トロカクテギとキムチ麻婆

カクテギ、魚介との相性もいいんですよ。
a0223786_198319.jpg

まず、なるべくリーズナブルなマグロをスーパーで買ってくる。
ねぎ塩だれを作る。
(大量に作ったら焼き肉のたれや、サラダドレッシング、チャーハンの素として お使いいただけます。)
マグロをカクテギと同じくらいの大きさのサイコロ状に切ってねぎ塩だれに漬ける。
(漬け時間はお好みで。)
カクテギと和える。
食す。
ビールをたくさん飲む。
(最後の1センテンスは省いてもかまいません。)

ねぎ塩だれのレシピを簡単に。
 材料は、
 ごま油5:長ネギみじん切り3:ニンニクみじん切り3:すりゴマ2:塩2: ダシダ1:酒1:みりん1
フライパンにごま油、長ネギ、ニンニクを入れて弱火でじっくり香りを出して、残りの材料を加えていいにおいがしてきたら出来上がり。日持ちもします。

キムチマ麻婆もハマってます。
豆板醤の代わりにキムチヤンニョン、甜麺醤の代わりにコチュジャンを使って、ウェイパーの代わりにダシダを使います。
あとは、麻婆豆腐の材料と作り方で、調味料は入れずにささっと出来上がり。

a0223786_2072486.jpg


キムチヤンニョンの野菜や魚介や果物のエキスでふか〜い味に出来ますよ。
ご飯多めにたいてね。
ビールももう一本かな。
# by mickimchi | 2011-12-03 18:10 | キムチとキムチを使ったレシピ | Trackback | Comments(2)

2種類の大根キムチ

注文が入り、只今カクテギ仕込み中。
大根がおいしいこの季節、カクテギもチョンマル、マシッソヨ。
a0223786_15241972.jpg
こ〜んな感じで
a0223786_15251822.jpg

いかがでしょう?

あと、随分前の記事で、東京の秋空に舞っていた大根達は...a0223786_15482671.jpg

a0223786_154921.jpg

切干し大根キムチにしてみました。こちらもポリポリ、パリパリといい感じです。
# by mickimchi | 2011-11-28 15:50 | キムチとキムチを使ったレシピ | Trackback | Comments(6)

弘大(ホンデ)のトッポギ屋さん「パックンネ」

弘益大学(略して弘大)があるから弘大(ホンデ)。ソウルで今、一番活気のある街のひとつです。
そのホンデの活気そのままが店内にあふれているトッポギ屋さんが、ここ「パックンネ」。夜6時前というのに店内はたくさんのお客さんが。店員さんもお客さんも若いです。店名のパックンは、多分この店のオーナーか何かなのかな?
店員さんを呼ぶ時は、「チョギヨー」という代わりに「パックナー」と言う事らしいです。ちょっと恥ずかしいと思っていたら、韓国の我々と同世代らしき女性達も恥ずかしがってましたね。わたし?ソジュ飲みすすむうちだんだん楽しくなり、最後あたり大きな声で「パックナー」と叫んでました。

a0223786_941210.jpg


各テーブルに注文票の紙があり、それにチェックをして店員さんに渡すという明朗会計なシステムです。韓国語オンリーですが、トッポギはたしか海鮮(해믈)、チーズ(치즈)とキノコ(버섯)とあと何種類か(全部同金額)。それにトッピングと〆のご飯を頼むというやり方です。ラーメン(라면)とポックンパ(볶은밥)を追加してみました。a0223786_9544826.jpg

こんな感じでだんだん出来てきました。
わりとパンチがきいた辛さ。
それがとってもおいしい。

a0223786_957530.jpg



ポックンパセット登場。自分たちでまぜまぜして、好きな時に作ります。えごまがたっぷり。
これ最近ポックンパ作る時真似してます。
a0223786_9585396.jpg


うわ、また食べたくなってきた。










パックンネ
ソウル特別市麻浦区西橋洞405-18
Tel: 070-8885-3111
年中無休 (夜中までやってます。)
サンサンマダンの向かいですのですぐわかると思います。
# by mickimchi | 2011-11-26 10:17 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(0)

