載せ忘れた中華のお話の続き

前回のお話の続きです。
「麻婆肉味噌のレタス巻き」。
春巻きの皮の細切りとビーフンを揚げて、添えました。
レタスにパクチー、肉味噌、パリパリの春巻きの皮とビーフンを乗せてクルッと巻いていただきます。

玉村豊男さんの麻婆豆腐の麻婆肉味噌(お豆腐を入れる前の段階)で作りました。
ひしおと豆豉、豆豉ペーストに粉唐辛子、そして山椒で作るいうちょっと驚きの作り方で作る麻婆肉味噌なんですが、ピリッと辛くて癖になる味です。
ご興味ある方は、「玉村豊男さんの麻婆豆腐」でググるとレシピが出てきますよ。

春巻きの皮の細切りを揚げたものは食べれば春巻を作ったときに、多めに揚げて冷凍保存しておいたものをそのまま使いました。

a0223786_15582588.jpg



こちらは腸詰めチャーハンならぬ、「腸詰めの中華風炊き込みご飯」。
干し貝柱、干しエビ、干し椎茸を水でじっくり戻します。
戻し汁はご飯を炊き込む時に使うので取り置きます。
戻した干し貝柱、干しエビ、干し椎茸をみじん切りにして、みじん切りの長ネギ、ニンジン、もち米を一割混ぜたお米も一緒にごま油でさっと炒めておきます。
中華醤油、紹興酒、砂糖、五香粉も加えて炒め合わせ、ざるにとって具材と汁に分けます。
(だいたいお米一合に対して、醤油大さじ2、砂糖小さじ1、紹興酒大さじ1/2くらい。)
戻し汁にこの汁を加えて普通の水加減にし、米と具材を炊き込みます。
腸詰めを炒めてご飯の蒸らし上がりに彩り野菜とともにご飯に加えて混ぜ合わせて出来上がり。

この日は腸詰めがあったから使いましたが、なければソーセージでも。
五香粉のおかげでソーセージが中華味になっちゃいます。
彩り野菜は、今回はさっと茹でた枝豆、コーン、カラーピーマンを使いました。
a0223786_16003904.jpg


あとは、チャチャッと中華前菜2品。
「ピータン豆腐」。
a0223786_16523740.jpg



ザーサイときゅうりのじゃこ和え。
フライパンにオイルを入れ、オイルが温まったらじゃこを加えて弱火で4分ほどじゃこがカリカリになるまで焼きます。
このカリカリじゃこと細切りにしたザーサイ、きゅうり、鷹の爪をごま油で和えただけ。
a0223786_16522343.jpg



カリカリじゃこは多めに作って冷凍庫に保存しておけば色々使えますよ。
サラダのトッピングとか、そうそう、カリカリじゃこマヨディップは特に食べ過ぎ注意の危険な一品。
もとマヨラー(私)オススメのデンジェラスディップです。
a0223786_13094723.jpg


# by mickimchi | 2018-08-14 13:17 | Comments(3)

黒酢の酢豚と載せ忘れた中華

すっかりブログに載せ忘れていた中華ごはん。
中華料理って強火でさっと、パパッと作るのが美味しいわけですが、要領の悪い私としては、作るとしたら下準備が出来てバタバタ慌てず作れるメニューにしてます、ってかそういうのしか出来ませんし...

まずは「鎮江黒酢の酢豚」。
おなじみの酢豚も中国黒酢と中国醤油を使うだけでザ・中華 になるのが不思議。
豚バラブロック肉400グラムに対し、水1リットル、中国醤油2カップ、砂糖大さじ5、紹興酒大さじ5を合わせて鍋に入れ、長ネギの青い部分と生姜と一緒に、柔らかく煮込んだ豚肉を角切りにして片栗粉をまぶし多めのサラダオイルで揚げ焼きします。

これを水2:紹興酒2:砂糖2:中国黒酢2:中国醤油1の割合で混ぜ合わせ煮詰めた黒酢ソースで絡めて出来上がり。

豚肉を揚げ焼きして、黒酢ソースを作っておけば、食べる前に豚肉をフライパンで温めてソースを絡めてすぐ出来上がりです。

中華黒酢と中華醤油は中華料理の調味料に色々使えるので、買っておいても使わず仕舞にはならないと思いますので是非!
a0223786_16040780.jpg



この黒酢ソースを使って作ったのが前回登場の「厚揚げの酢豚風」。です。
お肉使わないから軽くていいですよ。
フライパンで焼いた厚揚げに黒酢ソースを絡めて、さっと茹でた野菜と一緒にお皿に盛り付けただけ。
a0223786_12095593.jpg


