人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2018年晩秋のソウル旅⑧ 熟成寿司「匠権」

この記事の続きです。
ソウル最終日。
ランチは、去年に続いてまたまたこちらへうかがいました。
前回は高速ターミナル駅から歩いたら結構な距離だったので、今回は地下鉄9号線の新盤浦駅から歩きました。
駅前からの一本道をずっとまっすぐ歩いて、橋を渡って大通りを横断したら、右折してワンブロック目をちょっと入ったところがお店です。
道すがら、片側はゴージャスな億ション群、もう片側はテニスコートなどがあるきれいな公園を眺めながら、駅から400~500メートルくらいかな?
非常に快適なルートでわかりやすいので、新盤浦駅からいらっしゃるのをお勧めします。

さて、ワクワクしながら入店すると、ソレマウルの熟成寿司の名店という事で、すでにソウルのセレブの方々で満席です。

ランチのおまかせで。
季節感たっぷりのおつまみ。
プレゼンテーションもとっても繊細。
a0223786_17281776.jpg


浅草の老舗で修行された大将の握る熟成寿司は、本当に素晴らしい。
以前うかがったところによると、大将自ら韓国全土、美味しいお魚を探し求め、市場を通さずに仕入れたネタを、それぞれのネタにあった熟成法で熟成させるのだそう。
 
a0223786_16554407.jpg

高級店ですが、そこは韓国。
皆さん、ざっくばらんで大いに楽しんでます。
大将は日本語も堪能でユーモアたっぷりのお話上手なので、我々もリラックスしてお腹いっぱい美味しいお寿司を堪能しました。
日本人って、私のように寿司通ではない人間でもなぜかお寿司の事になると、このお魚はどこで獲れたのかな、いつ頃が旬なのかしら?どんなお魚の種類なのかな、などと色々聴きたくなるわけで、そういう日本人が大将にとっては面白いようで、楽しそうにジョークを飛ばしながら教えてくださいますよ。

a0223786_16594480.jpg



「匠権(たくみ ごん)/ 타구이곤」
住所:ソウル特別市 瑞草区 盤浦洞107-45, 韓国会館2F / 서울톡별시 서초구반포동 107-45, 한곡회관2F
Tel:02-595-1935
営業時間:12:00~22:00 (ブレイクタイム)15:00~18:00
コネスト情報

a0223786_17380535.jpg

by mickimchi | 2018-12-28 21:46 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(0)

ソウルの牡蠣専門店の味を真似て、牡蠣とトビコ のビビンバ

皆様、
メリークリスマス。
クリスマスとは全然関係ない内容の記事で恐縮でございます。

キョンボックンの牡蠣専門店の牡蠣とトビコ のビビンバが美味しかったので真似して見ましたョ。
と言っても、いつもの牡蠣ご飯にトビコ とナムルをトッピングしただけ。

まずは牡蠣ご飯を作ります。
牡蠣ご飯
材料(2人分)
牡蠣 70グラム
塩 少々
米 一合
酒 小さじ1
みりん 小さじ1
醤油 小さじ1
作り方
1 牡蠣は塩少々を加えた水でやさしく洗い、水気を切る。
2 塩少々を加えた湯に牡蠣を加えて2分間茹で、牡蠣を取り出す。
  茹で汁は取り置く。
3 牡蠣の茹で汁と調味料を合わせて計量し、200CCの出汁を作る。
4 洗って水気を切った米を土鍋に入れ、4の出汁を加える。
5 13分半ほど弱火でご飯を炊き上げ、牡蠣を加えて10分ほど蒸らす。

この上にキムチのみじん切り、錦糸卵、ニンジンナムル、細ネギの小口切り、韓国海苔をほぐしたものを乗せて。
万能醤油だれにおろしニンニク、粉唐辛子、長ネギみじん切りを加えたネギジャンを添えて。

a0223786_12282551.jpg

キムチやチャンジャと一緒にどうぞ。
a0223786_12291036.jpg



こんな感じで混ぜ混ぜ(ビビン)して。





こちらは後日作った牡蠣のスンドゥブチゲ。
作り方はこちら

a0223786_12323730.jpg

by mickimchi | 2018-12-24 07:41 | ご飯類 | Trackback | Comments(2)

