2018年 03月 05日 ( 1 )

三度目の大邱 その6 キジのしゃぶしゃぶランチ&桐華寺(トンファサ)へ

この記事の続きです。
さて、次の日のお昼ご飯は、ちょっと遠出してキジのしゃぶしゃぶを。
以前、グルメなお知り合いと美味しいものの話をしていて、その彼曰く、今まで食べた中で一番美味しかったものは信州の山奥で食べたキジのしゃぶしゃぶだってうかがっていて、機会があれば是非そのキジのしゃぶしゃぶとやらを食べてみたいと思っていたのです。

で、こちらのビョンさんのブログを読んで、もう大邱に行ったらキジのしゃぶしゃぶを是非食べたい、あるいはキジのしゃぶしゃぶを食べに大邱に行きたい、と思っていたわけです。
大雑把に大邱と申してしまいましたが、正しくは大邱市の北西にある漆谷郡(チルゴックン)にあるお店なのですが...
ビョンさんのブログによりますと、都市鉄道3号線漆谷慶大病院駅からコールタクシーを呼ベば駅から20分ほどのようですが、まだまだ大邱初心者の私としましてはコールタクシーはちょっとハードルが高すぎる。
ということで、お店にはホテルのフロントから前日に予約を入れてもらって、大邱中心部の宿泊先のホテルからタクシーでお店に行きました。
タクシーの運転手さんが道に迷ってしまってちょっと大廻りになりましたが、無事お店に到着。

さあお待ちかねのキジのしゃぶしゃぶランチ。
ズラッとおかずが並べられて、
a0223786_09061255.jpg


まずはキジのムネ肉のユッケとレバー、砂肝のお刺身からどうぞ、とお店のアジュンマ。
味付けがされているムネ肉はそのまま、レバーと砂肝はごま油と塩のたれにつけて、と食べ方も色々丁寧に説明して下さいます。
「この店は有名なブログに出て、日本人にもものすごく人気なんだ。」って誇らしげなアジュンマ。
「そのブログ見て来たのよ。」と私。
a0223786_09100238.jpg



お刺身でも食べれる新鮮なキジ肉を、たっぷり野菜の入ったお鍋でしゃぶしゃぶ。
a0223786_09081311.jpg

お鍋に乗せられた網の上でしゃぶしゃぶすると、ホント、鶏肉よりあっさりと優しいキジ肉の味。
締めはククス(麺)で。
この味は、刺激的な辛いお料理が苦手な方とかにもオススメです。

場所は大邱の中心部からちょっと遠いですが、あたりののどかな田園風景と野趣あふれるお料理、ちょっと日常と違うお昼ご飯とかにはぴったりだと思います。
a0223786_09114643.jpg


こちらがメニュー。
頼んだのはクォン しゃぶしゃぶ/꿩 샤브샤브 の小45,000ウォン。
また次回、ヌンイポソッ(香茸)とキジのペクスッ(漢方水炊き)なんかも食べにきたいなぁ。
a0223786_09263874.jpg
あんまり大満足すぎてお店の写真を取り忘れちゃいました。
平日なのに個室を予約したお客さんが大勢いらしてました。

ヤクサンジョンガーデン/약산정가든
住所:漆谷郡東明面箕聖里228-6
Tel:054-975-7955
010-2522-3667



さて、ランチの後はお店の人にタクシーを呼んでもらって、ついでと言ってはなんですが、八公山(パルコンヤン)の桐華寺(トンファサ)まで行ってもらいました。
キジ料理のお店は大邱市の北西部の漆谷郡(チルゴッグン)にあるので、そこから大邱市の北東部にある八公山にダイレクトにタクシーで行ってみようというわけ。
桐華寺と東大邱駅間はバスで急行1番バスで約40分ほどで行き来ができますが、桐華寺からの帰りに利用することにして、行きはお昼ご飯のお店からタクシーで楽しようというという考えです。

さあ、桐華寺に到着。
493年(新羅時代)に極逹和尚が創建し、832年に心地大師が建て直す時、桐の花が綺麗に咲いたことから「桐華寺」と呼ばれるようになったそう。

統一薬師如来大仏。
民族統一を祈願して1992年に完工された石仏。
a0223786_09250298.jpg

大雄殿。
a0223786_09292562.jpg



桐の木にだけ巣を作るという鳳凰を象徴する楼閣で、桐の花を意味する桐華寺という寺名と対になっているそうです。
お正月だったので「あけましておめでとう」の垂れ幕が。
a0223786_17400154.jpg


統一梵鐘楼。
a0223786_09232120.jpg
桐華寺コネスト記事
紅葉の季節やお釈迦様の誕生日などは混雑するんでしょうね。
大邱シティバスツアーを利用すれば桐華寺も観光プログラムに組み込まれています。

我々は急行1番バスで東大邱駅まで戻りました。
駅の真ん前にある新世界百貨店でお買い物したかったんです。

ていうかデカッ!

a0223786_09315091.jpg

by mickimchi | 2018-03-05 13:19 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(2)