人気ブログランキング |

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン

網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_1159458.jpg

アックジョンで食べたおいしいランチ。
単品もそれぞれおいしいという事ですが、初めてなのでいろいろ食べられる2人分のセットを頼みました。
まずおいしそうなミッパンチャンが出てきます。
網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_1244759.jpg

暑い時期だったので、ムクサバル(どんぐり粉でできた寒天みたいなもの)もさっぱりおいしい。

ちょこちょこパンチャンをつまんでいると、いいタイミングで
網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_12925.jpg
キムチとニラのニ色のチヂミを持ってきてくれました。
うす〜く焼いた生地がパリッパリです。
キムチの味もニラの味も濃すぎずマイルド。

次に出てきたのはパサップルコギ。
網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_12121077.jpg

たたいた牛肉を薄くのばして網焼きしたのかな。
油が落ちてさっぱりしているのにジューシーです。
こちらの味付けも控えめです。

だんだんお腹がいっぱいになってきましたよ。
あと、何が出てくるんだっけ?
あっ、えごまのスジェビ!
網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_12262226.jpg

ちいさなトッペギでアツアツで登場です。
一口食べると、うんまっ。
もっちもちのスジェビ(韓国風すいとん)を濃厚な味のエゴマスープたっぷりで食べます。
まるで、クリームソースのニョッキみたいです。

あら〜、石鍋ご飯まで。テンジャンチゲ付きです。
網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_12323847.jpg

ちっちゃなちっちゃな石鍋で炊いてある、かぼちゃやナツメの入った雑穀炊き込みご飯。

大満足、大満腹のランチでした。
とはいえ野菜がいっぱいのやさしい味のお料理ばかりでしたので、心地よい満腹感という感じ。

特別高級素材を使った料理や、びっくりするものが出てくるわけではないんですが、料理する人のセンスを暖かみを感じるとってもいいお店でした。


お客さんは、おひとりでパサップルコギ定食を食べてらしたおじさん、単品でいろいろ頼んでいた仲良し女性のグループ、英語も聞こえてきましたので外国人かな?
あっ、私も外国人か。

席ごとにちいさい衝立てがありましたので、のんびりお一人様もいいかも。


チャンサラン
網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。        狎鴎亭のチャンサラン_a0223786_17292459.jpg















住所:ソウル市江南新沙洞624−47
Tel:02−546−9994
営業時間:11:30〜21:00
休日:旧正月、秋夕

アックジョンから歩いて10分ちょっとくらいかな。
雨が降ってきたのでタクシーで行ってしまいました。
by mickimchi | 2012-07-28 17:54 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)

夏バテ防止に、キムチとぐにゅぐにゅ食材のネバネバ丼 パート2

暑い季節にぴったりのネバネバ丼、第2弾!

まず、自家製の簡単なめたけ作りから。
夏バテ防止に、キムチとぐにゅぐにゅ食材のネバネバ丼 パート2_a0223786_1518141.jpg

えのき大袋1パックは根元をとって、3等分する。
鍋にえのきと、酒、みりん、しょうゆをそれぞれ大さじ2入れて中火で数分。
汁気がとんだら出来上がり。

このなめたけと、切干し大根のキムチ、白菜キムチのみじん切り、甘辛く味付けした豚そぼろ、小粒納豆、水気を軽く切ったサイコロ切りの豆腐、万能ネギ、うずら卵を盛っておいて...
夏バテ防止に、キムチとぐにゅぐにゅ食材のネバネバ丼 パート2_a0223786_1530910.jpg


これらを各自好きなだけ炊きたてご飯にのっけてまぜまぜして食べます。
豆腐から出る水気でさらさら食べたいので、あんまり豆腐は水切りせずに。

この丼、豚そぼろのかわりにしらすを入れたり、天かす加えたりいろいろバリエーションも楽しめます。

切干し大根のキムチは、切干し大根を水でなく醤油、みりん、酢、砂糖を混ぜてつくった調理液でもどすのがみそ。
それをキムチヤンニョンで和えます。市販のキムチの素でもいいと思います。
おいしいですよ〜!


