人気ブログランキング |

今さらまじめに韓国料理シリーズ こってり濃厚スンドゥブチゲ編

豆腐を型に入れて固める前のおぼろ豆腐が純豆腐(スンドゥブ)。
そのスンドゥブが主役のスンドゥブチゲ。
本場韓国でも日本でも大人気。

すっきりとした出汁のスンドゥブチゲもありますが、わたしが好きなのはこってり濃厚スープのスンドゥブチゲ。
トゥッペギ(韓国の土鍋)でスープもお豆腐もグラグラに炊かれ、フツフツと煮えたぎったまんま運ばれてきたところに、すかさず生卵をドボン。
ヤケドに気をつけながらスッカラ(韓国スプーン)ですすり込むとホントに美味しい。
炊きたてご飯にちょっとかけつつ、ハフハフといただくのも最高。

もしかして世の中で一番好きな食べものなんです。スンドゥブチゲが...

というわけで、今さらまじめに韓国料理、スンドゥブチゲ編です。

わたしはスンドゥブチゲの素を多めに作っておいて冷蔵庫で常備しています。
トゥッペギに出汁とスンドゥブチゲの素を入れて中火にかけ、野菜や魚介、肉類を加えて煮て、豆腐も入れて5分ほど煮込み、味を見て仕上げに塩で味を調えて作ります。
最後に生卵をポトリで出来上がり。

トゥッペギがなければ普通の小鍋で大丈夫。
出汁は牛スープなら最高なのですが、鰹出汁でも十分美味しい。
野菜は長ネギに玉ねぎなどシンプルに。
きのこ類を入れても美味しいです。
魚介はアサリや、季節によっては牡蠣など、お肉は豚バラ肉など。
私は豚挽肉をさっと茹でこぼしたものを入れます。そうするとアクが出ずに使いやすい。
キムチを入れたいときは最初にさっとごま油で炒めておくと美味しいです。

これは、「牡蠣のスンドゥブチゲ」。
出来上がり直前に牡蠣のオイル漬けを入れてます。
今さらまじめに韓国料理シリーズ こってり濃厚スンドゥブチゲ編_a0223786_13452163.jpg


これは「コプチャンスンドゥブチゲ」。
今さらまじめに韓国料理シリーズ こってり濃厚スンドゥブチゲ編_a0223786_13434903.jpg


「白子のスンドゥブチゲ」。
出来上がり直前に白子のコンフィとセリを入れてます。
これは美味しかったな。
白子の季節もそろそろ終わりですね。
今さらまじめに韓国料理シリーズ こってり濃厚スンドゥブチゲ編_a0223786_09462965.jpg



「牛肉のスンドゥブチゲ」。
ちょっと贅沢に、牛みすじ肉を煮混んで作ってみました。
セリをたっぷり加えて。
スープもみすじを煮たスープで。
今さらまじめに韓国料理シリーズ こってり濃厚スンドゥブチゲ編_a0223786_16104612.jpg


スンドゥブチゲの素のレシピ、書いておきますね。
もんのすごく簡単。

材料は、ごま油3:粉唐辛子1:練りごま1:すりごま1:おろしニンニク1/2:コチュジャン1:テンジャン1:アミの塩辛のみじん切り(なければ塩)1/2
ごま油を小鍋に入れ中火で熱し、油から煙が出たら火を消し、粉唐辛子を投入。
素早くかき混ぜ、おろしにんにくを加えて全体に馴染ませます。ここに、残りに材料を入れてよくかき混ぜたら出来上がりです。
結構日持ちするのでオススメです。

by mickimchi | 2020-02-22 17:15 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/240105682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by love-t_k at 2020-02-22 17:29
私もご飯にちょっとかけて食べるのが好き(笑)
チゲには酸っぱいキムチ、我が家のキムチもそろそろ料理向きかな😁
Commented by mickimchi at 2020-02-23 11:16
>けいこさん、
そうそう、熟成キムチがなくなってくるとそわそわしちゃいます。
初めてソウルで酸っぱいキムチチゲ食べたとき(もう15年以上前)、「なんでこんなに酸っぱいんだろう?」なんて思ったのに、なんという変わり様ですね。
Commented by ビョン at 2020-02-25 11:43 x
白子スンドゥブ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
これは食べたい!
白子マーボー豆腐もムッチャ美味しいから、辛い物に白子って絶対合いますよね。
最近はまっている青色の眞露(復刻版)が進むことまちがいなし!
Commented by mickimchi at 2020-02-25 16:45
>ビョンさん、
青眞露、美味しいんでしょうね。
ならスンデが食べたいな。
あと、あさり鍋でしたっけ?イニョン市場の...
想像したらお酒飲みたくなってきました。




<< 黒酢の肉団子とよだれ豆腐 シーフードのサラダとおつまみ。... >>