こちらも下準備万端にしとけば、食べる前に炒め合わせて出来上がりのメニュー。
「鶏むね肉と夏野菜のさっぱり炒め」。
鶏むね肉1枚を小さく切り、下味の塩胡椒各少々をもみこみ、あわ立ててゆるいメレンゲにした卵白1/2個分も加えて絡め、最後にサラダオイル少々も絡めます。

サラダオイルを温めたフライパンにニンニク生姜のみじん切りを入れて炒め、鶏肉も加えてゆっくり中火で炒め、茹でたトウモロコシと枝豆を加え、鶏がらスープ大さじ4、塩、砂糖各小さじ1、紹興酒大さじ1、水溶き片栗粉小さじ2を合わせた合わせ調味料を入れて炒め合わせて出来上がりです。

下味をつけた鶏肉を炒めて、トウモロコシと枝豆を茹で、合わせ調味料を作っておけば、秒速で出来ます。
a0223786_16015531.jpg


なんだか話が長くなってきましたので、残りは次回。
料理の段取りもノロノロの私、ブログの文章もダラダラとなっちゃいます。
お許しを。
a0223786_15582588.jpg
a0223786_16003904.jpg

# by mickimchi | 2018-08-10 12:13 | ミッキムチ家の中華 | Comments(2)

定番中華のおもしろレシピ 「青椒肉絲ステーキ」に「食べれば春巻」

牛肉ピーマンの細切り炒め、青椒肉絲(チンジャオロース)。
やわらかなお肉とピーマンのしゃきしゃきの歯ごたえが美味しい中華料理の定番ですが、イチボのステーキ肉を使って青椒肉絲ステーキにしちゃいました。

肉なしの青椒肉絲を作って、上に中華風のステーキを乗せたわけです。
a0223786_11254174.jpg
材料(2人分)
カラーピーマンの細切り 5個分
茹でタケノコの細切り 50グラム
A 砂糖 小さじ1
 酒 大さじ1
 醤油 小さじ2
 オイスターソース 小さじ1
 水 大さじ1
 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1/3を水小さじ1/2に混ぜたもの)
 胡椒 少々
牛ステーキ肉 1枚
B シーズニングソース 少々
 酒 大さじ1
 醤油 小さじ1

作り方
1 ステーキ肉を強火で好みの加減に両面焼き、Bで調理する。
 ホイルで包んで10分ほど置き、食べやすく切る。
2 野菜を炒め、合わせておいたAを加えて炒め合わせて火を止める。
3 2を皿に盛り、1を乗せて出来上がり。

シーズニングソースを使うとグッとアジア的な味になるんですがなければ省いても大丈夫。
見た目のインパクトでがっつり男子系にもウケるかな?


こちらは、「食べれば春巻」。
まず、春巻の皮を小さな細切りにしてカラッとあげておきます。

にんにく、生姜のみじん切りを炒めて香りが立ってきたら細切りにした豚もも肉50グラムを加えてさらに炒めます。
ここに、茹でタケノコ、カラーピーマン、さっと茹でたもやしなどの野菜を2人分で計300グラムほどを炒め、醤油小さじ1と1/2、塩小さじ1、砂糖小さじ1/2、鶏がらスープ1を合わせた調味料を加えてめ合わせ、水溶き片栗粉少々でとろみをつけます。

これをお皿に盛って、上から春巻の皮を揚げたものをトッピングして出来上がり。

目をつぶって食べれば、あらま春巻だわ、っていうズボラレシピです。
a0223786_11255881.jpg



こちらは厚揚げの酢豚風。
でも味付けは鎮江黒酢を使った酢豚と同じだから本格風。
と、ここで、よく作る、この鎮江黒酢の酢豚をリンクしようとしたらあれれ?まだブログに載っけてないですね。
載っけ忘れた酢豚のことを次回書きますね。
a0223786_11254899.jpg

# by mickimchi | 2018-08-08 11:23 | ミッキムチ家の中華 | Comments(4)

焼売&冷やし麻婆茄子ラーメン

これな〜んだ?

