人気ブログランキング |

2020年 02月 04日 ( 1 )

ひとくちおつまみ盛り合わせと鴨ロース、海鮮釜めしの和風晩ご飯

言うほど量が食べれない。
しかし頭では色々食べたいという、胃袋より欲望が大きいのが悩み。
まあ呑気なもんですが、そんなわけでほぼほぼ自分のために、ちょこちょこと色々品数が食べられる「ひとくちおつまみ盛り合わせ」。

前段の右から時計回りに、
「ミニ伊達巻き」
作り方はこちら→
Cpicon 卵1個とはんぺんでピンクのミニ♡伊達巻き by ドミニクニック

「牡蠣のオイル漬け」
前回ご紹介したもの。

「玉子豆腐 いくら乗せ」

「大根梅酢漬け」
大根1/8本は乱切りにして塩をふりしばらくおき水気を拭いて梅酢大さじ1と2/3、砂糖小さじ1を混ぜた漬け汁に漬けて1日以上おいたものです。

「トマトの梅マリネ」
切ったトマトを梅肉3:オリーブオイル3:砂糖1のマリネ液で和えました。

真ん中が
「明太ポテトサラダ」です。
ひとくちおつまみ盛り合わせと鴨ロース、海鮮釜めしの和風晩ご飯_a0223786_15082036.jpg




日本酒に合わせて、メインも「鴨ロース」。
この時期売ってる合鴨は美味しいですね。
ひとくちおつまみ盛り合わせと鴨ロース、海鮮釜めしの和風晩ご飯_a0223786_16453046.jpg




シメのご飯は「海鮮釜めし」
簡単につくり方を。

洗ったお米を30~40分水につけて、水を切ったお米を鍋に移します。
お米1合につきカツオだし180cc、醤油小さじ2、酒小さじ2を加えて強火にかけます。
沸騰してきたら吹きこぼれない程度に泡立てながら加熱し、表面の泡が消えてきたら弱火に落としてベビーホタテの佃煮を乗せ、蓋をして弱火で計12〜3分加熱します。
火を止めて5分蒸らしたら、イクラとカラスミパウダーを乗せて出来上がり。

うちはホントにシメのご飯にしたので、ふたりで3/4合。

それはそうとこの釜めし作った小鍋、いいでしょう?

ソウルの南大門市場でIH用のご飯炊き用のお鍋探して、ゲットしてきたものです。
「IH使用可のお鍋」って韓国語でなんて言うかわかんなくて大変でした。
「IH インドクション カマソッ(お鍋のこと)」って言うんだそうです。
IHじゃ通じませんでした。
インドクションってつまりinductionってことらしい。
あはは、むずかしいですな。
市場の親切なオッチャンに教えてもらいました。

ベビーホタテの佃煮は、ボイルしたベビーホタテと針生姜を鍋に入れ、お砂糖2:お酒1:醤油2:みりん1を混ぜ合わせたものをひたひた注ぎ、汁気がなくなるまで弱火で煮たものです。
これも作りおきしておくと便利な常備菜ですよ。
ひとくちおつまみ盛り合わせと鴨ロース、海鮮釜めしの和風晩ご飯_a0223786_16471881.jpg




by mickimchi | 2020-02-04 16:55 | たまには和食 | Trackback | Comments(4)