人気ブログランキング |

2014年 05月 13日 ( 1 )

えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め

韓国風すいとん、スジェビ。
小麦粉と水で作るお団子ですから、すごく簡単にできてほんとにおいしい。
日本のすいとんは、根菜なんかといっしょに醤油味や味噌味の汁で煮る,どちらかといえば具沢山の冬の郷土料理みたいな感じですけど、スジェビは一口でつるっと食べれる平べったいニョッキみたいな感じ。
スープも、昆布と煮干しの出汁やあさりやタコなんかの海鮮とか、ピリッと辛いキムチ入りとか、出汁の効いたスープでつるつるっとしたスジェビの喉越しを楽しむ感じです。

この日は今ハマりにハマってる、えごまの粉末もたっぷり入れたスープのえごまのスジェビ、トゥルケスジェビにしました。

トロッと濃厚なスープで、えごまのスジェビ、まるでチーズクリームソースのニョッキみたいです。
えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_19274726.jpg

網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。狎鴎亭のチャンサランではまったえごまのスジェビ。
韓国のすいとん、スジェビがおいしい仁寺洞(インサドン)のスジェビ屋さんもおいしかった。

この日の具は、はまぐりと春野菜たっぷりで。
えごまの粉末とお米を粉砕してとろみを出してますので乳製品が入ったようなおいしさですが、植物性食品だからさっぱり食べられます。
(あっ、はまぐりは動物性食品ですね。すんません。)

スジェビは小麦粉1カップに塩小さじ1/2、水が大さじ4〜5(季節によって水分量が変わるみたいです。練ってみて耳だぶぐらいの柔らかさになるくらいがベスト)、サラダ油少々をよく練り混ぜて、ひとつにまとめてラップでくるみ、30分以上冷蔵庫で寝かせたもの。
これを一口大くらいずつちぎって平べったくしてスープに入れて、3分程煮込みます。
この行程は、結構おもしろい。
えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_19304310.jpg


えごまの粉、韓国行くたび買ってるんですけど、日本でもネットで買えるみたいですよ。
(楽天とかに出てました。)
スープに入れるとトロトロっとして、ポタージュみたいに。

そしてこの、ニュルニュルしてるのがスジェビです。
えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_7171128.jpg


この日は、えごまの粉三昧で、春野菜もえごまの粉に砂糖、にんにくのすりおろし、味噌とマヨネーズを加えたえごまディップで食べました。
ウドや菜の花のほろ苦さと相性が良かったです。
えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_19301446.jpg


「イカワタのキムチバター炒め」。
お酒が進むヤバい一品。
えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_1930623.jpg


韓国風チキンサラダ
豆苗と白髪ネギ、細かく裂いたゆで鶏をイワシエキスと、特製タテギのドレッシングで。
イワシエキスもタテギも普通のお宅はないと思うので、ナンプラーにごま油、にんにくのすりおろしと粉唐辛子、すりごまと酢少々で代用しても相当おいしいと思います。
えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_19312742.jpg


豆苗は、自家製。
なんちゃって、豆苗食べたあとの根っこの部分をお水につけとくとまた豆苗が生えてくるって知ってました?
私、全然知らずに今まで捨ててたンですけど、「愛と怒濤のけいこ飯」のけいこさんのブログ見て、真似してやったら、ほら!すごい、生えてきた。
これは、一番最初、半分根っこ捨ててから育てたヤツですんで、ちょっとイレギュラーな形になっちゃってますけど。
けいこさん、教えて下さってありがとうございます。

えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め_a0223786_15253582.jpg

by mickimchi | 2014-05-13 12:29 | 麺類 | Trackback | Comments(6)