カテゴリ:台湾旅行( 3 )

初めての台湾 食材探しと食い倒れの旅 最終回 小籠包だけじゃない小籠包屋さん

この記事の続きです。
そう、せっかく台湾に来たからには小籠包はいただかなければなりません。
こちら「點水樓(ディエンシュイロウ )」というお店が評判が良かったので行ってみました。

まずは小籠包。
アッツアツの小籠包のてっぺん部分ををそ〜っとお箸でつまんでれんげに乗せて、スープがこぼれないように口に運びます。
薄皮の中にスープがジュワ〜、プリプリの豚肉。
a0223786_14374645.jpg

空芯菜炒め
a0223786_14393499.jpg

XO醬小籠包
a0223786_14423146.jpg

點水楼は、小籠包だけじゃなくって他のメニューも美味しいということなので、ナズナの中華パイ「薺菜鍋餅」も頼んでみました。
細かく刻んだナズナと野菜、エビなどの具がパリパリの薄皮の中華パイに挟んであってゴマがたっぷりかかってます。
a0223786_14412557.jpg


ラストはかぶりつくには大きすぎる、ツヤッツヤの豚の角煮が出てきまして、どうするかといいますと...
a0223786_14500545.jpg



お店のスタッフが角煮を切り分けて下さり、フンワフワの中華風蒸しパンにはさんで、
a0223786_16483971.jpg

これが豚バラ肉の中華風バーガー「點水烤方」。
a0223786_14461120.jpg



お店の雰囲気も素敵。
他のテーブルのお客さんの頼んでるお料理がどれも美味しそう。
紹興酒も冷酒器に注いでヒヤヒヤをいただけます。
a0223786_14452213.jpg



食事をしながら点心師さん達が小籠包作りに励んでる姿も見えて楽しいです。


また今度、別のメニューも食べてみたくなりました。

小籠包は10個入りですが、5個入りの小籠包ハーフという頼み方もできるよう。
2人前用のコースもあったので、少人数で行っても色々なお料理を楽しめそうです。
a0223786_14443251.jpg
點水(南京店)」
住所:台北市南京東路四段61号
Tel:(02)8712-6689
営業時間:11:30~14:30 (LOは14:00)、17:30~22:00 (LOは21:00)
無休
台北市内に他にも2店舗支店があるようです。



5色の小籠包を一つずつ食べられるメニューもありました。
a0223786_16493324.jpg



レポの最後に、台北旅行で迪化街以外にお買い物に行った場所も書いておきますね。
台北101に行ったついでにすぐ近くにあるという生姜コスメのお店「薑心比心」に寄ってみました。
こちらが台北101。
101階建ての超高層ビル。
見上げるだけで頭がクラクラしました。
a0223786_16475888.jpg


「薑心比心」は台北101の近くの「誠品書店」という大型書店チェーンの中にあります。
誠品書店は、書店といっても本や文具だけでなく、カフェやライフスタイルショップなどが併設されたおしゃれなショッピングモールのようなところです。
韓国でいえば教保文庫みたいな感じ。
a0223786_16492612.jpg

こちらがその「薑心比心」の店舗。
一番有名なのがハンドクリーム、他にシャンプー、トリートメント、ボディソープ、バスソルト、ハンドソープ、シートマスク、マッサージクリーム、リップクリームなどの品揃え。
色々とサンプルで試してるうちにどれもこれも欲しくなっちゃう。
ジンジャーに、ラベンダー、オレンジ、ローズなどの香りがミックスされていてどれもとってもいい香り。
ボディソープとハンドクリーム、リップクリームをお土産に買いました。

a0223786_16400798.jpg
ずいぶん迷ってたどり着いた「薑心比心 信義店」ですが、帰ってから台北ナビに載っかってるのを発見。
詳しい情報は台北ナビ記事でどうぞ。


他にも台湾と言えば烏龍茶の茶葉と一緒に漬け込んだ甘酸っぱい茶梅が有名ということで、「沁園」(台北ナビ記事)にも行ってみました。
こちらは中国茶専門店で、凍頂烏龍茶で漬けた梅が人気なんだそう。
大粒の梅の果肉がとってもジューシーで、ほんのり甘酸っぱい味がします。