a0223786_11544703.jpg

こちらで注文した小籠包を乗っけるミニミニ皿です。

池尻大橋の喜臨軒でいただいた焼売がチョコっと乗ってた、かわいいこのミニミニ小皿。
その酢醤油などをつけずにいただける、味のしっかりついたプリプリの焼売の味とともに、この小皿のことを忘れられず、欲しくて欲しくてそれ以来探しまわっていたんです。

a0223786_12042854.jpg


横浜の中華街の中華材料屋さんでも見つからず...
それが先日Amazonにて発見。
早速注文してゲットしました。

で、焼売を作って、中華蒸篭でこのミニミニ小皿に乗せて蒸してみました。
a0223786_16291348.jpg


豚肉と玉ねぎだけの肉々しい焼売になるはずが、なぜかふんわりやわらかな焼売になっちゃったけど、ま、いっか。
いつもは中華蒸篭にクッキングシートを敷いて焼売を蒸すのですが、このミニミニ小皿だと溢れ出た肉汁もちゃんと受け止めてくれていい感じ!
a0223786_16324742.jpg


焼売と一緒に食べたのは「冷やし麻婆茄子ラーメン」。
こちらは冷製なので、鶏の挽き肉を使ってさっぱり系の和風の和風麻婆味の肉味噌にしました。
この肉味噌、多めに作って小分けして冷凍すれば解凍して冷奴にかけたり、冷やし担々麺にしたりと便利に使えました。

生姜、ニンニクのみじん切りを炒め、香りがたったら鶏ひき肉150グラムをほぐしながら炒め、色が変わったら味噌小さじ1、豆板醤小さじ2を加えて炒め合わせ、濃口醤油小さじ2、酒小さじ2、砂糖大さじ1、鶏がらスープ(水でも)150cc 70cc(すいません、2018/8/9にスープの分量を再考しました。)を加えて煮詰め、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、ゴマ油を回しかけて粉山椒をふって、肉味噌の出来上がり。

今回はこの肉味噌を50グラム使いました。
揚げたナスとピーマンを薄口醤油30cc、みりん30cc、出汁カップ250ccを混ぜ合わせて一煮立ちさせ様した合わせ地につけて冷蔵庫で冷やしたものを、茹でて氷水でしめたラーメンに汁ごとかけ、肉味噌を乗せました。
a0223786_16350922.jpg

# by mickimchi | 2018-08-05 16:49 | ミッキムチ家の中華 | Comments(6)

お豆腐と大豆食品で夏を乗り切ろう!

お豆腐や納豆をはじめとする大豆食品。
たんぱく質やビタミン、大豆イソフラボンなどいろんな栄養素が摂れるスーパー食品。
日本の暑い夏を乗り切るにはベストな食品のひとつですね(とは言え摂り過ぎにも注意らしいですが...)。

ということでまずは最近ハマってる「お好み冷や奴」。
ま、切って並べただけですけどね。
おぼろ豆腐を真ん中に、おろし生姜、鰹節、青ネギ、ゴマ、キムチのみじん切り、大葉、じゃこ、海苔、柚子胡椒、ひきわり納豆をずらりと並べ、それぞれお好みでトッピングして出汁醤油をかけていただきます。
美味しい塩とエキストラバージンオリーブオイルとか、ニンニク醤油とか、日によって色々バリエーション違いで楽しんでます。
a0223786_17143154.jpg


こちらは久々作った「具沢山、しっとり卯の花」。
こちらに詳しいレシピが載ってますが、今回は戻した干し椎茸、干し貝柱、干し海老のみじん切りとその戻し汁、ぎんなん、蓮根、ニンジン、カラーピーマン、青ネギ、鶏肉などを加えた豪華バージョン。
ちょっと味付け濃い目にしてお酒の進む味にしてみました。

食物繊維たっぷりで、しかもローカロリーのおからが原材料のおつまみ、罪の意識なくいただけるのがうれしいです。
a0223786_17171232.jpg


最後は乳酸菌たっぷりのキムチと納豆菌の黄金コンビが一度に摂れる「ねばとろばくだん」。
マグロの中落ち、鰹節、とろろ、きざみ海苔、ひきわり納豆、青ネギ、キムチのみじん切り、炒りごま卵黄を並べて。
よく混ぜ混ぜしたら、大葉や韓国海苔にくるんでいただきます。
ビールが進み過ぎにご注意。
a0223786_17162640.jpg

# by mickimchi | 2018-08-01 12:15 | Comments(4)