2018年晩秋のソウル旅⑦ 景福宮で牡蠣とトビコのビビンバ

この記事の続きです。
さて、お夕飯をいただくまでにお腹を空かせようと市庁(シチョン)の宿泊先から景福宮(キョンボックン)までお散歩しました。  

光化門(クンファムン)から入るととても広い広場。
秋の風が気持ち良かったです。
a0223786_15243727.jpg


ソウルの北側にそびえる山、北岳山(プガッサン)を背に夕日に輝く興礼門(フンレムン)。
a0223786_14233980.jpg


そしてキョンボックンの敷地内にある「国立古宮博物館」。
朝鮮王朝の王室の美術品や家具、衣装や絵画などが展示されてる博物館です。
ここ、景福宮駅5番出口からすぐで、元旦、旧正月、秋夕当日以外は景福宮がクローズする火曜日もオープンしているので雨の日とかに行くのもオススメです。(入場無料だし)
きらびやかな王宮の美術品を見てるだけでも楽しいですよ。

a0223786_14303377.jpg



王様のお座りになった椅子と荘厳な装飾屏風。
a0223786_14332403.jpg

博物館の1Fにあるミュージアムショップがまたとても素敵。
スカーフやバッグ、陶器、ランチョンマット、アクセサリー、文具など、お土産にぴったりのセンスある小物がたくさん。
ここは以前、民画の先生に教えていただいたんですが、民芸調のものから現代風なものまで色々置いてあって町のお土産屋さんより絶対オススメですヨ。
博物館から望む景色。
a0223786_14352844.jpg


さて、その足ですぐそばの牡蠣料理専門店「統営(トンヨン)クルパッ」でお夕飯。
こちらで是非食べたかったのが統営(トンヨン)クルパッ/통영굴밥、トビコ入り牡蠣のビビンバ。
欲張って牡蠣大盛りの「特/특」を。
さらにさらにメニュー見たら、アワビのポックンパッやアワビの栄養ご飯もあったので、アワビも入れてくれるか聞いてみたらOKとのこと。
というわけでスペシャルなアワビ、トビコ入りの牡蠣のビビンバに。
a0223786_15202286.jpg

もう一品は牡蠣のスンドゥブチゲを頼んで、オットとはんぶんこに。
これも辛さがちょうど良くて牡蠣の旨味がたっぷり。
a0223786_15213687.jpg


牡蠣もお野菜もたっぷり。
「別添えのお醤油ベースのたれを少しつけながら食べてくださいね。」との事。
韓国のお客さんがコチュジャンだれを頼んだら「うちは新鮮な牡蠣の味を楽しんでいただきたいのでコチュジャンだれは用意してないんです。」的なことをお店の方がおっしゃっていました、多分。
a0223786_15215188.jpg


混ぜ混ぜするとこんな感じに。
いただくと、ホント、海鮮の旨味がブワッとひろがって、これはコチュジャンはいらないなぁ。
a0223786_15220775.jpg


4〜5人で来たオヤジ様たちは大盛りの生牡蠣やら、牡蠣のジョン(チヂミ)をおつまみに韓国焼酎を飲んでいましたヨ。

来店中も大きな発泡スチロールの箱に入った生牡蠣が統営から届いてて、新鮮な牡蠣を使ってるのがわかりました。


以前、釜山の屋台で生牡蠣を食べてアタッた友人がいるのですが、韓国で牡蠣を食べるならこういう専門店がいいかもしれませんね。

次来たら、メセンイ(カプサアオノリ)が入ったクルクッパ(牡蠣のスープご飯)も食べて見たいなぁ。
何名かで来たら、クルポッサム(豚肉と牡蠣とキムチをサンチュに巻いて食べるお料理)もいいなぁ。
a0223786_15295671.jpg

お店の前に飾ってある写真。
こちらが統営クルパッ 7,500ウォン。
牡蠣とトビコ のビビンバ、普通盛り。
こちらでも牡蠣の量、十分だったかな。
a0223786_15233767.jpg


チュクミ(小さなイイダコ)ご飯も美味しそう。
a0223786_15260380.jpg



統営(トンヨン)クルパッ 光化門店 /
住所:ソウル市鐘路区(チョンノグ)社稷路(サジッロ)130 / 서울시 종로구 사식로130
道路住所:ソウル市鐘路区(チョンノグ)社稷洞(サジットン) 80 / 서울시 종로구 사식동 80
Tel:02-736-0559


地下鉄3合線「景福宮(キョンポックン)」駅6番出口すぐ
a0223786_15270094.jpg


by mickimchi | 2018-12-19 15:13 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(0)

2018年晩秋のソウル旅⑥スンデの人気店、スンデ実録へ。

この記事の続きです。
スンデって、言わば韓国の腸詰め。
色々な野菜や春雨、餅米が入った韓国風ソーセージ。
豚の腸に、いろんな具材と牛や豚の血を入れて茹でたもの(中には血を入れないものもあります。今回うかがったお店もその系統)なんですが、詳しく説明すればするほどドツボにハマってちょい、グロい感じに伝わってしまいそうでものすごく残念。

確かに、日本人だと好きと嫌いがガッツリ別れる食べ物ではあるのですが、これが私の大好物!

