ネジャンタンと各国モツ料理

新大久保に買い出しに行く夫に、国産牛のトリッパ(牛の胃袋、ハチノスの事)を買ってきてもらったので、大好きなネジャンタンを作ってみました。
牛の胃と腸などの内臓を煮込んで作る韓国風スープ、ネジャンタン。

今回のトリッパはきれいに掃除してあるものでしたので、別に買ってきたコプチャンやギアラとともに一度茹でこぼしたらすぐ使えて、とっても簡単に美味しいスープができましたよ。
茹でこぼした牛の内臓と大根、長ネギの青い部分、生姜、ニンニク、玉ねぎ、黒粒胡椒少々をお酒を加えた湯でコトコト煮込んで、塩胡椒で味付け。
そこにみりん1:砂糖1:ごま1:ごま油4:粉唐辛子6:しょうゆ1.5、お好みの量のおろしにんにくを合わせて作った特製辛味だれをちょっとずつ加えていただきます。
お好みでエゴマの粉などを振りかければ本場風。
a0223786_08371812.jpg

ちょい、ビジュアル的によくないんですが国産牛のトリッパ(ハチノス)。
リーズナブルで美味しいの!
いつも新大久保に売っているとは限らないのですが、見かけたら必ずゲットします。
a0223786_14151137.jpg



ネジャンタンを作る際、茹でこぼして、野菜とお酒を加えた湯でコトコト煮込んだ段階の牛の内臓を、茹で汁とともに少し取っておいて、後日、スペイン風牛もつ煮込み「カジョス」も作ってみましたよ。
チョリソーも加えてピメントパウダー(辛いパプリカパウダー)、ソフリット(玉ねぎ、セロリ、にんじんのみじん切りをオリーブオイルでじっくり炒めたもの)とトマトソースを加えた茹で汁でさらに煮込みました。

赤ワイングビグビの大好きなスペイン料理です。
a0223786_08414514.jpg


大好きなネジャンタン。
とはいえハチノスがなかなか見つからないので、市販の豚ボイルモツを使って、豚のネジャンタンも良く作ります。
豚のボイルの白モツならどこのスーパーでも見つかりますよね。
すでにボイル済みではありますが、これもハチノスと同じように一回茹でこぼした後に大根、長ネギの青い部分、生姜、ニンニク、玉ねぎ、黒粒胡椒少々をお酒を加えた湯でコトコト煮込んでおきます。

その鍋に、茹でた豚バラ肉、野菜も加えて上で書いたネジャンタンの特製辛味だれと塩胡椒を加えて出来上がりです。
a0223786_08424475.jpg

この茹でた豚ボイルモツと茹で汁も、一晩水につけて戻した白インゲン豆、炒めた塩豚、みじん切りのニンニクを炒めたもの、ソフリット(玉ねぎ、セロリ、にんじんのみじん切りをオリーブオイルでじっくり炒めたもの)、ローズマリー、白ワインとともに煮込んで塩胡椒したら、フランス風持つ煮込み。
a0223786_08425640.jpg


こちらは、茹でた豚ボイルモツと茹で汁にドミグラスソース、ソフリット、赤ワイン、ケチャップ、オイスターソース、トンカツソースを入れて作った洋食屋さん風。

あはは、どんだけモツ煮込みが好きなんだか、今回はず〜っとモツ料理のお話になってしまいました。
a0223786_08430811.jpg

by mickimchi | 2019-01-18 17:05 | 牛肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/238814307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by love-t_k at 2019-01-18 17:15
モツ大好きです
煮込んでもスープにしても焼き肉にしてもなんでも好き(^o^)
美味しいですよね!
Commented by mickimchi at 2019-01-18 20:22
>けいこさん、
モツ、美味しいですよね!
リーズナブルだし、煮込めば煮込むほど美味しくなるし。
珍しくローストビーフ用の塊肉なんか買っちゃうと、焼き加減が心配でハラハラドキドキしちゃうんで、私はモツ料理の方が性に合ってるのかなと思います。
Commented by 19675y at 2019-01-19 17:50
我が家もモツ大好きです。
ホルモンでも上ホルモンみたいなものより
センマイやいろいろな部位が混ざっているのがすきです。
特にセンマイの酢の物とか大好きです。
Commented by mickimchi at 2019-01-20 09:57
>マリリンさん、
センマイの酢の物、大好物です。
独特の食感で、さっぱりしてて...
あ〜、食べたくなってきちゃいました。
六本木に、モツばっかり懐石風に出すモツ割烹料理屋さんがあるんですよ。
久々に行きたくなりました。
Commented by ビョン at 2019-01-22 21:01 x
さすがホルモン好き!トリッパとボイルもつでいろんなアレンジができるんですね。
私はネジャンタンのハチノスよりは、トマトソースのスペイン風トリッパが好きで、あれば必ず注文しますね。
あれは赤ワインが進み過ぎてヤバいです(笑)
新大久保で綺麗に下処理をしている内臓系を扱っているお店があるんですね。
内蔵系は日本人より韓国の方の方がよく召し上がりますもんね。
Commented by mickimchi at 2019-01-23 13:11
>ビョンさん、
私もあんまり新大久保の飲食店に関しては知識がないんですが、楊平ヘジャングッを食べれるお店や、ナッコプセのお店もあるみたい(こちらは八田靖史さんのインスタで見た)。
春まで韓国へ行く予定がないので、行ってみようかな。


<< モツ料理のお話は続くよ、どこまでも。 そば粉の韓国風クレープ >>