カテゴリ:あれこれおつまみ( 65 )

イチジクバタートースト&リンゴとゴルゴンゾーラのピザ、アボカドクリチー。

ワインに合う、フルーツを使ったおつまみ色々。

まずはイチジクバタートースト。
室温に戻しておいたバターにドライいちじく(スーパーのおつまみ部門に売ってます)、干しぶどう、ドライフルーツのベリーミックスなどを小さく刻んでラム酒(お酒を飲まない方、スーパーのお菓子材料コーナーにあります)に一晩つけたものを混ぜ、メイプルシロップかハチミツも少々加えて混ぜ合わせます。
ラップでまたまたクルクルして冷蔵庫で冷やし固めます。
食べる直前にカットしてバゲットに乗せてどうぞ。
a0223786_10435355.jpg
一緒に作ったのが、5分でできるレバーペーストと、塩鮭のクリームチーズ。
塩鮭のクリームチーズもムチャ簡単。
塩鮭を焼いてほぐして、クリームチーズとすり鉢で擦り混ぜて出来上がり。
ディルとピンクペッパーを乗っけると、塩鮭料理がおしゃれな洋風に。



こちらはリンゴとゴルゴンゾーラのピザ。
市販のピザ生地を数分下焼きし、リンゴの薄切り、小さく切ったゴルゴンゾーラチーズを乗せ、蜂蜜をまわしかけて表面に焼き色がつくまでオーブンで焼きました。
a0223786_10452956.jpg


アボカドクリームチーズ2種。
上はアボカドと青海苔クリチー和え。
角切りにして万能醤油だれに30分ほど漬けたクリームチーズの表面に青海苔をまぶしつけ、クリームチーズを漬けたたれで和えたアボカドとお皿に盛りました。

下はアボカドと焼き明太子クリチー和え。
白だしに漬けたクリチーの表面に焼き明太子をほぐしたものをまぶしつけ、白だしで和えたアボカドと一緒に。

a0223786_10471183.jpg

by mickimchi | 2018-06-25 09:53 | あれこれおつまみ | Comments(2)

スーパーのお馴染みの食材で、おうちでバルめし。

スーパーのお買い得食材で、簡単タパス風おつまみ、作ってみました。
おうちでちょこっと飲みのお供にいかがですか。

「鮮魚のカルパッチョ」。
カルパッチョのソースは、テレビでやっていた糖化防止万能たれで。
このたれ、美味しかったので自分の覚書用に。
大葉、ミョウガ、生姜、ワケギのみじん切りに減塩醤油、オリーブオイル、ごま油、きび砂糖。
これにゆずの皮と亜麻仁油が入るのですが、ゆずの皮はなかったので省略、亜麻仁油がなかったのでエゴマ油にしました。
この万能たれを青魚のお刺身やお豆腐にかけるとヘルシーだそうです。
a0223786_14230990.jpg

青魚のお刺身の代わりに、お買い得のお刺身の切り落とし盛り合わせ298円にしました。
小さめに切ってたれをかけただけです。
a0223786_14252766.jpg


「かまぼこたくあんチーズの和風ピンチョス」。
かまぼことたくあんをみじん切りにしてマヨネーズで和え、塩コショウをふりかけたのをクリームチーズに乗っけました。
a0223786_14265148.jpg


こちらは、スーパーのお惣菜売り場にある焼き鳥のレバーかレバーの甘辛煮とクリームチーズを混ぜ合わせた、即席レバーペーストをフランスパンの中身をくり抜いてつめた「スタッフドバケット」です。
a0223786_14295570.jpg



「半熟卵の黄身をつけて食べる、生ベーコン炙り焼き」。
生ベーコンがなかったら普通のブロックベーコンでやってみてくださいね。

これ、先日行ったムサコのやきとん屋さん「カナディアンベーコンとキャラメルエッグ」の真似っこ。
a0223786_14321968.jpg

by mickimchi | 2018-01-31 15:13 | あれこれおつまみ | Comments(4)

