人気ブログランキング |

カテゴリ:ミッキムチ家の洋風料理( 90 )

ソース色々、鱈のコロッケ。

鱈のポテトコロッケいくら乗せ、ホワイトヨーグルトソース添え、作ってみました。
串揚げ屋さんで出てきそうでしょ。

ま、コロッケにヨーグルトソースをかけていくら乗せただけなんですけどね、要は。

このヨーグルトソース、ニューヨークのストリートフード、「チキンオーバーライス」の上にたっぷりかかってるソースなんだそうで、私はどういうわけか韓国のテレビ番組で以前観たののうろ覚えレシピです。

ギリシャヨーグルト(なければ水切りヨーグルト)にヨーグルトの1/3量のマヨネーズ、砂糖と塩、すりおろしにんにく、ディル、レモン汁、オリーブオイル、タバスコ数滴を混ぜたもの。
これがさっぱりしてて魚介のお料理にかけると合うんです。

今度は「チキンオーバーライス」に挑戦してみようかな。
a0223786_11063246.jpg


鱈のポテトコロッケの作り方も簡単に書いておきますね。

鍋に、塩だらと塩だらがひたひたになるくらいの分量の水と牛乳を1:1の割合で入れて火にかけ、数分茹でて塩だらに火が通ったら火を止めます。
(鱈を牛乳で煮ると鱈の独特の臭みが取れるらしいです。)
煮汁を捨てて塩だらの表面の水分をペーパータオルで拭きます。
ボウルにこのたらとマッシュポテトを入れてたらをほぐしながら混ぜ合わせ、おろしニンニク、塩少々と5分立てにした生クリーム少々を加えてタラとポテトのペーストを作っておきます。

これを一口大に丸めて、小麦粉、溶き卵、パン粉を順につけ、少量の油で揚げたら出来上がり。
パン粉をつけるとこまでたくさん作って冷凍しておけば、半解凍して揚げるだけなので作りおきとしても便利ですよ。
a0223786_11094479.jpg



今回は余ったタラとポテトのペースはスペイン風に涙型に成形してから小麦粉、溶き卵、パン粉を順につけて冷凍しておいたので、後日ラッキョウ入りのタルタルソースでいただきました。
a0223786_11124125.jpg


以前作ったのはミニミニサイズのコロッケ。
a0223786_11144583.jpg


同じ時に作ったパンタパス。
真ん中のは、鱈とポテトのペーストにマヨネーズを合わせた鱈ポテトマヨを乗っけたもの。
左はオイルしらすマヨ、右のははんぺんカニカママヨのパンタパスです。

鱈とポテトのペースト、結構便利だと思いますョ。
a0223786_11151538.jpg

by mickimchi | 2019-11-28 13:22 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(0)

自家製ケチャップで混ぜ込みオムライス&舞茸のポタージュ

自家製のケチャップ、作ってみた。
ホントはケチャップって、うちではあんまり頻繁に使わない調味料。
なんか、あの甘いような酸っぱいような、トマトの味がするようなしないような、どういうわけかケチャップの味が謎なのです。
でも洋食には欠かせないですよね。
というわけで、自分で作ったらもちょっと好みの味にできるかなと思い...

で、作ってみたら美味しかった!

早速自家製ケチャップで、混ぜ込みオムライスを作ってみましたよ。
炒めた具とご飯、溶き卵に塩コショウ少々を加えた卵液をあらかじめボウルで混ぜ合わせ、フライパンでラグビーボール型に焼き固めて作った混ぜ込みオムライス。

具とご飯を炒めてケチャップで味付けし、半熟のオムレツも作って、さらにご飯をくるんで作るフツーのオムライスより断然簡単です。

具は、玉ねぎ、ピーマン、ニンジン、鶏肉をバターとサラダオイル半々でフライパンで炒め、ケチャップ(ふたり分で大さじ3くらい)、塩コショウを加えて煮詰めて作ります。
これと温かいご飯2杯分、溶き卵3個分に塩コショウした卵液をボウルに入れて混ぜ合わせ、サラダオイルを熱したフライパンに入れてかき混ぜ、卵が半熟状になったらフライパンの縁に押し付けるように寄せながらラグビーボール型に成形し、焼き固まったらフライパンにお皿を被せて逆さにして盛って出来上がり。