お店までは宿泊先から15分ほどテクテク歩いて行きました。
と太陽サンサンの暑い中うかがったので、お店の方が挿れて下さった普洱茶がとても美味しかったですよ。
a0223786_16505562.jpg

by mickimchi | 2018-06-05 17:10 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(4)

初めての台湾 食材探しと食い倒れの旅 その5 広東ダックの老舗へ。

この記事の続きです。
お夕飯は宿泊先のそばの広東料理の老舗「龍都酒楼(ロントゥーチョウロウ)」に行きました。
ここのオススメは北京ダックならぬ広東ダック。
パリパリの皮だけでなくダックの身の部分までいただくのが広東ダックだそうで、日本から予約の電話(日本語が通じます。)を入れておきました。

広い店内。
天井にはデッカいシャンデリア。ドーンと吹き抜けの2階建はこれぞ中華料理店っていう感じ。

a0223786_17100162.jpg

さて、メニュー(日本語メニューあります)を見てあれこれ注文。
まず出てきたのが前菜の干し豆腐の和え物とピータン、広東ダックにつけるソースと唐辛子にネギが刺さったもの。
フムフム、これを餅皮にダックとともに乗せて包んで食べるんですね。
a0223786_17160530.jpg



ほどなくしてワゴンに乗せられておごそかに運ばれてきたのは、ジャーン、ツヤツヤに焼き上げられたダックちゃん。
かわいそうだが美味しそう。
a0223786_17121562.jpg


お店のスタッフがきれいに捌いてくださって、こちらが皮も肉もたっぷりの広東ダック。
a0223786_17135238.jpg



こちらはパリパリの皮だけいただく北京ダック。
a0223786_17183611.jpg



さて、蒸したてのカオヤーピン(ダックを包む皮)に乗せてお口にポイッ。
おいしいです!
皮がパリッとして身はムチムチ。油っぽくないのでもう一枚、もう一枚といくらでも食べられちゃう。
ダックを見たときは5人で食べきれるかなぁと思っていたのに、完食。
a0223786_17145268.jpg


で、色々飲茶も追加注文。
エビの湯葉巻き。
パリパリに揚げた湯葉の中身はプリプリのエビ。
これ、美味しかったです。
a0223786_17195151.jpg


おっきな肉団子。
a0223786_17223277.jpg


エビ蒸し餃子。
5人でこれだけ食べてお腹いっぱいです。
そのうち4人で2本、紹興酒あけちゃったんですけどね。

台湾の人々はあまりお酒を飲む習慣がないのかな?
他のテーブルでは皆さん、お酒じゃなくってお食事に夢中。
ダックを食べた後に、ダックの骨と身から撮ったスープ、そしてそのスープで炊いたおかゆを注文してらっしゃいました。
その量がたっぷりなの。
おかゆが入ってるお椀がバケツみたいなの。
(後で聞いたらお土産にできるそう)

それで延々とそのおかゆを食べてらっしゃる男性がいらして、我々がお酒をガブガブ飲んでる間中ず〜っと食べてらっしゃいました。
まあその方から見れば、おかゆを頼まずにずっと飲んでる我々の方が不思議に見えるのかもしれませんね。
でも多分、おかゆ、ものすごく美味しいんだと思います。
a0223786_15553167.jpg

お店は、日本人御用達の飲み屋さんが並ぶ林森北路の六条通りというところにあります。
普通こういうところのレストランってお味が?なところもありそうだけど、このお店は美味しくてサービスも良かったですよ。
a0223786_17263256.jpg

4、5名以上でいらっしゃるのがオススメ。
以前はダック半身もオーダー出来たそうですが今は一羽からのようです。
ダックをいただくためには予約必須だそうです。
a0223786_17252401.jpg
「龍都酒楼(ロントゥーチョウロウ)」
住所:台北市中山北路一段105巷18-1号
Tel:02-2563-9293
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00

夕飯の後、寧夏夜市も覗きました。
a0223786_11460304.jpg

まあすごい人々のパワー。
圧倒されました。





お話の続きはその6へ。

by mickimchi | 2018-05-29 14:40 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(2)