例えばおつまみ。
スンデを切ってホカホカに蒸したものに塩やアミの塩辛をちょこっとつけていただいたら、これは韓国焼酎がクイクイッといっちゃうヤバいおつまみ。
寒い日に腹ペコでスンデ屋さんに駆け込めば(スンデ屋さんは24時間営業のお店が多いです)、アッツアツのスンデクッ(スンデ入りのスープ)にエゴマの粉をちょっとふりかけて口の中をヤケドをしないようにススッとすすって、ご飯がいくらでもいただける、それは素敵な食べ物なんです。

韓国のスンデの美味しいお店のスンデは、臭みも全くなくってホントに美味しいの。
なんだか力説しすぎてなかなか話の本筋に入れなくおりますのでこのあたりで。

過去にもココやらココやらココやら、と色々行っておりますが、スンデ大好き、自称スンデラバーの私としてはソウルのこのお店に行かなきゃ、スンデラバーと名乗るわけにはいくまいと思いつつ、実は今回やっと初めてうかがえた「スンデ実録」。

こちらもビョンさんのブログを読んで、是非行きたかったお店です。
まずいただいたのはビョンさん曰く、蚊取り線香みたいな「スンデステーキ」。
a0223786_16534348.jpg



クラフトビールも色々ありましたよ。
大同江(テドンガン)ペールエール/대동강 패일에일  7,000ウォン。
ビターテイストの私好みの味で、スンデステーキにぴったり。
ビーラーの方、オススメです。
a0223786_16511698.jpg


スンデステーキは2種のソース(ゴマのクリーミーソースとスイートチリソース)をつけて、付け合せのサラダと一緒にいただきます。

見た目のインパクトとは違って、臭みやクセが全然ない、これはスンデが苦手な方にもオススメです。
ナイフで切りつついただくと、カリッと焼かれた皮はシャウエッセン(いい意味でです)の食感で、ジューシーな豚肉に黒米やナッツ、緑豆などのぽりぽりっとした食感が加わってあっという間にペロリ。
お肉だけでなく穀類が入っているからお腹にヘビーじゃないのがうれしいです。
a0223786_16281734.jpg



フムフム、いろんな穀類やナッツ類が入ってるんですね。
a0223786_17092652.jpg


あといただいたのはスンデクッパ、つまりスンデスープご飯。
これがまたおいしい。
熱々の白濁スープはコクがあるのにさっぱりしてる。
a0223786_16583702.jpg



ご飯は別についてきますので、お好みでスープをご飯にかけたり、ご飯をスープに入れたり...
a0223786_17081720.jpg


スンデクッパはものすごく美味しいのですが、あまりにもアツアツで出してくれるので写真に撮ってもこんな感じになっちゃって、何がスープに入ってるかよくわからないのでお店のポスターでご勘弁下さい。


おいしそうでしょう?
お隣のご夫婦が食べていた、フカフカの蒸し器に乗せられて出てきたスンデ盛り合わせ(モドゥム スンデ)もおいしそうでしたし、若い中国人男子留学生らしきグループがガッついて食べていたスンデ鉄板炒め(スンデチョルパンポックム)も魅力的でした。
a0223786_17011055.jpg

広々としてきれいな店内。
a0223786_16555283.jpg


お店を出る頃にはお昼ご飯を食べにきたお客さんで満席。

スンデを初めてトライなさる方、このお店からスタートして下さい。
スンデを知り尽くしていらっしゃる方、こちらも是非!
a0223786_17070128.jpg




スンデ実録(スンデシルロッ)大学路(テハンノ)本店 / 순대실록 대학로본점
住所:ソウル特別市 鐘路区 東崇洞 1-41 2F / 서웋특별시 종루구 동송동 1-41, 2F
道路住所:ソウル特別市鐘路区 東キル 127, 2F / 서웋특별시 종루구 동송길 127, 2F
Tel:02-742-5338
営業時間:24時間
年中無休
HP:http://www.sundaestory.com 
ホームページ見てたらセントラルシティ店もできてるんですね。
a0223786_17020750.jpg

by mickimchi | 2018-12-14 13:04 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)