ソウルの屋台風に

ソウルの屋台風に晩ご飯。a0223786_1249429.jpg
まずはオジンオポックム(イカの激辛炒め)。ナッチポックムというタコの辛み炒めのイカ版ですね。
ゲソをコチュジャンとヤンニョンで炒めたものですけど、なかなかイケます。そうめんも一緒に添えて、和えながら食べるとさらに本場風ですね。

a0223786_12573831.jpg
こちらはトッポギ。見た目も味もおとなしすぎました。ソウルのフードコートで4〜5分待つとすぐ出てくるおばちゃんの作った、ラーメンとトッポギのミックス、ラッポギをイメージしたんですけど、あのジャンクさがね〜。逆に作るのむずかしい。

とはいえ、メッチュ(ビール)を飲むペースはあがり続け、
次はケランチム。
a0223786_1322814.jpg

大好きな卵料理は作るのも俄然丁寧なワタシ。このケランチムはうまく膨らむ様に作るのに何度も失敗して試行錯誤したので、今ではこのように見事に膨らみ切ったのが出来る様になりました。作り方はこちらCpicon チーズ入り♡韓国風♪茶碗蒸し♪ケランチム by ドミニクニック

さてさて、このあたりから、ソジュ(韓国焼酎)スタート。


あとは、うちのオリジナル、焼きキンパプ。あまったキンパプをフライパンで焼いたら思いのほかおいしかったので、今では定番です。a0223786_137924.jpg











そして忘れちゃならない、今宵の宴のお供!ミッキムチ!マシッソヨ。よろしければ、mickimchi.com まで。(最近我ながら宣伝多いなあ。)


a0223786_1391145.jpg

# by mickimchi | 2011-11-22 13:20 | あれこれおつまみ | Trackback | Comments(2)

たのしい市場巡り

食いしん坊のわたしにとって、ソウルの楽しみのひとつは市場巡り。まずソウルの本物の熱気を感じたければ京東市場(キョントンシジャン)へ。

漢方市場の横の生鮮食品市場に行けば、肉(骨も)、野菜、魚介、乾物とありとあらゆる食料品が並んでいます。a0223786_1485912.jpg
ここでのオススメのお土産は韓国味噌とコチュジャン。ひとつひとつ味見させてもらえて、小さいプラスチック容器に入れてくれるので、気に入ったものを何種類か買ってみてもいいと思います。
おうちで作る味噌チゲがいきなり本場の味になりますよ。


ソウル中心部東大門や明洞から近い所にある中部市場(チュンブシジャン)はお買い物ついでにちょっとした空き時間にのぞいてみるのもいいです。乾物なら、海産品から山菜や椎茸などの山のものまで、ありとあらゆるものがところせましと並べられています。いったい何種類のじゃこが売られているのか。a0223786_14263197.jpg














吊る下がってるのはイシモチかな。そういえば、韓国ドラマでおみやげでもらったイシモチの干物をみんなが喜んで食べてるシーンあったっけ。売り手の人達もここは少しのんびりムードで、見るからに見物目的の我々日本人観光客にもニコニコ。カタコトの日本語の売り込みも口調がソフトです。塩辛や明太子、ちりめんじゃこ等お土産にしても。
a0223786_14322560.jpg













韓国野菜に魅せられたわたしとしては可楽市場(カラクシジャン)の農産物市場もおもしろかった。
ここはとてつもなく広い市場で水産物や畜産物の市場もあるんですが、市場の入り口の農産物市場を見るだけでも、韓国野菜の種類の多さに驚かされます。白菜もサンチュ用の小さい物からキムチ用の大きいものまで、大根もカクテギ用大きいものからホントにちいさい姫大根まで。セリやニラもおいしそう。
a0223786_1555973.jpg


どこの市場でも唐辛子を買う事ができ、好みの細かさに挽いてもらえます。
a0223786_1584299.jpg

韓国産の唐辛子は中国産より、さわやかな辛さでこれを使うとキムチが数段おいしい。ただしお値段も数段はるし、本物の韓国産かどうかは韓国人でもわからないそう。ハングル語にイマイチ自信がなければ、ソウルマートなどのスーパーで買って下さい。同じ事はごま油も。
こちらの山盛り唐辛子の入った袋、国内産と書いてあるんで本物と思いますが...
日本には韓国産の唐辛子はほとんど入って来ないと聞いて、たくさん買ってきました。

京東市場 最寄り駅は祭基洞駅
中部市場 最寄り駅は乙支路4街駅
可楽市場 最寄り駅は可楽市場駅
# by mickimchi | 2011-11-19 15:28 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Trackback | Comments(4)