2017年 01月 31日 ( 1 )

あのお店の、三度味が変わる秘密のきのこ鍋を真似て。

最近凝ってるきのこ鍋。
三度味が変わるきのこ鍋です。
a0223786_11005964.jpg

具は、半日部屋の中で干したいろんな種類のきのこに、干し白きくらげを戻したもの、白菜と大根。
全部同じくらいの細さになるように、きのこは手で裂いて、白菜と大根は細めの短冊切りにします。
a0223786_10592999.jpg

これに加えるのがしゃぶしゃぶ用の豚肉。
さっと茹でて手できのこと同じくらいのサイズに手で割きます。
これらがメインのお鍋の具。
a0223786_11095080.jpg

お鍋に中華スープを煮立てて豚肉、きのこ、野菜加え、火が通ったら仕上げに黒コショウをたっぷり挽いてさあどうぞ。
a0223786_10223888.jpg


ラー油にジャコを混ぜたジャコラー油、チャンジャを混ぜたチャンジャラー油、豆鼓を混ぜた豆鼓ラー油、辣醬油(これは市販品)も食卓に用意して。
好みでいろんなラー油をつけて食べます。

このお鍋のいいとこは、豚肉をさっと湯通ししてあるのでアクが出ないこと。
鍋奉行もどっかり腰を据えてお鍋が楽しめます。

a0223786_11142110.jpg

さて、きのこと豚肉を楽しんだら、残ったスープに山椒と酢を加えてサンラータン風な味付けにして、
a0223786_11143267.jpg

キムチ餃子を水餃子で楽しんで、
a0223786_13221581.jpg

最後は豆乳を加えてラーメンを加え、担々麺風に楽しみました。
a0223786_11093943.jpg

実はこのお鍋、昨年末にお友達に連れて行ってもらった、麻布にある会員制(紹介制?)のきのこ鍋のお店のパクリ。

こちらがそのお店の秘密のきのこ鍋。
a0223786_13244089.jpg
メニューはこのお鍋一品だけの不思議なお店でした。
「写真撮っていいですか?」って聞いたら「食べログなどでなく個人のブログ用でしたらどうぞ。」ということ。
最近そういうお店、増えてますね。

でもパクっちゃダメって言われませんでしたから、思いっきりパクったお鍋、お家で作って楽しんでます。

このお店でも4種類のラー油が出てきました。
a0223786_11124703.jpg

お店では前菜と焼き餃子も。
お鍋には水餃子を入れて楽しみました。
a0223786_13243268.jpg

最後に豆乳と芝麻醤を投入してラーメンを担々麺風に出された、お店のお鍋。
このあたりもパクリ甲斐があるアイディア。
三度味が変わるきのこ鍋、最初から最後まで飽きずに食べられるおいしいお鍋。

もちろん作り方などはお店の方に聞けるよしもなく、勝手に想像して作っておりますが、わりかしと似た感じにはなってると思われます。
是非皆さんもご一緒にパクリましょう、よろしければ。
a0223786_11115166.jpg

by mickimchi | 2017-01-31 12:15 | ミッキムチ家の中華 | Comments(4)