る。
2 野菜を炒め、合わせておいたAを加えて炒め合わせて火を止める。
3 2を皿に盛り、1を乗せて出来上がり。

シーズニングソースを使うとグッとアジア的な味になるんですがなければ省いても大丈夫。
見た目のインパクトでがっつり男子系にもウケるかな?


こちらは、「食べれば春巻」。
まず、春巻の皮を小さな細切りにしてカラッとあげておきます。

にんにく、生姜のみじん切りを炒めて香りが立ってきたら細切りにした豚もも肉50グラムを加えてさらに炒めます。
ここに、茹でタケノコ、カラーピーマン、さっと茹でたもやしなどの野菜を2人分で計300グラムほどを炒め、醤油小さじ1と1/2、塩小さじ1、砂糖小さじ1/2、鶏がらスープ1を合わせた調味料を加えてめ合わせ、水溶き片栗粉少々でとろみをつけます。

これをお皿に盛って、上から春巻の皮を揚げたものをトッピングして出来上がり。

目をつぶって食べれば、あらま春巻だわ、っていうズボラレシピです。
a0223786_11255881.jpg



こちらは厚揚げの酢豚風。
でも味付けは鎮江黒酢を使った酢豚と同じだから本格風。
と、ここで、よく作る、この鎮江黒酢の酢豚をリンクしようとしたらあれれ?まだブログに載っけてないですね。
載っけ忘れた酢豚のことを次回書きますね。
a0223786_11254899.jpg

by mickimchi | 2018-08-08 11:23 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/238695032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by love-t_k at 2018-08-08 11:32
ナイスアイデア!✌
Commented by mickimchi at 2018-08-08 13:55
>けいこさん、
春巻の具を炒めて冷まし、春巻の皮に包んで揚げるのが面倒で、目をつぶって食べれば同じかと思ってズボラな事しちゃいました。
Commented by 19675y at 2018-08-13 05:29
おはようございます!!
あぁ~~~~納得。
そういうのもありですね。
Commented by mickimchi at 2018-08-13 07:29
>マリリンさん、
でも、ホントの春巻も食べたいです。
夏って揚げ物食べたくなります(が、作りたくはなし)。
マリリンさんは揚げ物もお上手に作ってられますよね。
いつも感動しながらブログ見ております。


<< 黒酢の酢豚と載せ忘れた中華 焼売&冷やし麻婆茄子ラーメン >>