今回はニンジンのグラッセを乗っけてみました。
a0223786_17010182.jpg




さて、自家製ケチャップの作り方も書いておきますよ。
材料
トマト500グラム
玉ねぎ 1/4個
にんにく1/2カケ
生姜 1/2カケ

調味料
砂糖 大さじ1と1/2
酢 大さじ1と1/2
塩 小さじ1/2
ローリエ 1枚
鷹の爪 1本
シナモンパウダー 小さじ1/3
黒胡椒 小さじ1/2
クローブ 小さじ1/3

作り方
湯むきしたトマト、ざく切りにした玉ねぎ、芯を取ったにんにく、皮をむいた生姜をフードプロセッサーに入れて攪拌し、これを鍋に入れて20分ほど煮て、調味料を全部加えてさらに煮汁が半分になるまで煮詰めます。

煮沸消毒した保存容器に入れれば冷蔵庫で3ヶ月以上保存可能。

甘すぎず、酸っぱすぎず、市販のケチャップよりオトナな味、かな?
a0223786_10335982.jpg



オムライスと一緒に「舞茸のポタージュ」も作りました。
玉ねぎと舞茸、ジャガイモをバターで炒めてひたひたの水でやわらかくなるまで茹で、ハンドミキサーでガーッとやって、牛乳と生クリームを加えて温め、塩胡椒で味を調えて出来上がり。
舞茸の分量はケチらずにたくさん入れるのがいいみたい。
私はちょっと少なすぎました。
a0223786_10390280.jpg


サラダがわりに、バーニャカウダ。
中目黒の串揚げ屋さんにうかがったレシピで。
白味噌と生クリームのホイップを入れるのがミソ。
a0223786_10353480.jpg



後日、自家製ケチャップでナポリタン。
あ〜ぁ、倍量ケチャップ作ればよかったな。
a0223786_10372275.jpg


by mickimchi | 2019-11-06 13:19 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

あのお店で食べたサラダを真似て、サラダコレクション

先日お邪魔した学芸大学のカウンター中華のお店の、デトックスサラダがとても美味しかったので真似してみました。
サラダって日々作るものだし、基本、生野菜をドレッシングで和えればいいわけですけどなんだか味が決まんないことが多い。

その点、お料理の美味しいお店のサラダって当たり前だけど美味しい。
と言うことで、美味しいサラダをいただいたお店のサラダのアイディアは、お店にお断りもなくパクリまくってます(スイマセン)。

こちらが学大のお店のデトックスサラダをパクった、自己流「デトックスサラダ」。
お店でいただいたサラダに入っていた具は、紫玉ねぎ、枝豆、カリフラワー、白髪ネギ、キュウリ、パクチー、水菜、キウイ、セミドライトマト、ナッツ類など。
水菜の代わりにスプラウト、人参とパプリカの千切りも入れてみました。
ナッツ類は冷凍庫にあったクルミ、アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツ。

いつもの自家製ドレッシング(材料は、ニンニク1カケ、米酢30グラム、塩3グラム、グラニュー糖3グラム、カイエンペッパー、黒胡椒各適宜に米油100ミリリットル。米油以外の材料をミキサーで回し滑らかになったら、米油を少しずつ加えながらさらにミキサーにかけたもの。)に粒マスタードを加えて、食べる直前にサラダにかけていただきました。

ドレッシングの味付けがどれだけ似せられたかはわかりませんが、野菜とフルーツ、ナッツ類をワシワシ食べれるのは、確かにデトックスなサラダですね。
何入れてもいいけど、ゴールデンキウイは必須かな?
a0223786_14142973.jpg


サラダに載せたのは、ベランダでプチトマトを一日干したセミドライトマト。
残暑が厳しくてグタグタですが、この日も東京はセミドライトマト作りにはもってこいの34度。
やっぱ干すと甘みがグンと増しますね。
a0223786_14200306.jpg


こちらがオリジナル、学芸大学「farm. studio. 203」のデトックスサラダです。
a0223786_09593448.jpg


はい、お次はお蕎麦屋さんでいただいた一品を真似っこしたもの。
上段が、私の作った鴨ローストのサラダ。(簡単なレシピも書いてありますよ。)
下段は下北沢のお蕎麦やさんの大人気店、「路庵」さんの鴨ロースト。

a0223786_14012580.jpg




「アスパラとアーモンドのサラダ」
インスパイアー by 軽井沢川上庵。(これも簡単なレシピも書いてありますよ。)
a0223786_14073262.jpg




こちらが本家本元、「軽井沢川上庵」さんの「アスパラとアーモンドのサラダ」。
茹でアスパラに、ニンジンのすりおろしレッシング、粗みじん切りにしたアーモンドとナッツ類、カリカリじゃこがかかってる、なんともナイスアイディアなさわやかなサラダです。
a0223786_14033980.jpg





