人気ブログランキング |

<   2020年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふわふわ豆腐のお好み焼きとそばめし

お豆腐たっぷりのふわふわお好み焼きを作りました。
お好み焼きの本場の関西出身じゃないからお好み焼きをはじめ粉モンに関しては素人ですが、久々に食べたお好み焼き、作った自分で言うのもなんですが美味しいもんですね。

生地で焼きそばをはさんだから、お好み焼きというよりは、ちゃんと言うとモダン焼きなのかな?
モダン焼きの定義すらわからないのに恐縮ですが、とりあえずふわふわ豆腐のお好み焼きの作り方です。
ふわふわ豆腐のお好み焼きとそばめし_a0223786_16083883.jpg
ふわふわの豆腐入りお好み焼きの作り方。

材料 2人分
生地
 絹ごし豆腐 180グラム
 小麦粉 大さじ1
 片栗粉 大さじ1
 塩  少々
 卵 1個
 水 大さじ1

焼きそば 1/2袋
豚バラ薄切り肉 30グラム
キャベツ 1/4個

お好み焼きソース
マヨネーズ
九条ネキ

作り方
生地の材料を全てボウルに入れ、豆腐を潰しながらよく混ぜる。
他の具材も加えて混ぜ合わせ、半分量サラダオイルを熱したフライパンに流し込み、弱火で片面4分ぐらいずつ両面をじっくり焼く。
これを2枚作ります。

片面が焼けてひっくり返すとき、ひろげたクッキングシートの上にお好み焼きをスライドさせてのせ、クッキングシートの端っこを持ってひっくり返してフライパンに戻すと失敗しないですよ。

一口大に切った豚バラ肉とキャベツの千切りを油を熱したフライパンに入れて炒め、焼きそば1/2袋もほぐし入れて炒め合わせ、お好み焼きソースで味付けした具をこの生地で挟んでお好み焼きソースとマヨネーズをかけ、九条ネギを乗せて出来上がり。



半分余った焼きそばはそばめしに。
焼きそばを細かく切って、同じく粗みじん切りにした豚バラ薄切り肉、キムチ、キャベツとご飯を炒め、お好み焼きソースと醤油、塩胡椒で味付けしました。
ふわふわ豆腐のお好み焼きとそばめし_a0223786_16094508.jpg



あとのおかずはさっぱりと。
お刺身用サーモンにほぐしたとろろ昆布をまぶし付けた「即席サーモンの昆布締め」。
煎り酒(市販品)とおろし生姜でいただきました。
ふわふわ豆腐のお好み焼きとそばめし_a0223786_16104664.jpg



「新玉ねぎのカラスミがけ」。
ペットボトルに砂糖1:塩2:ホワイトビネガー3:サラダオイル5を注ぎ、蓋を閉めてシャカシャカ振って作ったドレッシングをちょっとかけて。
ふわふわ豆腐のお好み焼きとそばめし_a0223786_16140092.jpg

by mickimchi | 2020-04-09 15:14 | あれこれおつまみ | Trackback | Comments(0)

生パスタを使ってソーキそば

みなさん、お元気でしょうか。

私は今のところ、元気でおうちでじっとしています。

ちょっと前のお夕飯。
生パスタでソーキそばを作りました。
私が考えたアイディアではありません。
石垣島ラー油で有名な返銀愛理さんが、ず〜っと前に書いてらした記事を読んだことがあって、それ以来ソーキそばを作るぞってなると必ず生パスタで作ります。

パック売りの袋麺の沖縄そばもあるけど、せっかく沖縄そば作ろ〜って思ったら、鰹だし風味のスープやソーキは自分で好みの味で作りたいじゃないですか。
そんな方には生パスタで作る沖縄そば、オススメですよ。

いつもすっごく調味料、アバウトで作るのですが、結構うまく行くのでご紹介。

やわらかく茹でた茹で豚軟骨(作り方はこちら)250グラムくらいと醤油大さじ2と1/3、きび砂糖とみりん各大さじ1と1/3とお肉がかぶるくらいの湯、酒(泡盛だとなおすばらしい)を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして汁がとろとろになるくらい、コトコトと45分から1時間ほど煮込みます。
これでソーキの味付けはオッケー。


次にそばの汁作り。
豚軟骨を茹でた茹で汁に昆布と鰹節を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、さらに5分ほど煮てからザルにあけて濾します。
このスープの分量の1/3くらいの分量のソーキの煮汁を加え味を見て塩を加えます。
そば汁ですからちょっと濃いめに味付けしておいて下さいね。

そして生パスタを袋の表示時間茹でてザルで湯を切り、器に盛ってアツアツのスープを注ぎ、ソーキとネギ、紅生姜をのせて出来上がり。

こーれぐーすがあれば最高ですがなければラー油をお好みでかけてどうぞ。
生パスタを使ってソーキそば_a0223786_16340407.jpg


おかずは「うなぎとオクラのチャンプルー」。
生パスタを使ってソーキそば_a0223786_16340909.jpg
 


「ぶり大根?なんちゃて、ぶりのカルパッチョ」。
梅酢大根(作り方はこちら)にお刺身用のぶりを薄くスライスして並べ、桜の塩漬けをパラリ。
ペットボトルに砂糖1:塩2:ホワイトビネガー3:サラダオイル5を注ぎ、蓋を閉めてシャカシャカ振って作ったドレッシングをかけました。
外に出れないけど、気分だけは春っぽく、と思って作りましたよ。
生パスタを使ってソーキそば_a0223786_16335926.jpg


「ナスとカラーピーマンの味噌炒め」。
こちらは瀬尾幸子さんのレシピ。
ナスを炒める前にやわらかくなるまで茹でるんですって。
ナスって大きく切って炒めると油たっぷり吸ってしまうのが、5分ほど茹でてからさっと炒めるとさっぱりしててやわらかく出来るんですね。
目からウロコです。
生パスタを使ってソーキそば_a0223786_16341781.jpg

タグ:
by mickimchi | 2020-04-06 12:42 | ミッキムチ家のエスニック | Trackback | Comments(2)