黒酢の酢豚と載せ忘れた中華

すっかりブログに載せ忘れていた中華ごはん。
中華料理って強火でさっと、パパッと作るのが美味しいわけですが、要領の悪い私としては、作るとしたら下準備が出来てバタバタ慌てず作れるメニューにしてます、ってかそういうのしか出来ませんし...

まずは「鎮江黒酢の酢豚」。
おなじみの酢豚も中国黒酢と中国醤油を使うだけでザ・中華 になるのが不思議。
豚バラブロック肉400グラムに対し、水1リットル、中国醤油2カップ、砂糖大さじ5、紹興酒大さじ5を合わせて鍋に入れ、長ネギの青い部分と生姜と一緒に、柔らかく煮込んだ豚肉を角切りにして片栗粉をまぶし多めのサラダオイルで揚げ焼きします。

これを水2:紹興酒2:砂糖2:中国黒酢2:中国醤油1の割合で混ぜ合わせ煮詰めた黒酢ソースで絡めて出来上がり。

豚肉を揚げ焼きして、黒酢ソースを作っておけば、食べる前に豚肉をフライパンで温めてソースを絡めてすぐ出来上がりです。

中華黒酢と中華醤油は中華料理の調味料に色々使えるので、買っておいても使わず仕舞にはならないと思いますので是非!
a0223786_16040780.jpg



この黒酢ソースを使って作ったのが前回登場の「厚揚げの酢豚風」。です。
お肉使わないから軽くていいですよ。
フライパンで焼いた厚揚げに黒酢ソースを絡めて、さっと茹でた野菜と一緒にお皿に盛り付けただけ。
a0223786_12095593.jpg


こちらも下準備万端にしとけば、食べる前に炒め合わせて出来上がりのメニュー。
「鶏むね肉と夏野菜のさっぱり炒め」。
鶏むね肉1枚を小さく切り、下味の塩胡椒各少々をもみこみ、あわ立ててゆるいメレンゲにした卵白1/2個分も加えて絡め、最後にサラダオイル少々も絡めます。

サラダオイルを温めたフライパンにニンニク生姜のみじん切りを入れて炒め、鶏肉も加えてゆっくり中火で炒め、茹でたトウモロコシと枝豆を加え、鶏がらスープ大さじ4、塩、砂糖各小さじ1、紹興酒大さじ1、水溶き片栗粉小さじ2を合わせた合わせ調味料を入れて炒め合わせて出来上がりです。

下味をつけた鶏肉を炒めて、トウモロコシと枝豆を茹で、合わせ調味料を作っておけば、秒速で出来ます。
a0223786_16015531.jpg


なんだか話が長くなってきましたので、残りは次回。
料理の段取りもノロノロの私、ブログの文章もダラダラとなっちゃいます。
お許しを。
a0223786_15582588.jpg
a0223786_16003904.jpg

by mickimchi | 2018-08-10 12:13 | ミッキムチ家の中華 | Comments(2)
Commented by love-t_k at 2018-08-10 15:43
黒酢、体に良いんですよね
なので最近はなるべく使う様にしてます
酢が苦手だった私はお酢の料理が苦手なのです!
黒酢ソース勉強になります(^◇^)
Commented by mickimchi at 2018-08-10 16:02
>けいこさん、
お身体、大丈夫?
実は私も酸っぱいのが苦手です。
なにしろレモンも酸っぱすぎるから代わりにライムやすだちを使うくらい。
あっ、でも今、オレンジとレモンのミックスのマイヤーレモンがあるから見つけると買っちゃいます。
あれ?なんの話でしたっけ?
そうそう、お酢!
酸っぱいの苦手だからわかるんですけど、中国黒酢ってあんまり酸っぱくないような気がします。
気のせいかな?


<< 載せ忘れた中華のお話の続き 定番中華のおもしろレシピ 「青... >>