次はポテトサラダ。
上段は、お蕎麦やさんのポテトサラダを真似たお蕎麦屋さんのポテトサラダ
揚げたそば米とぶぶあられをまぶしてみました。
下段は、こちらも大人気店、尾山台の「蕎麦前 ながえ」のオリジナルポテトサラダ。
お蕎麦のかえしで味付けされたポテトサラダにそば米を揚げたものがかかってて、プチプチした食感も美味しいです
a0223786_14120431.jpg



上段がカレー風味のひとくち玉子ポテトサラダ、ガスパチョソース添え
よくうかがう焼鳥屋さんのお通しで出てきたのの真似っこです。
下段はその都立大学の「鶏慶」さんの御通し。
このお店のお通しはうかがうたびに違う、いつでもアイディアが面白い小皿料理で楽しいです。
a0223786_14100706.jpg



またまたポテサラ。
学芸大学の「アオギリ」さんの真似っこです。
a0223786_14120205.jpg




「アオギリ」さんのポテトサラダ、いくらのせ。
リーズナブルなのに太っ腹のいくらの量。
こちらも地元で大人気の居酒屋さんです。
a0223786_14132089.jpg

どこか美味しいサラダのお店、あったら教えて下さいね。
うかがってまた、TTP(徹底的にパクるの意)したいです。




by mickimchi | 2019-09-03 17:05 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

ガスパチョと、チキンのアイオリソース焼き

夏野菜たっぷりのスペインの冷たいスープ、ガスパチョを作りました。
ざく切りにしたトマト、ピーマン、セロリ、玉ねぎ、キュウリ、ニンニク、フランスパンをトマトピューレ、オリーブオイル、ワインビネガー、パプリカ、水、塩胡椒少々、レモン汁と一緒に混ぜ合わせ、冷蔵庫で半日から一晩寝かせておきます。
これをミキサーにかけて出来上がり。
浮き実にクルトンとオリーブ、プチトマトとセルフィーユを飾ってちょっとおしゃれさせて、カニ爪を乗せてみました。


ずっと前にアルポルトの片岡譲シェフのお料理教室にうかがった際、ガスパチョにお刺身用のホタテを乗せてらしたので、カニでもいいかなとやってみたのですが、ガスパチョとシーフード、相性がいいですね。
アジの干物をほぐしたのを冷や汁に入れる感じ、かな?ちょっと違うか?
a0223786_16090647.jpg


というわけで、この日はスペイン風のお夕飯。
パエリアは干しホタルイカのイカスミパエリア。
a0223786_16095124.jpg


干しホタルイカは、松の実とともにGWにソウルの中部市場で買ってきたものです。
a0223786_16111027.jpg


メインは、チキンのアイオリソース焼き。
鶏もも肉に塩コショウをふってオリーブオイルを熱したフライパンで両面ソテーし、蒸したジャガイモとともに耐熱皿に移して自家製のニンニク風味のマヨネーズ、アイオリソースをかけてオーブンでこんがり焼き色がつくまで焼きました。
アイオリソースの作り方はこちら→
a0223786_16075462.jpg



サラダもスペインのバル風に、「ロシア風サラダ」。
ツナポテトサラダをスペインではロシア風サラダと呼びます。
これも↑のアイオリソースを使いました。
a0223786_16083754.jpg


by mickimchi | 2019-06-15 16:38 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(4)

簡単!自家製ツナに自家製ハム。自家製ゴルゴンゾーラチーズケーキ 。

自家製、と言っても簡単に。

自家製ツナ。
シャトルシェフを使って低温調理しました。
塩を振ってタイム、にんにく、オリーブオイルと一緒にカジキマグロをジップロックに入れて冷蔵庫で一晩置きます。
シャトルシェフに魚が浸かるくらいのたっぷりの水を入れて90度の温度になるまで沸かします。
空気を抜いて口をぎゅっと閉めたジップロックごとシャトルシェフに入れて1時間放置して完成。
(ジップロックの中に水が入らないように、二枚重ねにしたりして工夫して下さい。)