お酒のお供に、思いつきのちょっと一皿

お台所で夕方、缶ビールをプシュッと開けてグビッとしながらお夕飯の準備。

そんな時ひらめいて作った、おかずというよりお酒のおつまみになるちょっと一皿をご紹介。

「白菜キムチとりんご韓国風シーザーサラダ」。
お酒がススむサラダです。
仕込んだばかりの浅漬けのキムチがあったので思いつきました。
具はサラダ菜とトレビス、白菜キムチ、りんごにローストビーフ少々。
ドレッシングは、ニンニクのみじん切り、パルメザンチーズ、アンチョビの代わりにイワシエキス(ナンプラーで代用可)、卵黄、マヨネーズを混ぜ合わせ、レモン汁とごま油を少量ずつタラタラたらしながら交互に加えて塩胡椒で味を調えた、韓国風のシーザードレンシング。

a0223786_16533214.jpg



「納豆キムチのアボカドチーズ焼き」。
白菜キムチのみじん切りと万能ネギの小口切り、納豆、納豆についていた付属のタレを混ぜ合わせ、半分に切って中身をくりぬいたアボカドの底に敷きます。
アボカドの実をスプーンでつぶし、塩少々で味付けしたら、アボカドの器に戻します。
真ん中の種があった辺りにくぼみをつけて、その部分に冷凍卵の黄身醤油漬けを乗せ、とろけるチーズを振りかけて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いて出来上がり。

a0223786_16532480.jpg



「おぼろ豆腐の明太しらすおろしがけ」。
出汁醤油で。
a0223786_17180716.jpg


SNSで流行りの「カクたこ」も作りました。
これは私がひらめいたわけではなく、どなたかがひらめいた優れものレシピ。
卵焼き器で作るたこ焼き。
これ、簡単で美味しいですね。
a0223786_17204850.jpg
a0223786_17203611.jpg



by mickimchi | 2017-09-08 10:37 | あれこれおつまみ | Comments(0)

フレンチおでんと、ちょっと和テイストな洋風おつまみ

大阪にあるフレンチおでんを出すお店が流行っていて毎日行列ができている、っていうのをテレビで観ました。
行ってみたいけど、もちろん行けないので真似して作ってみましたよ。

「大根のポルチーニ茸ソース」。
もちろんそのお店のレシピなんぞ知る由もないのでオリジナルレシピです。
あしからず。
a0223786_06275451.jpg

材料(2人分)
大根4センチ(2センチ幅の輪切りにして皮を剥き面取りする。)
乾燥ポルチーニ茸 8グラム (水につけて戻す。戻し汁はソースに使うので捨てずに。)
ニンニク1/2かけ(みじん切り)
オリーブオイル 適宜
バター 10グラム
生クリーム 150ml
サワークリーム 30ml
ポルチーニ茸の戻し汁 20ml
塩胡椒 適宜
パセリ (飾り用に刻む。)

作り方
1 鍋に大根と大根が浸るくらいの水を入れ、中火で30~40分下茹でする。
2 鍋に下茹でした大根と野菜ブイヨン(市販の顆粒のもの。なければ普通のブイヨンでも)、水を入れて中火にかけ、煮たったら弱火にして5~6分、竹串を刺してみてすっと通るくらいまで煮てそのまま鍋の中に置いておく。
3 鍋にオリーブオイルとバター半分量、ニンニクを入れて火にかける。
4 香りが出てきたらポルチーニ茸を入れて少し炒め、生クリーム、ポルチーニ茸の戻し汁を加えて少し煮詰める。
5 仕上げにサワークリーム、残りのバターを加え塩胡椒で味を整えて火を止める。
6 大根を入れた鍋を再び火にかけ、大根が温まったらザルに取り、器に盛って5のソースをかけ、パセリをふる。

そんな感じで、最近作ったちょっと和テイストの野菜メインの洋風おつまみをご紹介。



「フルーツトマトのフルーツポン酢ジュレ」。
フルーツポン酢と出汁醤油を合わせて温め、水につけてふやかした板ゼラチンを溶かし、冷蔵庫で冷やして作ったジュレを細かく切って器に敷いて、湯むきしたフルーツトマトを乗せ、細切りにした大葉をかけて出来上がり。
a0223786_06280338.jpg


「にんじんとオレンジのラペ」。
これもフルーツポン酢で味付けしました。
a0223786_17204176.jpg


「アボカドのチーズ焼き、海苔風味」。
夫が作った海苔の佃煮。
味がまろやかで色々使えて便利。
これを半分に切って実をくりぬいたアボカドの側面に塗ります。
くりぬいた実をスプーンでつぶし、塩少々で味付けしたら、アボカドの器に戻します。
真ん中の種があった辺りにくぼみをつけて、その部分に卵黄をそっと乗せます。
とろけるチーズを振りかけて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いて出来上がり。