自家製なめたけは保存がききますので、大量に作っておいて、後日またアップグレードねばねば丼も作りました。
お料理のタイトルは「なめたけキムチとアボカドベーコンの炊き込みご飯」。
ちょっと食べるの怖そうですが、これハマる味です。
炊き込みご飯の炊きあがりにベーコンとアボカドを時間差でのせて蒸らして、両者がとろ〜りとしたら食べごろです。
わたしはこの時バターものっけちゃう。
夏バテ防止に、キムチとぐにゅぐにゅ食材のネバネバ丼 パート2_a0223786_15425077.jpg

作り方はこちら→Cpicon なめたけキムチと♡アボカドベーコンご飯 by ドミニクニック

勇気がある方、どうぞおためし下さい。
by mickimchi | 2012-07-26 15:14 | キムチとキムチを使ったレシピ | Trackback | Comments(0)

鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。

前回のおいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。で、おじちゃんにさばいてもらったヒラメのお刺身と魚のアラの部分とアワビ、おまけのハマグリを持って案内してもらったすぐ近くの食堂に移動します。
鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_18262457.jpg





鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_18312111.jpg








大広間みたいな食堂。エアコンガンガンかかってて清潔です。


平日の午前中なのでまだすいてます。




ここで持って来た魚介をどうやって料理してもらうか、お店のおばちゃんに頼みます。
ヒラメのアラとハマグリはメウンタンにしてもらって、アワビはバターソテーで贅沢に。
ハッ、バターって韓国語でなんでしたっけ?
あせらずあわてず、スマホでNAVERの韓国語辞書でチェック。
「ポット ポックジュセヨ。」かなぁ。
まあ、わかってもらいました。

飲み物も頼んで、さーっ、食べますよ〜。
クーッ、ヒラメおいしそう。
エンガワの部分、好きなんですよね。
鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_18342873.jpg


お刺身とともささっとでてきたにサンチュやエゴマの葉にお刺身のっけて、青唐辛子(辛くない方ですからご安心を)のっけて、まず、お醤油とわさびでパク!
うんま〜いです。
さっきまで泳いでらしたんですもんね。
次は韓国味噌とコチュジャンをあわせた甘辛味噌でパク。これもいけます。
鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_1932631.jpg


ビール、もう一本頼んじゃって、メウンタン登場。

鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_19112181.jpg




さらにいい気分になってて、忘れていたアワビのバター焼き登場。





小ぶりですけど、おいしいです。
ああ、何年ぶりに食べたっけ?
アワビのバターソテー。
アワビの肝もサイコーにおいしい。

メウンタンに追加でたのんだラミョンをぶっこんで、
鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_19141623.jpg

うわぁ、このメウンタン、今までで一番好きかも。

楽しくておいしい魚市場のお勘定は、
ヒラメ(小ぶり)1匹 25,000W、アワビ2個5,000W、ハマグリはサービス。
これにはさばいてもらうのも含まれます。

食堂に移動して、ビール2本、マッコリ1本にラーメン頼んで、席代、料理代とともに32,000W
で、トータルふたりで62,000Wでした。

あの、別に朝からこんな飲まなくていいんですが...

夕方から大勢で宴会風に楽しむのも楽しいでしょうね。
カニとか、エビとかた〜くさん頼んで、みんなでワイワイ値段交渉なんていうのも。

でも、午前中に少人数かおひとりさまでのんびりするのも楽しい。
小ぶりのお魚お刺身にしてもらって、極上のメウンタン頼んで。

食堂は午前中はすいてますし、この日居らしたのは黙々とでっかいカニと格闘している若いカップル、ソジュをたのんでマイペースの地元のアジュンマなどなど。
カニと格闘してたカップル、立ち上がるとき始めて声を発せられたらああ、中国の方でした。
カニ、中国の方もお好きですよね。
そんな感じでまったり、
それぞれ好きなように頼んでらっしゃいます。

なんか、陽気なおばちゃんのお店。
あとからも観光客ゲットしてました。
鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_19275945.jpg


鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)で贅沢お刺身ブランチ、おいしいメウンタン付き。_a0223786_1929762.jpg

鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)
住所:ソウル特別市銅省区鷺梁津洞13−8
Tel:02−814−2211
営業時間:4:00〜20:00
休業日:1月1日、旧正月の連休

地下鉄1号線 鷺梁津(ノリャンジン)駅から歩道橋を渡ってすぐ。

あっ、そうだ。
水産市場なんで足元、しみてこない靴でどうぞ。
by mickimchi | 2012-07-20 14:24 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)

おいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。

韓国の市場(シジャン)が大好きというからには、やっぱり魚市場にも行ってみたいと前から思っていました。
で、行ってみましたよ、鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)。
鷺梁津(ノリャンジン)駅から歩道橋を渡ってすぐ到着。
おいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。_a0223786_15323632.jpg

わぁー、スゴい。築地みたいです。
というか、殺気だってない築地、って感じ。
おいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。_a0223786_15343213.jpg


ふたりでしたので量を考えるとあんまりいろんな種類を食べれませんから、はなからヒラメ、アワビ、タイラ貝、あたりの少数精鋭を狙ってウロウロします。

途中、エイに遭遇。おいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。_a0223786_15553774.jpg





かわいいようなかわいそうなような...







さて、愛想のいいおばちゃんのお店で値段交渉。
魚の名前の韓国語をたくさんコピーしていったんですが、なぁんだ皆さん、魚の名前の日本語をご存知です。
やっぱ、サシミサシミと騒ぐのは日本人なのでしょうか。
たくさんお店が並んでますから、どこの店でもあんまりボラれる事はないと思います。
ただ、魚介の種類によっては高めな物もありますから慎重に。
にこやかに、とはいえそれなりに必死に値段交渉成立。
韓国語が得意でなくても、値段は指を使って交渉できますしね、面白いと思います。

おいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。_a0223786_15414846.jpg













カニやエビもおいしそうですが、この横の水槽でタイやヒラメが舞踊ってましたので、小ぶりのヒラメを一匹とアワビ2個を購入。ハマグリ2個をサービスしてもらいました。

おいしくて楽しい!ソウルの魚市場で新鮮な魚介類を堪能。_a0223786_15461794.jpg



お店のおじちゃんが見事な手さばきでお刺身にしてくれます。






まな板も清潔で、見るからにおいしそうヒラメ1匹のお刺身が出来上がり。

さて、これを持ってこのお店のオススメの食堂に連れていってもらいます。

お味のレポートは次回お楽しみに。
by mickimchi | 2012-07-18 21:40 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(2)

キムチとネバネバ食材で、ネバネバご飯

ネバネバ食材 meets キムチ。
とっても相性がいいんですよ。
暑い時期に食欲なくても、ぺろり食べれます。
まず、冷や奴にキムチとしらす、オクラにひきわり納豆と万能ネギ。
キムチとネバネバ食材で、ネバネバご飯_a0223786_16363329.jpg
お醤油かけたら、思いっきりまぜまぜしてどうぞ。

もひとつおつまみで、マグロとキムチのユッケ。
お知り合いから、マグロをいただくという幸運に恵まれまして...
キムチとネバネバ食材で、ネバネバご飯_a0223786_14555922.jpg
材料は、
ネギトロ 100グラム
白菜キムチ 30グラム
松の実 大さじ1
うずらの卵 1個
長ネギ(みじん切り) 小さじ1
韓国のり(8切りサイズ) 1パック
万能ネギ(ななめ切り) 1本分
A しょうゆ 小さじ1と1/2
  砂糖 小さじ1
  ごま油 小さじ1/2
  にんにく(おろして)少々
  コチュジャン 少々
  白いりごま 小さじ1/2

1 松の実はフライパンでから煎りする。
2 キムチはみじん切りにして汁気をしぼる。
3 Aの材料を混ぜ合わせる。ごまは指でひねるようにして半ズリにして加える。
  長ネギも加える。
4 ボウルに解凍したたたき、2、3を加えて和え冷蔵庫へ。
5 食べる直前に4を冷蔵庫から出し、器に盛る。万能ネギと松の実を散らし、
  うずらの卵を割ってのせる。
6 韓国のりを巻いてどうぞ。

これを、ちょっと残しておいて〆のご飯は、ネギトロユッケのっけキムチの麦とろご飯。
キムチとネバネバ食材で、ネバネバご飯_a0223786_1458313.jpg


長芋は皮をむいてすりおろし、出汁少々でのばしておきます。
白菜キムチとカクテギも添えて。
キムチの旨味でお醤油はかけなくてもおいしいです。
by mickimchi | 2012-07-13 16:33 | キムチとキムチを使ったレシピ | Trackback | Comments(0)

麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜

スタイリッシュなモダンコリアンのレストランも、オーガニック野菜のウェルビンのお店も興味はあるんですが、一番興味があったのが、麻浦(マポ)の豚焼き肉横丁、ソグムグイ横丁です。

豚肉の塩焼き、ソグムグイを出すお店がならんでいる横丁で、それぞれのお店は特徴ある豚焼き肉を出すらしい...