低温調理したカジキマグロで作ったツナはしっとりしてやわらか。

和風ドレッシングで和えたトマトとブロッコリーに乗せて。

シャトルシェフがなければ、炊飯器で炊飯モードで炊いて蒸気が上がったら保温モードにして1時間置くと同じようにできるようですよ。
私も台北で買った、言わば日本の炊飯器の先祖ともいうべき電鍋でも作ってみたのですが、同じように上手くいきました。

a0223786_09581395.jpg



こちらは自家製ハム。
こちらも低温調理で。
豚肩ロースのブロック肉に2パーセントの塩を擦り込み、タイム、ローズマリー、ローリエ、コショウとともにこれまたジップロックに入れて一晩。
シャトルシェフに肉がかぶるくらいのたっぷりの水を入れて90度の温度になるまで沸かします。
ジップロックごとシャトルシェフに入れて3時間放置して完成。
こちらも炊飯器でもできるようですので是非トライしてみて下さいませ。

マスタードや柚子胡椒、醤油をちょっとつけてどうぞ。
厚めにスライスしてフライパンで焼いても美味しいです。

a0223786_10003520.jpg



自家製ゴルゴンゾーラチーズケーキ 。
全粒粉のクラッカーと50グラムとバター25グラム、塩少々をフードプロセッサーにかけて混ぜ合わせ、型に入れてオーブンで下焼きしておきます。
ここにゴルゴンゾーラ75グラム、クリームチーズ40グラム、グラニュー糖10グラム、バター10グラム、サワークリーム10グラム、卵1個、コーンスターチ10グラムをフードプロセッサーにかけた生地を流し込んで、鉄板に型の1/3くらいまで熱湯を注いで160度に予熱したオーブンで30分〜35分ほど湯せんにしながら加熱して出来上がり。

大きなタルト型で焼いてもいいのですが小さい型に分けて焼きました。
コーヒーや紅茶のお供にはもちろん、ワインにも合います。
a0223786_09565587.jpg


by mickimchi | 2019-05-19 17:33 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

ボロニア風牛肉のコトレッタ、平たく言えば 牛カツのミートソースがけ

ミートソースが余ったので作ってみました。
ボロニア風牛肉のコトレッタ、平たく言えば 牛カツのミートソースがけ。

a0223786_10513877.jpg


サーロイン(二人分で150~200グラム)を卵とパルメザンチーズ、サラダ油少々を混ぜた卵液にたっぷりとつけ、生パン粉を両面にまぶしつけたら肉叩きで平べったく叩きます。
そしたらもう一度卵液につけて、生パン粉をまぶしつけ、フライパンで多めの油で炒め揚げします。
さっと油を切って耐熱皿に盛り、ミートソースととろけるチーズを乗せてチーズが溶けるまでオーブンで焼いたら出来上がり。

牛カツをテフロン加工のフライパンで温めチーズを乗せて蓋をして、チーズを溶かしてからミートソースをかけても。

a0223786_10521134.jpg


付け合わせもイタリアンな雰囲気に。
ズッキーニのタリアータ。
溶き卵に生クリーム、パルメザンチーズ、塩コショウを加えた卵液を油を敷いて熱したフライパンに流し込み、少し固まってから輪切りのズッキーニを並べ、さらに焼きます。
片面が焼きあがったらひっくり返してさらに焼いて出来上がり。
a0223786_10524602.jpg

by mickimchi | 2019-05-03 15:40 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

餃子の皮でミニタコス

GW、始まりましたね!
このところちょっと寒い東京ですが、メキシコに行ったつもりでメキシコ料理はいかがですか?
余ってしまった餃子の皮でミニタコス。
a0223786_15125053.jpg


ブログでインスタグラムの事を話題にするのは恐縮ですが、インスタの海外のお料理のアカウントで見つけたナイスアイディア。
こんな風にテフロンのマフィンパンケーキ型を裏っかえして型の溝に餃子の皮を挟んで、オーブンかオーブントースターでいい焼き色がつくまで焼くんですって。
a0223786_15120740.jpg


ほら、出来た!
餃子の皮のパリパリミニタコス。
チリコンカン(作り方は→コチラ)とトマトサルサ、細切りのとろけるチーズ、ワカモレ、オリーブを挟んでいただきます。
a0223786_15135006.jpg


ワカモレやチリコンカン、チーズディップ(ケソ)はトルティーヤチップスにつけても美味しい。
変わり種だと、市販のレンコンチップスなどの野菜チップスにつけても美味しいんですよ。
ビール好きの方、ライムを絞ったコロナビールでどうぞ。
a0223786_15143387.jpg


そうそう、テフロン加工のマフィンパンケーキ型、お料理にも結構便利に使えます。
まんまるミートローフというかミートボールを作って、こんな感じに詰めてオーブンで焼いたりしても。
a0223786_15590597.jpg
詳しい作り方は→コチラ

by mickimchi | 2019-04-27 09:54 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(4)