海苔風味とアボカドって合うんですね。
これは繰り返し作りたいな。
a0223786_12212600.jpg

by mickimchi | 2017-07-12 13:07 | あれこれおつまみ | Comments(2)

魚貝のおつまみ第2弾 海鮮居酒屋さん風に

前回に続き、魚貝のおつまみ第二弾。
今回は海鮮居酒屋さん風に。

「アジとアボカドのなめろう」。
叩いたアジとつぶしたアボカド、ミョウガ、生姜、大葉のみじん切り、アサツキの小口切り、塩麹、味噌を混ぜ合わせました。
なんか梅雨ってなめろうが食べたくなりません?
a0223786_10400136.jpg


「スモークサーモンとイクラの洋風白和え」。
白和えごろもは、水気をしっかり切った豆腐1/2丁に対して白練りゴマ大さじ1、砂糖大さじ1、薄口醤油小さじ2に生クリームとクリームチーズをちょっと。
イクラとスモークサーモンの塩気があるので、しょっぱすぎないように味見しつつ配合を調節してください。
a0223786_10413655.jpg


「ササミのウニ炒め」。
お鍋に湯を沸かし塩とごま油少々を入れ、そぎ切りにしたササミを入れて蓋をして3分ほど茹で、火を止めて蓋をしたまま7分ほどおき、余熱で火を通したらザルに上げて水気を切ります。
フライパンにバターを溶かして茹でたササミを炒め、酒でゆるめた瓶詰めの練りウニを加えてからめれば出来上がり。
これ、思いつきで作ったんですが、淡白なササミがお酒の進むおつまみになります。
a0223786_10341590.jpg


「カリカリじゃこと新玉ねぎのサラダ」。
野菜は、キャベツの千切りと新玉ねぎ、トマト。
これにカリカリに炒めたじゃことたっぷりの鰹節をかけて、出汁醤油とサラダオイル、米酢で作ったドレッシングで。
ちょっと軽井沢のトンカツ屋さんのメニューのパクリです。(お店ではじゃこは入ってなかったけど...)
a0223786_12455281.jpg



↓がそのとんかつ屋さんの黒板メニューの新玉ねぎの和風サラダ。
また行って食べてきたので写真撮ってみた。
a0223786_16391212.jpg

by mickimchi | 2017-06-22 15:21 | あれこれおつまみ | Comments(2)

魚貝のおつまみ第一弾 まずはスペインバル風に。


いろいろ魚貝のおつまみ。
まずはスペインバル風にあれこれ魚貝のピンチョス。

スペイン旅行で、サン・セバスチャンのバルで食べたウニのピンチョスが美味しかったので真似してみました。
ペシャメルソースにウニを混ぜ合わせて、オーブントースターで温まったら出来上がり。
a0223786_09484661.jpg

スペイン土産の ”Huevas de Erizo de Mar"の缶詰を使いました。
Huevas de Erizo de Marって調べたら、スペイン産の天然のムラサキウニなんですって。
ウニの殻はどうしたかって言いますと、前日にお鮨屋に行っておつまみで出してくれたウニの殻を持って帰ったわけ。
(変なお客ですね。)
それを洗って干して再使用。
a0223786_09482583.jpg


これがサン・セバスチャンのバルで食べたウニのピンチョス。
美味しかったデス。

a0223786_10193421.jpg


ウニイクラ豆腐。
豆乳を板ゼラチンで作った即席豆腐にウニとイクラをのせました。
イカンイカン、プリン体豆腐ですね。
そもそも、豆腐なのにスペインバル風とはいかがなものか、ですね。
a0223786_09481269.jpg


マグロのカルパッチョ、酒盗マヨ風味。
お皿にカツオの酒盗と柚子胡椒をうっすら塗って、その上に半面だけ「づけ」にしたマグロを並べ、マヨをかけたカルパッチョ。
ワインもいいですが、芋焼酎がススみます。
って、またスペインバル風とは言い難い。
でもね、バスクのビルバオという町の有名バルで出てきたんですよ。
アレが。
a0223786_09492367.jpg