恵比寿のスンドゥブチゲ専門店「姉妹(チャメ )」 oishii

すいません。
またソウル旅レポはお休みで、恵比寿のスンドゥブチゲ屋さんの話題。
大好きなスンドゥブチゲ。
恵比寿に美味しいスンドゥブチゲの専門店があると聞いてお休みのランチにうかがってみました。

お店の界隈は、人気の飲食店が軒並み揃ってる、レストラン激戦地。
お店のオープンが11時30分だったのでその前に近くをウロウロしてたんですが、イタリアンやらベトナム料理やら、オープン前からお店の前にお客さんが並んでるところも何件もあって活気づいてますね。

こちらのお店も、オープンと同時に何組もお客さんが入ってましたよ。
a0223786_16261899.jpg


さて、メニューは、というと
いろんなスンドゥブチゲがあってナヤむなぁ。
辛さもお子さんでも大丈夫な0.5辛からピリ辛の3辛まで選べるんですね。
基本は3辛だけど、中には6辛とか7辛とかを頼む辛い物好きのツワモノもいるらしいです。
a0223786_16325001.jpg


悩んだ末に私は「牛ホルモンスンドゥブチゲ」の3辛。
コプチャンがたっぷり入っててンマー!
a0223786_16233866.jpg



オットは「豚バラ、牛スジ、豚ホルモンのトリプルスンドゥブチゲ」3辛。




スンドゥブチゲが出来上がるタイミングを見越して、直前に炊きたての石鍋ご飯を一人分ずつ出してくれます。
a0223786_16272463.jpg


写真撮り忘れちゃいましたが、サービスで出てきたもやしのナムルがびっくりするほど美味しかったです。

韓国みたいにずらっとパンチャン(おかず)が並ぶわけではないし、韓国だと600円〜7OO円で食べれるスンドゥブチゲに1000円以上?っていう感覚はあるんですが、それを差し引いてもいいお店だと思いました。

季節限定の牡蠣のスンドゥブチゲに、お店一番人気だという海鮮スペシャルスンドゥブチゲもソソられます。

a0223786_17253776.jpg



テーブル席のほかこんな座敷も。
お昼はカウンターで一人でスンドゥブチゲ、夜はサムギョプサルなんかのがっつりお肉料理や、チヂミ、おつまみも色々あるし、マッコリやチャミスルで4~5人でワイワイっていうのも楽しそう。
a0223786_16292051.jpg

チャメ(姉妹)
住所:渋谷区恵比寿南 2-1-1 萩原ビル 1F
Tel : 03-5724-4566
営業時間:11:30~24:00
無休





by mickimchi | 2018-12-08 17:20 | 外で一杯 | Trackback | Comments(4)

2018年晩秋のソウル旅⑤ やっぱり大好き、中部市場

この記事の続きです。
次の日はまず、ソウルに来たら必ず寄る中部市場に買い出しに。
ここに来るとソウルに戻って来た〜って感じでうれしくなっちゃう、大好きな市場です。
乙支路4街駅から歩いてすぐだし、海産乾物などお土産たくさん買い込んじゃったら、帰りはタクシーでもあんまりタクシー代を気にせずにソウルの中心部まで戻れる、とても便利なロケーション。
屋根付きだから雨の日でも大丈夫。

a0223786_14193327.jpg



あの、ご興味あればこちらとか、こちらをご覧下さい。
恐ろしくアナロギッシュな地図も書いてありますョ。
a0223786_14083215.jpg


a0223786_14175961.jpg


味見させていただいて美味しかったホタルイカのチョッカル(塩辛)とチャンジャをゲット。
a0223786_14054742.jpg



お店のお姉さま、覚えてていただいてうれしいな!
以前より少しふっくらと(ワタシも?)、髪なんぞカラーリングなさっててさすが!
美味しいお店は繁盛してます。
a0223786_14222063.jpg


キムチ用のアミの塩辛も、ここのお店のは美味しい。
a0223786_14052573.jpg


今回は市場一番奥の中部農産で韓国産粉唐辛子を買いました。
このお店のごま油も美味しいですよ。
a0223786_14232490.jpg

残念だったのはこのお店の近くの金物屋さんソンナム商会(ソンナムサンフェ)が閉店してたこと。
中部市場で金物類買える、とっても便利なお店だったのにがっくしです。

by mickimchi | 2018-12-03 16:14 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Trackback | Comments(0)