<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春いっぱいナムルと、イタリアンな夕べ

新ごぼうで春いっぱいのナムル。
a0223786_12524547.jpg

ごぼうは斜め切りにしてから細切りにし、水に漬けずに塩少々でもみます。
オリーブオイルで1分ほど炒めたら火を止めて、焼いてほぐしたタラコとパルメジャーノチーズを加えて混ぜます。
火を止めてすぐに、お好みでちょっとマヨネーズをフライパンに入れてさっと混ぜると、さらにさらにコッテリ味に。
味を見て塩気がたりなければ、塩を少々。
香り付けのごま油をちょっとたらして、10分ほど冷水にさらしてしゃきっとさせて水気をとった三つ葉と和えて出来上がり。
タラコのピンク色が春っぽい。
材料は、
新ごぼう 1本
タラコ 1/2腹
パルメジャーノチーズ(おろして) 小さじ1
三つ葉 適量
塩 適量
ごま油 適量
マヨネーズ(入れなくても)

他は、最近凝っている切干し大根のキムチ。
a0223786_1353781.jpg



切干し大根をもどすのに、水にしょうゆと砂糖、イワシエキスを加えた調味液にひたすのがミソ。
もどした切干しはぎゅーっと水気をしぼって、キムチヤンニョンで和えます。

新じゃがは、じゃがバターにしてチャンジャと青のりをトッピング。
これ好きかも。
a0223786_1363487.jpg



そしてパスタは 、いつもブログにおじゃまするたび画像にかぶりつきたくなるこちらの方のレシピです。茄子のミートソース
ケチャップが入ってるんですが、深みがあってオトナの味。
ミートソースは必ず落合シェフのレシピだったんですけど、もしかして浮気してしまいそうです。


a0223786_1375057.jpg


パスタはもう少しアルデンテにすればよかった。
田舎そばみたいな、博多ラーメンの粉落としみたいなパキパキしたのが好きなんです。
by mickimchi | 2012-02-28 13:26 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(0)

春先取り!ソウル風ニース風サラダ

ソウル風ニース風サラダ。
a0223786_15584060.jpg

っていったいどこのサラダ?

ツナ缶のオイルを切って、キムチヤンニョンであえて、a0223786_16144250.jpg











季節の新じゃがもゆでて入れてみました。
オイル以外はほとんど調味料なし。
ん?というくらいキムチヤンニョンでおしゃれなサラダに。


オイルはお好きなオイルでどうぞ。
私は、ギャラリアで買ったおいしいごま油で。a0223786_1727544.jpg









a0223786_17283943.jpg

















あさりも手掘りあさりというおいしそうなのがあったので、ささっと酒蒸しして







口があいたあさりからすぐに身をはずし、蒸し汁とみそ、コチュジャンと砂糖でさっと煮てアルデンテにゆでた菜の花に添えました。
食べる時はこのあさりみそだれで和えて、菜の花のあさりみそナムル。
a0223786_10361557.jpg


あとは新ごぼうのキムチ。
ごぼう生でもおいしい!
a0223786_10371584.jpg


あれ?
今日はやけにヘルシーですね。
いえいえ、昨日焼肉食べ過ぎまして...
by mickimchi | 2012-02-24 10:43 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(2)

ソウル風に、ハサミチョキチョキ系キムチチゲ

最近、韓国に関してソンベニム(先輩)の方々のブログを拝見していると、豚肉ブロックや豆腐がゴロゴロ入ったキムチチゲ、いろいろおいしそうなお店がソウルに出現しているみたい...

ブームなのでしょうか。それともワタシが知らなかっただけ!?
「オモリチゲ」のような、すごい熟成したキムチのちょっと酸っぱいすっきりキムチチゲも好きなんですが、ハサミでチョキチョキお肉やお豆腐を切りつつ食べるキムチチゲ、あぁ、魅力的です。
本場で食べれるのいつになるやら。

で、作ってみました。
ハサミチョキチョキ系キムチチゲ。
キムチはもちろんmickimchi.com
グツグツ煮え立つチゲを食卓に持っていって、調理ばさみでチョキチョキします。
a0223786_15431977.jpg


豚バラブロック肉が大きいのしかなくて、こんなに多くてどうしようと思ったのに、気がつけば完食。

a0223786_11104114.jpg
韓国海苔も細かくして、








a0223786_13182461.jpg



ご飯にのっけて、












a0223786_13281575.jpg


キムチチゲをたっぷりかけて。









くわしい作り方は、Cpicon 豚肉ゴロゴロ♡超濃厚♪キムチチゲ by ドミニクニック
by mickimchi | 2012-02-21 13:40 | チゲ、スープ | Comments(2)

市庁(シチョン)の濃厚スンドゥブチゲ屋さん「チョンウォンスンドゥブ」

ここのスンドゥブチゲは、スープがとっても濃厚。
a0223786_10553856.jpg

熱々のスープにトロトロのとお豆腐ところころのお肉が入って、グツグツの段階で運ばれてきます。
そこに卵を落として、
a0223786_1128234.jpg
a0223786_11314952.jpg

ご飯を器に盛って、のりと豆もやしのナムルをのっけて、スンドゥブチゲを少しずつかけつつ食べると、ピリッと辛いコクのあるスープご飯にお箸、いやいやスッカラが止まりません。
平日のお昼に行ったら、近くのビジネスマンでお店は大忙し。
ワッサワッサした店内で、私たちだけがソジュでコンペー!
しばらくぶりに行ったら、扉のあたりがきれいになってました。
牡蠣入りバージョンを食べた友達も、おいしいと言ってました。a0223786_16301848.jpg