牡蠣のチャウダー&ビストロ風おつまみ

美味しそうな牡蠣をスーパーで見つけたので、牡蠣のチャウダーを作りました。
プリプリの牡蠣と牡蠣のエキスが染み出たスープ。
簡単なのに美味しくできたのでご紹介。

a0223786_16455677.jpg
牡蠣のチャウダー
材料(2人分)
牡蠣(加熱用)200グラム
ベーコン 30グラム
じゃがいも 1個(5ミリの角切り)
ニンジン 1/3本(5ミリの角切り)
長ネギ 1/3本(小口切り)
玉ねぎ 1/4個(5ミリの角切り)
セロリ 1/4本(5ミリの角切り)
白ワイン 50CC
水 50CC
牛乳 300CC
生クリーム 50CC
薄力粉 大さじ1
バター 大さじ1
塩胡椒 適宜
カレー粉 適宜
ナツメグ 適宜
パセリ 適宜

作り方
1 塩水でよく洗った牡蠣を白ワインと水とともに小鍋に入れて中火にかけ、沸いてから2分茹でて取り出し、煮汁を濾しておく。
2 鍋にバターを溶かして長ネギと玉ねぎ、ベーコンを入れて炒め、ほかの野菜も加えて白ワインと牡蠣の煮汁を加えて野菜がやわらかくなるまで煮込む。
3 別の鍋にバターと薄力粉を入れて弱火にかけ、木べらで混ぜ合わせながら粉の腰が切れてさらっと滑らかになるまで炒める。
4 3のルーがフツフツと泡立って粉の粘りが取れたら温めた牛乳を少しずつ加える。
5 4を練り合わせながら弱火で煮る。
6 2の鍋に5のベシャメルソース、生クリーム、カレー粉,、ナツメグを加えて混ぜ合わせながら弱火にかけ、煮立ったら牡蠣を入れる。
7 牡蠣が温まったら火を止めてパセリをふりかける。

今回は5分ほど塩茹でにした芽キャベツも入れました。


チャウダーに合わせておつまみもビストロ風に。
「鯵のエスカベッシュ」。
小麦粉を振った鯵を揚げ焼きにして、玉ねぎたっぷりのシェリービネガーベースの漬け汁に漬け込みました。
実はお魚をおろすのが下手っぴなので、練習がてら。
ほら、ちょっと不格好でもエスカベッシュにしちゃったらわかんないからね。
って思ってたら、そういう時にかぎってうまく捌けましたよ、トホホ。
洋風南蛮漬けみたいでさっぱりです。
頑張ってお魚おろさなくても、サーモンやチキンでも美味しいです。
a0223786_16484678.jpg



「ウフマヨ」
自家製マヨをトロトロ半熟卵にたっぷりかけて。
a0223786_16252990.jpg




「鮭とイクラのポテトサラダ」。
余っていた塩鮭のほぐし身を加えた即興ポテトサラダ。
菜の花のみじん切りも振って春色にしてみました。
a0223786_16243570.jpg

by mickimchi | 2019-02-11 16:19 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

日本の食材でスペインタパス。おうちバルを楽しもう!

おうちでバルめし。
と言っても、フツーのスーパーで売ってるフツーの日本の素材で、気軽に作るスペインタパスをいろいろ並べて。

まずはスーパーで売ってる塩だらで作る、スペインタパス。
本来は干し鱈で作るんですが、塩だらで簡単に。

最初は「鱈の一口コロッケ」。

鍋に、塩だらと塩だらがひたひたになるくらいの分量の水と牛乳を1:1の割合で入れて火にかけ、数分茹でて塩だらに火が通ったら火を止めます。
煮汁を捨てて塩だらの表面の水分をペーパータオルで拭きます。
ボウルにこのたらとマッシュポテトを入れてたらをほぐしながら混ぜ合わせ、おろしニンニク、塩少々と5分立てにした生クリーム少々を加えてタラのペーストを作っておきます。

これを一口大に丸めて、小麦粉、溶き卵、パン粉を順につけ、少量の油で揚げたら出来上がり。

a0223786_16340378.jpg


こちらも塩ダラを使ったスペインオムレツ。
こちらは夫作。
スペインのサンセバスチャンのバルで食べた思い出の味です。
a0223786_16351998.jpg



和風パンタパスの第一弾。
低温で焼いたバゲットにいろいろおかずを乗っけて。
こういうおつまみは、アドリブで何を乗っけるか楽しめるので作るのが面白いですよね。
冷蔵庫の残り物を探しつつ、この日は
写真の左から、
オイルしらすマヨ、鱈ポテトマヨ、はんぺんカニカママヨのパンタパス。
a0223786_16375888.jpg