ほら、これがそのアレ。
ビルバオで食べたピンチョス。
炙ったマグロがビネガーの効いたライスサラダの上に乗っかってるの。
これ作ったスペイン人、絶対日本のお寿司屋さん行って思いついたんだと思う。
これも美味しかったデス。
a0223786_14424808.jpg

飲みすぎて酔っ払わないように汁物も。
お魚のアラとアサリで出汁をとってニンニクとピメントパウダーを加えたスープも作りました。
って言っても結局酔っ払ってるんだけどね。
a0223786_09491251.jpg

by mickimchi | 2017-06-20 21:11 | あれこれおつまみ | Comments(4)

スペインバル風カニの身の甲羅詰め&あさりご飯

美味しそうな蟹味噌をスーパーで見つけたので、「カニの身の甲羅詰め バスク風」を作ってみました。
スペインのバスク地方のバルでは「チャングーロ」と言って、旅行中もこの甲羅詰めのピンチョスがよくカウンターに乗っかってるのを見ました。

蟹味噌の上に、ベシャメルソースとカニの身を混ぜたものを載せてオーブントースターで焼いただけ。
もちょっと焼き色をつければ良かったな。
ま、蟹味噌のとこからすくってバゲットに乗せて食べれば、冷えた白ワインがググッとススみますです。
(なんだか毎回、こんなフレーズを申しているように感じ、恐縮デスが...)
a0223786_14102683.jpg


ね、こんな感じでスーパーで売ってたら買っちゃいますよね。
a0223786_20283002.jpg


そんなわけでスーパーの前のパン屋さんでバゲットを買ってしまって、スペイン風のおつまみの夕ご飯となったわけです。
「タコのマリネ」。
新玉ねぎ、赤ピーマン、ピーマンのみじん切りとオリーブオイル、白ワインビネガー、塩、はちみつを混ぜ合わせて,
タコとオリーブをマリネしました。
a0223786_14095712.jpg


「トリッパのトマト煮、半熟玉子乗せ」。
カルディに売ってた「トリッパのトマト煮」と冷凍庫の牛肉の赤ワイン煮込みを混ぜて温め、卵をポトリ。
オーブントースターで卵は半熟トロトロになるまでちょっと熱しました。
カルディのトリッパのトマト煮、美味しいです。激しくオススメしちゃう。
a0223786_14120341.jpg


「バスク風あさりご飯」。
なんちゃって、あさりを茹でて、ゆで汁で市販の冷凍海老ピラフを3〜4分煮込んだだけ。
本場のバスクのあさりご飯は、新鮮なあさりを使った、あさりのうまさが凝縮されたリゾットみたいなお料理なんですけど、ちょっと手を抜いてその分ワインを注ぐのに専念しました(もちろん自分のグラスにですョ)。

a0223786_14104990.jpg


by mickimchi | 2017-06-14 07:04 | あれこれおつまみ | Comments(2)

スペイン風おうちバル。オイルサーディンのピンチョスとタパス

お土産のオイルサーディンの大きい缶詰を開けたので、オイルサーディンのピンチョスとタパスでスペインバル風のおつまみを作りました。

まずは「オイルサーディンのピンチョス」。
ハーブミックスとほんの少し塩を加えたサワークリームを軽く焼いたバゲットに塗って、開いたオイルサーディンとイクラを乗っけました。
a0223786_13195574.jpg


GWにスペインのバスク地方に旅行したので、そのお土産デス。
a0223786_13200999.jpg

a0223786_13201485.jpg


カニクリームのピンチョスも一緒に。
a0223786_13203334.jpg

「オイルサーディンとクリームチーズのパテ」。
ボウルにオイルサーディンとクリームチーズを入れてオイルサーディンを潰しながら混ぜ合わせただけ。
a0223786_13204353.jpg


「オイルサーディンと野菜のチーズ焼き」。
キャベツの千切りを耐熱皿に敷いて、トマトピューレとお醤油ちょこっとかけつつ混ぜ混ぜします。
ニンニクスライスと鷹の爪を炒めたオリーブオイルで、ほうれん草のみじん切りをさっと炒めたのをキャベツの乗せます。
オイルサーディンを並べて、チーズパン粉とパプリカのみじん切りを振ります。