ジンギスカン鍋みたいな鍋でお肉を焼いて、淵の溝みたいなところでおネギやにんにくを焼いて、最後にそこに卵を流し入れるという魅力的なヤツを出すお店とか興味をそそられつつも、

今回選んだのは我が尊敬するnaoさんの冬のソウル 22.THE FACE SHOPとソグムグイ横町で夕食の記事で見た、ポンジョムチェデポチプ(本店チェデポチプ)です。
麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_1584487.jpg
見て下さいな。おいしそうなソグムグイ。
完璧なレポートはnaoさんがなさってるので、特にワタシが書く事はないかと思っていたのですが、とってもおいしかったのでやっぱり書いちゃいます。
ソグムグイはお店のメニューでは豚首肉となってましたけど、多分肩ロースに近い部分かな?
脂の入り方がちょうど良くて、ジューシーです。
あと、カルメギサル(豚の横隔膜)も。
麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_15141667.jpg

カルメギサルとは、カモメ肉という事で、カモメの形に似たお肉の部位らしいです。
さっぱり塩味の味付けのお肉を、野菜で巻いて甘辛だれをのせて食べます。
量もそれほど多すぎずいい感じ。
自分で焼いて食べるので、お酒飲みにはいいペースで食べれます。
麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_1515982.jpg

古い建物ですが店内は清潔できれいに掃除してあります。

麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_15412987.jpg


時間がたつにつれてワイワイガヤガヤ、おやじ様方がたくさん。
麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_1546598.jpg








あれれ、コプチャンも追加で頼んじゃって、テンジャンチゲとご飯セットも...

麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_1617974.jpg
そんでもって、韓流ドラマにでてくるやけ酒飲んでるおじさんぐらい飲んじゃったです。

麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_16183663.jpg

ポンジョムチェデポチプ
住所:麻浦区(マポグ)桃花洞(ドファドン)25−8
Tel:02−712−9242
営業時間:11:00〜24:00
旧正月、秋夕休
麻浦の豚焼き肉横丁で、ディープに更けゆく夜_a0223786_16211239.jpg
by mickimchi | 2012-07-05 16:39 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(6)

鮭とカマンベールチーズのマッコリ漬け焼き

ある日、マッコリを飲みながらハタと思いました。
いつも味噌を酒、みりん、砂糖でのばした味噌床に漬けてる味噌漬け焼きを、マッコリでやったらどうだろう?
おいしそうな生鮭のハラスがスーパーにあったので、それで実験。

今回は味噌+コチュジャン+マッコリ、ミッキムチのキムチヤンニョン+マッコリ、塩麹+マッコリの3種類。

鮭とカマンベールチーズのマッコリ漬け焼き_a0223786_10253643.jpg


ラップをひろげて、3種の漬け床を塗り広げ、キッチンペーパーにくるんだ生鮭をのせてラップにくるみ冷蔵庫でねかせます。


グリルでいい感じに焼いて、ウ〜ン大成功です。3種類ともそれぞれおいしいです。マッコリのほのかな甘みで思いのほか上品な風味。
鮭とカマンベールチーズのマッコリ漬け焼き_a0223786_10234230.jpg


ついでに、カマンベールチーズと生湯葉も味噌+マッコリの味噌床に漬けておいて、カマンベールはキッチンバーナーで表面を炙りました。
バケットとともに。
鮭とカマンベールチーズのマッコリ漬け焼き_a0223786_10264762.jpg


これは、実はナカメのお蕎麦屋さんのTTP。(徹底的にパクるの略。)
このお店、お蕎麦もおいしいしおつまみ系もいいんですが、何しろこのカマンベールと生湯葉の味噌漬けの盛りつけがマイクロミニ。

文句言ってるんじゃないんですよ。
でももちょっと食べたかっただけです。でTTP。

スマホに撮ってあったそのお店のスダチ蕎麦の一枚。鮭とカマンベールチーズのマッコリ漬け焼き_a0223786_10365542.jpg

蕎麦は真似られません。
by mickimchi | 2012-07-01 10:44 | 魚介がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)