オイルしらすはうちの常備菜。
a0223786_13583366.jpg
しらす干しって賞味期限が割と短くて使い切れないことが多いので、あまったらさっと茹でて水気を取り、ニンニクのみじん切り、赤唐辛子、塩少々とともに煮沸消毒した保存ビンに入れ、オリーブオイルを注ぎ入れて保存してます。
こうすると1週間ほど日持ちして、サラダやパスタに加えたり、チャーハンの具にしたりと重宝しますよ。

鱈ポテトマヨは↑の鱈の一口コロッケで作ったタラのペーストにマヨネーズを加えて作った鱈のポテトサラダです。

はんぺんカニカママヨは手で潰したはんぺんに咲いたカニカマとマヨネーズを合わせたものです。

お次も和風パンタパス。
バゲットにクリームチーズを乗せて、かまぼことカニカマ、いぶりがっこの粗みじん切りをトッピング。
a0223786_16390626.jpg


メインにもなるお肉料理、カジョスも作ればワイワイガヤガヤお友達を呼んで気軽なワインパーティができそう。

作り方はこちらです。
a0223786_16395518.jpg

塩だら、しらす干し、カニカマにはんぺん、かまぼこ、いぶりがっこと和風素材で色々アドリブ、楽しんでます。


by mickimchi | 2019-02-05 17:02 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

スコップコロッケ2種。カニクリームコロッケ&卯の花じゃがいもコロッケ

前回のお話の続きです。
あまった蟹の甲羅を見ていて、そうだこの甲羅に蟹のホワイトソースを詰めてカリカリパン粉をプラスして揚げないコロッケを作ってみようと思い立ち、早速作ってみました。
見た目はいっちょ前。
a0223786_15535317.jpg



種明かししちゃうと、ホワイトソースにほぐしたカニカマを混ぜてマヨパン粉をふり、ホイルで覆ってオーブントースターで温めただけ。

ホワイトソースはフライパンにバター8グラムを弱火で熱し、小麦粉小さじ2を加えて粉っぽさがなくなるまで撹拌器で混ぜながら炒めます。
ここに温めた牛乳80ccを加えてとろみがつくまで撹拌器でかき混ぜながら煮ます。塩胡椒少々で味をととのえ火を止めまてできあがり。
これにカニカマを加えて混ぜ合わせ、甲羅に詰めます。

マヨパン粉は、フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて中火で熱し、溶けてきたらパン粉15グラムを加えてきつね色になるまで5分ほど炒めたものです。

a0223786_09422136.jpg


この揚げない、丸めないコロッケ、スコップコロッケは本当に簡単で、思い立ったらすぐ作れるので最近はこのマヨパン粉を多めに作って冷凍庫に入れてあります。

こちらは卯の花とジャガイモのスコップコロッケ 。
a0223786_09420571.jpg



バター少々を塗ったフライパンに和風麻婆肉味噌を広げ、マッシュポテトと卯の花を混ぜたものをその上に平らに伸ばし、マヨパン粉を全体にふってフライパンの上をホイルで覆い、オーブントースターで温めて半熟玉子を乗せました。

卯の花の作り方はこちら
たくさん作って小分けして冷凍しておくと、コロッケにしたり、
a0223786_17171232.jpg

甘く煮たお揚げさんで包んで「卯の花いなり」にしたりと便利です。
このおいなりさん、おつまみでもいいし、お弁当のおかずにもいいですよ。

ここで、素朴な疑問。
なぜ、おいなりさん、お揚げさんとさん付けで呼ぶのでしょう?
さん付けにとどまらず、最初に「お」も付けて。
大豆食品に対する敬意を評してかな?
そう言えば豆も「おまめさん」って言うし...
これは関西方面だけかな?
私は両親が関西出身だからおうちではそう言ってました。
飴は「飴ちゃん」だったし...

なにはともあれこの卯の花のおいなりさん。
私はなぜか冷蔵庫で冷え冷えにしたのが好き。
酢飯のおいなりさんより、ヘルシーで罪の意識なく食べれるのがね、うれしいです。
a0223786_09422772.jpg

by mickimchi | 2018-08-23 08:43 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)