チョンウォンスンドゥプ
Tel:02-755-7139
住所:ソウル市中区西小門洞120-12
休日;日祝日、元旦、旧正月、秋夕
営業時間:10:00~22:00 土曜は~20:00

a0223786_17162278.jpg
by mickimchi | 2012-02-18 17:21 | 韓国のおいしい所 | Comments(2)

(マイ)ブームの予感、キムチチム

「キムチチム」作ってみました。
a0223786_10181477.jpg



そもそも、尊敬するこちらのお方のこの記事を読み、「ハノッチ」さんに行ってみたーいと思いつつ今だにうかがえずにいまして、とりあえず自分で作ってみようかと。

冬のソウル☆ その2 「ハノッチッ한옥집で絶品のキムチチム☆」


問題は、
何しろうち用のキムチは作った先から食べて行ってしまうので、キムチ屋のくせに古漬けキムチがない...
それで、今回はキムチチム用にちゃんと取っておきました。
熟成がすすんだ美味しそうなmickimchi。mickimchi.coma0223786_10244076.jpg














キムチと豚ブロック肉をヒタヒタのスープで煮込んでいくだけなんですが、キムチの煮込み時間は1時間以内にしないと旨味が抜けてしまうと思い、お肉は圧力鍋で前もってやわらかくしておきました。


具材に味がしみ込むのは、具材を煮ている時でなく具材が冷めていく段階なので何度も煮ては冷ましを繰り返し、
ああ、匂いで成功の予感が。


a0223786_1049199.jpg













スープをちょこっと味見しつつ、キムチをおはしで持ち上げるとトロトロです。ほとんど調味料も入れずに完成。

a0223786_10564059.jpg













ご飯をよそって、ホロホロとくずれるお肉をトロトロキムチで巻きつつご飯にのっけて。
無言で食べました。
詳しいレシピはこちら。Cpicon 豚肉とキムチのコトコト煮♡キムチチム by ドミニクニック
by mickimchi | 2012-02-11 11:05 | キムチとキムチを使ったレシピ | Comments(8)

サンボンファログイを真似て、すき焼き焼肉

ソウルに行かれた方は、こちらのお店に行かれた方もたくさんいらっしゃると思います。
もはや日本人にも人気店、サンボンファログイ。
a0223786_1412640.jpg

うすーくスライスされて整然とならぶ牛バラ肉を鉄板で焼きながら食べるスタイル、とってもお気に入りのレストランです。
オニクにかかっているソースがフルーツベースのさっぱりとしたお味で、1枚ずつ丁寧に焼いてもいいし、太っ腹の方はお箸でザーッとすくってドカッと焼いて食べてもおいしいかも。
結局追加オーダーしたような...
私は、大学路(テハンノ)店が出来てすぐにうかがったのですが、明洞や東大門からだとアックジョン店より、行きやすくって便利かもしれません。
くわしいお店の情報はソウルナビとかでご覧下さい。

しばらく食べれそうもないサンボンファログイのお味を真似て、作ってみました。
サンボンファログイ風、牛のすき焼き風焼肉。
a0223786_14281260.jpg

すき焼き用の牛肉をお皿に並べて、自家製の簡単韓国だれをタラリ。
フルーツミックスジュースを加えたタレはいろいろ使えて便利です。
Cpicon 韓国風しょうゆだれ by ドミニクニック

つけだれにもこのタレを使いました。
焼いたお肉をサニーレタスやサラダ菜にくるんでパクリ。

そして、さらにここからはワタシのアレンジ。
日本風に生卵を溶いて葉っぱに巻いたお肉にからめながら食べると...
もう、普通のすき焼きは食べれないかも。
無言のまま、焼いて巻いてパクリ、焼いて巻いてパクリ、ああ食べ過ぎた〜
by mickimchi | 2012-02-06 14:54 | 牛肉がメイン(韓流) | Comments(2)

タラの辛い鍋、メウンタン

随分前、ソウルの市庁にあるセンテメウンタン(生タラの辛み鍋)のお店で食べた、メウンタン鍋。
タライみたいな大鍋にタラのアラと内臓がごっそり入った辛い鍋です。
セリがドカッとのったお鍋の中には、エ〜ッ?という見た事も無い部分のお魚の内臓やらウッ、浮き袋?やら肝やら何やらが入っていて、パワー全開のお鍋でした。
仕事上がりに一杯やりながらお鍋をつつく地元のビジネスマンでお店はごった返してたのを覚えています。
a0223786_12133184.jpg


ハハッ、ワタシもそのへんに吊り下がってたエプロン(共同使用、もちろん使い廻し)をひっかぶってますね。

そんなお店の喧噪を思い出しながら作ってみました。タラの辛い鍋。
a0223786_121730100.jpg


材料は、この時期スーパーにならんでいるタラチリ鍋用の生タラの切り身とアラがセットになったもの。
野菜は大根と玉ねぎと長ネギ、それとセリ。
奮発してはハマグリとタラの白子。
生タラコは入手困難なので明太子。

海鮮ダシダで簡単に作った出汁に、すりおろしのニンニク、しょうが、しょうゆ、みりん、コチュジャンと韓国産唐辛子で辛目に味付けします。

タラと野菜が煮えたら、仕上げにハマグリと白子と明太を入れてハマグリの口があいたらセリをトバッと。

あっけないほど簡単に出来て、ウケもいい。
これは、うちの鍋シリーズのローテーション入りしそうです。

ごはんをよそって、ぶっかけながら食べるのが正しいです。

ただし、ソウルで食べたメウンタンの1/3くらいの分量なのに、倍以上材料費かかっちゃいました。
by mickimchi | 2012-02-03 12:41 | チゲ、スープ | Comments(0)