人気ブログランキング |

My チャプチェ Collection

あともう一品というときに作る、温かくても冷めても美味しいお助けメニュー、チャプチェ。
野菜、肉、魚介、春雨などを炒めて作る、皆さんご存知の韓国風のお惣菜です。

気がつけばしょっちゅう作ってるチャプチェ。
ちょっと写真にまとめてみました。

写真の
上段左から、しいたけのチャプチェ、葛切りとみつばの和風チャプチェ、ご馳走チャプチェ。
中央左から、ひじき入りチャプチェ、一口ミニチャプチェ、カラーピーマンのチャプチェ。
下段左から、春雨なしのきのこのチャプチェ、海鮮チャプチェ、ビーツのチャプチェ。

ひじきやら葛切りやらみつばやら、結構和風の具材を入れても美味しいんですよ。
春には春野菜、夏はズッキーニやカラーピーマン、秋はきのこ、冬はゴボウや小松菜など、季節の美味しい野菜を入れて楽しんでます。

a0223786_17115830.jpg

以前はタンミョン(韓国春雨)をいったん戻してから野菜と絡め合わせていたのですが、取り置くと水っぽくなるということで、最初っから春雨を煮て、炒めた野菜や肉を混ぜ合わせるように最近はしてます。

万能醤油だれに、万能醤油だれの1/3量のフルーツジュースを加えた韓国風醤油だれと、韓国風醤油だれの8倍くらいの量の水を煮立てたところに、韓国春雨を加えて汁気がなくなるまで10分ほど煮、ニンニクと生姜のすりおろし少々とごま油、炒りごまを混ぜ合わせておいて、炒めた具材と絡め合わせる、という感じ。
これだと冷めてもフライパンで炒め直したりレンジでチンしても水っぽくならないみたい。

最近作ったビーツのチャプチェ。
これ、広尾のモダン韓国料理レストランで出てきたものを真似っこ。
作り方などうかがえるわけもないですので、勝手に作り方を想像して作ってみました。
韓国春雨を茹でたビーツを茹で汁と一緒にミキサーにかけたもので茹でてみたわけです。
そしたらあら不思議、きれいなローズ色に。
最近、スーパーで茹でたビーツをパックしたものを見かけるようになりましたよね。
あれ使うとあっという間です。
味付けなどはいつものチャプチェと同じように作りました。
(そうだ、ローズ色をきれいに出したかったので醤油の代わりの白だしにしたんでした。)

次回はそのモダン韓国料理のお店のお話を。
a0223786_15575669.jpg



by mickimchi | 2019-01-30 16:02 | 野菜がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/239077836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ビョン at 2019-02-01 16:02 x
チャプチェだけでこんなにバリエーション豊富なメニューを考え付くなんてすごいですね。
桑が特産品である全羅北道の扶安の店で桑の韓定食を食べた時、桑の実に浸けたコンナムルを一週間熟成させたというコンナムルチャプチェが出てきました。昔は王様への献上品だったとか。是非再現してみてください(笑)
Commented by mickimchi at 2019-02-01 16:59
>ビョンさん、
あっ、思い出した!
私も民画の先生たちとの旅で扶安に立ち寄ったことがあります。
確か、蚕の博物館かなんかに行って、イモムシ系が苦手の私は気持ちが悪くなって失神しそうになりました。
でも桑の実のアイスは美味しかったなぁ。
桑の実色に染まったコンナムルチャプチェ、綺麗でしょうね。


<< 広尾のモダン韓国料理レストラン... こてっちゃんと辛ラーメンのキム... >>