オーブントースターで焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。
a0223786_13205448.jpg

ここでクイズ。
さて、私はこの日、何杯ワインを飲んだでしょう?
答えは、「記憶にありません、じゃなくって記憶がありません。」って勝手にせいっ!ってか?

by mickimchi | 2017-06-01 09:31 | あれこれおつまみ | Comments(6)

ふらんす厨房で、鶏肉の赤ワイン煮込み

鶏肉の赤ワイン煮込み「コックオーヴァン」を作ってみました。
ワインをたっぷり使った煮込み料理、コックオーヴァン
言わずと知れたフランス家庭料理です。

a0223786_07390390.jpg
なんちゃって、これ使ったの、これ。
a0223786_14175972.jpg



骨付き鶏肉を玉ねぎやセロリ、ニンジン、ニンニク、ローリエ、白胡椒とともに容器に入れて赤ワインをドボドボ。
で冷蔵庫で一昼夜寝かせます。
で、鶏肉と野菜を漬け込み液から取り出して、鶏肉は塩こしょうし、小麦粉をはたいて表面がこんがりするまで焼きます。
野菜も透明になるまで弱火で焼いたら、厚手の鍋に鶏肉とともに入れ、ワインの漬け込み液も加えます。

鶏ガラで取ったスープを加えて火にかけて、アクをすくいながらコトコト20分ほど煮込みます。
途中で、市販のビーフシチューのペーストとニンジンも加えて。
a0223786_14194807.jpg

煮込み終わったら鶏肉を取り出して、野菜を濾し器でこします。
鶏肉をもどして仕上げにグリンピースを加えて出来上がり。

赤ワインや鶏ガラスープの分量はわりかしといい加減。
煮汁の水分が多ければ煮詰めればいいし、塩加減が薄ければ塩をしてくださいませ。
a0223786_14201694.jpg

あとはカリカリじゃこサラダを作って。
a0223786_14412824.jpg

カリカリじゃこが余ったので、香菜のみじん切りと細ねぎの小口切りとマヨネーズと合わせて、
食べ過ぎ注意の危険なマヨディップ。
a0223786_14413686.jpg

ホタルイカと軟泊ネギのアヒージョ。
おデブなホタルイカ、身がプリプリでした。
ワインがあっという間に空いちゃって、ほぼ記憶なし。
a0223786_14414407.jpg

by mickimchi | 2017-04-27 07:44 | あれこれおつまみ | Comments(4)

ワインに合う、カマンベールとラタトゥイユのトロトロ

飴色玉ねぎをたっぷり使ったラタトゥイユ。
それにカマンベールチーズをのせて火にかけて。
チーズがトロ〜ンと溶けたら出来上がり。
バゲットにのせてどうぞ、の「カマンベールとラタトゥイユのトロトロ」。
a0223786_08172586.jpg

ワインぐびぐびっと進む、濃厚ラタトゥイユ。
おつまみラタトゥイユは飴色玉ねぎをたっぷり使い、さらに隠し味のハチミツも加えて甘みを出して濃いめの味付けにするのがミソ。

飴色玉ねぎににんにくのみじん切りを加えてたっぷりのオリーブオイルで弱火で炒め、野菜を加えて塩胡椒し、白ワイン、ワインビネガー、生バジル、オレガノ、イタリアンパセリに隠し味のハチミツも加えて20分くらい炒め煮し、仕上がりにバジルをちぎって入れました。

忘れてたんですけど、これにボリュームアップにソーセージも炒め合わせて加えました。


このラタトゥイユ、たくさん作って置いておけば、
後日細かく切って、ナスのくたくた炒めとさっと茹でたアスパラ、プチトマトを加えてオーブントースターへ。
仕上がりにうずら卵をポトリ。
で、カラフル野菜のイタリアンカラー煮込み。
a0223786_08171657.jpg


以前ご紹介した「鯛のソテー、ラタトゥイユ添え」。
お刺身用の鯛の皮目だけ焼いて、ラタトゥイユをのせて。
a0223786_08162795.jpg


これもそう。
プチトマトを加えて「ラタトゥイユのオープンオムレツ」なんかにも、いろいろ使えますョ。
a0223786_08150354.jpg

by mickimchi | 2017-04-24 10:14 | あれこれおつまみ | Comments(4)