人気ブログランキング |

2020年 03月 11日 ( 1 )

春の素材で、おうち居酒屋さん

やっぱり外ご飯が少なくなってしまった今日この頃。
おうちご飯でも、気分だけは居酒屋さん風に。

さて、まずは
「肉じゃがボール」。
じゃがいも饅頭の中には肉じゃがの具が入ってます。

じゃがいも饅頭4つ分の肉じゃがの具は、牛小間肉100グラムと玉ねぎの薄切り1/4個分、人参の細切り1/4本分を万能醤油だれ100ccと水50ccを混ぜ合わせた煮汁で煮詰めたもの。

マッシュしたじゃがいも(400グラム前後)を4等分してラップにひろげてこの具を包み、ラップごと茶巾のように輪ゴムで止めます。
これを蒸し器で5分くらい蒸したらラップをはずし、出汁1カップに醤油、みりん各大さじ1を混ぜて煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつけた餡をかけて万能ネギの小口切りを乗せました。

これ、ジャガイモ饅頭を蒸しておいてラップごと冷蔵庫で保存しておけば、いただくときに蒸し直してとろみ餡をかければすぐ出せるので便利なおつまみです。

春の素材で、おうち居酒屋さん_a0223786_15112377.jpg


さてさて、魚介のおつまみもどうぞ。
上段は、「自家製松前漬け」、「エビとグリンピースの蕗の薹ソース和え」、「サーモンのなめろうのセロリボート」。
松前漬けは、切り昆布とほぐしたスルメ、京人参の細切りに戻した切り干し大根を万能醤油だれ1:切り干し大根の戻し汁3に漬けて、スルメがやわらかくなるまでしばらく置き、いくらの醤油漬け乗せました。

下段は「エビの白和え、カラスミパウダーがけ」と「おかか醤油の玉子焼き」。
春の素材で、おうち居酒屋さん_a0223786_15132111.jpg



「アボカドと紫玉ねぎのブロッコリーソース和え」と「生だこキムチ」。
春の素材で、おうち居酒屋さん_a0223786_15145991.jpg

そろそろシメのご飯にします?
芋焼酎ソーダ割りにします?
なんちゃって、自分が飲みたいだけですけど。

by mickimchi | 2020-03-11 18:08 | Trackback | Comments(2)