初めての台湾 食材探しと食い倒れの旅 その4 迪化街で食材探し

この記事の続きです。
ご一緒したお友達が食材探しに迪化街(てきかがい)に行くというので、皆でくっついて行きました。

迪化街、中国語でディーファージェは、食品乾物、漢方薬、高級食材などなんでも揃ってる古くからある商店街。
知らない土地の市場や食品街をウロウロするのが大好きな私としては、もうテンション上がりまくりです。

強い日差しの中、店先に咲き誇る花。
ブーゲンビリアかなぁ。
見上げると異国を歩いてるって感じ。
って、異国情緒に感動して写真撮ってるのは、私と同じく皆さん日本人韓国客。
a0223786_09303119.jpg

古い街並み。
エキゾチックな建物。
通りの両側に乾物、漢方薬、お茶などを扱うお店が所狭しと並んでます。
a0223786_09375462.jpg


こちらは竹製品専門店。
いろんなサイズの中華蒸篭が揃ってます。
何に使うのか、風呂桶くらいのサイズのものまでありました。
豚を丸ごと蒸すのかな?ウソウソ。
a0223786_09580247.jpg


こちらの李勝日というお店もからすみや、ドライフルーツ、干しエビ、干しキクラゲなどがきれいにパックにされていて、お土産探しにはいいお店。
a0223786_09400673.jpg


林豊益商行というお店も竹製品のお店。
お友達がここで可愛いお買い物カゴを買いました。
そしたらね、東京へ帰ってから自由が丘に行ったら、そのお買い物カゴの1/3くらいの大きさのものが自由が丘の雑貨屋さんに10倍くらいの値段で売ってて、あらら、私も買っとば良かったなぁ、と激しく後悔。
a0223786_09563192.jpg

正新蔘藥行
美味しそうなフルーツチップス、ナッツ類がズラリ並んでました。
私はここでラムしゃぶしゃぶの素をゲット。
a0223786_09414585.jpg


霞海城隍廟(シアハイチョンホアンミャオ)という縁結びの神様を祀った廟が通り沿いにありました。
a0223786_17385142.jpg

その隣が「永楽市場」。
ジモティ御用達の市場はウロウロ見て回るだけて楽しいです。
青菜炒めにしたら絶対美味しそうな中国野菜がずらっと並んだ八百屋さんや、腸詰めが天井からぶら下がってるお肉屋さん、花巻(中華風蒸しパン)専門店など、魅力的なお店がズラリ。
a0223786_09430443.jpg


永楽市場の前にある食堂。
台湾名物の担仔麺(タンツーメン)のお店です。
お店をちょっと覗いてみると、日本で「孤独のグルメ」で登場したらしく、撮影時の写真が店内に飾られてました。
鶏肉飯も美味しそう。
今度はここでお昼を食べてみたいなぁ。
a0223786_10452176.jpg


ウロウロ歩いて牛肉麺のスープの素、ラムしゃぶしゃぶの素、中華山椒などをゲット。
a0223786_09442118.jpg

六安堂参薬行。
漢方茶や漢方薬で有名なお店ですが、私がこちらで買ったのがからすみ。
品質が良いものがお手頃な値段、空港や百貨店よりもウンとお得に手に入るそうです。
フカヒレの姿煮がスープごとパックになっているものもとっても美味しそうでした。
これにラーメンを入れればフカヒレラーメンになるそうで、あれも買って帰ればよかったなぁ。
a0223786_17361090.jpg




こちらは點子生活というお店。
ずらりドライフルーツやフルーツチップスのお土産パッケージがきれいに並んでます。

お店の方も親切で、何しろどんどん試食させて下さります。
日本がものすごくお上手な(もしかして日本人?)女性スタッフのオススメの調味料をいただくと、もうどれもこれもとっても美味しい!
a0223786_17374791.jpg

ということで、このお店でからすみペーストと生姜風味のごま油ペーストを買いました。
a0223786_09453420.jpg

買ってきたからすみで。
a0223786_09500014.jpg

からすみチャーハンも。
a0223786_09462995.jpg


タコときゅうりの冷製餡かけ。
生姜風味のごま油ペーストで味付けしました。
a0223786_09550514.jpg
このお話の続気はその5に。

by mickimchi | 2018-05-17 17:19 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(2)