2018年晩秋のソウル旅 最終回 はじめて花サムギョプサル

この記事の続きです。
贅沢なビッグランチをいただいてお腹はそれほど空いていず、宿泊先の市庁(シチョン)から、お夕飯をいただく予定のお店のある鐘閣(チョンガッ)駅の先までお散歩しながらうかがいました。

お店は曹渓寺(チョゲサ)の手前、ちょっと行くと仁寺洞という場所。
「花サムギョプサル」と名付けられた、花のような薄切りの豚肉をさっと焼いていただくスタイルで人気の「教大二階家 光化門店 (キョデイチュンチッ クァンファムンジョム)」。
実は言うほど量が食べられないお年頃の我々夫婦。
だいたい韓国旅行の最終日のお夕飯ともなると、悲しいかな、あんましドッカンとしたものが食べられいんですよね。
そんな時の軽めのお夕飯にも良さそうなお店、と思ってチョイスしました。

さて、出て来ました。
イタリアの生ハムのコッパみたいに成形された極薄の花サムギョプサル、コッサムギョ / 꼿삼겹。
150グラム14,000ウォンで2人分から注文できます。
追加は一人分から。
a0223786_11270367.jpg



うす〜くスライスされた花サムギョプサルをさっと焼いたら、ちょっとピリ辛味風味の白髪ねぎと行者ネギをのせて、お好みでわさびか太刀魚の塩辛をつけてクルッと巻いていただきます。
言わば焼き豚しゃぶしゃぶみたいな感じ。

焼くと透明に透けてくる脂と赤身の部分の割合がちょうど良くって何枚でもいけちゃう感じです。
多分ひとりでいらしても300グラムは軽く食べられると思われます。
a0223786_11310920.jpg


サービスで出てくるピリ辛海鮮鍋をいただきつつ、焼き野菜なども箸休めにぴったり。
よもぎ餅もちょっと出てくるので焼いてみたら食感が良くってハマりました。
a0223786_11200635.jpg


そして食後は、こちらも無料サービスのソフトクリーム!
お店の入り口のすぐ横にあるソフトクリーム製造機で、セルフでいただきます。

甘いもの、特にアイスクリーム好きの夫はおかわりをしておりました。
自らソフトクリームを小躍りしながら取りに行く中年男子の後ろ姿、うれしすぎて今にもスキップしそうな感じで、不気味ながらウケました。
a0223786_11261542.jpg


店内や焼き台は、釜山のホルモン焼き屋さん街風に作ってあるとかどこかで読んだ記憶があるのですが、本場とは違って脂ギッシュ感もオイリー感もなく(私は本場の雰囲気も大好きです)、とてもきれいです。
でもちょっとレトロチックに作ってあるのがかわいらしい。

若いスタッフも親切で、慣れないお客さんには焼き方、食べ方など丁寧に教えてくれて、焼き加減が難しい厚切りサムギョプサルやモクサル(肩ロース)、ポックンパッは焼いてくれます。
さっと焼いていただく花サムギョプサルは、お客さんのペースでご自分でどうぞというのもうれしいです。
a0223786_11201289.jpg



花サムギョプサルでスタートし、サムギョやモクサル(どちらも160グラム14,000ウォン)、ポックンパッ、とガッツリいただきたい方も、ちょっと生ビールに花ギョプサル、という方にもよろしいいんじゃないですか、このお店。
牛肉のチャドルバギ(アバラ肉の薄切り)150グラム23,000ウォンなんていうのも美味しそうだったなぁ。
a0223786_11201873.jpg

人気店ということでお夕飯にはちょっと早い6時前にうかがったのでスッと入れました。
この時間帯がオススメ。

「教大二階家 光化門店 (キョデイチュンチッ クァンファムンチッ)/ 교대이층집 과화문점」
住所:ソウル特別市 鍾路区 堅志洞 110 / 서울특별시 종로구 견지동 110
道路住所:ソウル特別市 鍾路区 三峯路 95 / 서울툭별시 종로구 삼봉로 95
Tel:02-723-6692
営業時間:11:00~23:30 (L.O. 23:00)
定休日:旧正月、秋夕の当日

教大や汝矣島にもお店があります。

結局帰りものんびりお散歩しながらホテルへ。
この旅の期間は天気も良く、11月にしては暖かかったので、市庁から京福宮やら光化門、鐘閣あたりまで何度もお散歩したりして楽しい旅でした。

# by mickimchi | 2019-01-08 17:44 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)

長野にわざわざお寿司を食べに行く

皆さま
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ちょっとソウルレポはお休みさせていただいて、長野のお寿司屋さんのお話。

昨年のクリスマスの連休は軽井沢でのんびり過ごしました。
そこから、お寿司を食べに新幹線で遠征。
軽井沢で食いしん坊のお知り合いが「長野県でお寿司を食べるならココ!」とおっしゃってた、「すし崇」。
調べてみたら、江戸前の仕事をした熟成寿司がいただけるんだそう。

長野駅からタクシーで15分くらい。
優しげなおかみさんに迎えていただいて、カウンター席に座ります。
おまかせでおつまみから。
熟成鰹、鯛の昆布締めが絶品。
あん肝やら、蟹味噌やらとお酒が進んで困ります。

a0223786_14121497.jpg



さて握りへ。
赤酢の小さめのシャリ。
熟成寿司と新鮮なネタの握りが両方いただけます。
熟成鮪のヅケが倒れるほど美味しかったです。
a0223786_14122088.jpg
a0223786_14121710.jpg
見た目はちょいコワモテながら、お話もとても楽しい親方。
まだお若いけど、浅草の老舗や六本木のお店などで修行されたそうです。

ソウルでいただいてからすっかりハマってしまった熟成寿司ですが、いざ東京でいただくとなると、私にとっては目ん玉が飛び出ろ、失礼、驚くほどお値段が高いお店ばかりでしかも人気で予約が全然取れないと、ほぼ諦めムードだったんですが、これは良いお店を教えていただきました。
一年に一度はうかがいたいなぁ、と思っております。
海がない県で?と思われるかもしれませんが、絶品のお寿司がいただけますよ。

すし崇
住所:長野市県町477-15
Tel:026-235-5565
営業時間:18:00~23:30
定休日:日曜日
人気店ですので要予約

# by mickimchi | 2019-01-04 17:07 | 外で一杯 | Trackback | Comments(4)

2018年晩秋のソウル旅⑧ 熟成寿司「匠権」

この記事の続きです。
ソウル最終日。
ランチは、去年に続いてまたまたこちらへうかがいました。
前回は高速ターミナル駅から歩いたら結構な距離だったので、今回は地下鉄9号線の新盤浦駅から歩きました。
駅前からの一本道をずっとまっすぐ歩いて、橋を渡って大通りを横断したら、右折してワンブロック目をちょっと入ったところがお店です。
道すがら、片側はゴージャスな億ション群、もう片側はテニスコートなどがあるきれいな公園を眺めながら、駅から400~500メートルくらいかな?
非常に快適なルートでわかりやすいので、新盤浦駅からいらっしゃるのをお勧めします。

さて、ワクワクしながら入店すると、ソレマウルの熟成寿司の名店という事で、すでにソウルのセレブの方々で満席です。

ランチのおまかせで。
季節感たっぷりのおつまみ。
プレゼンテーションもとっても繊細。
a0223786_17281776.jpg


浅草の老舗で修行された大将の握る熟成寿司は、本当に素晴らしい。
以前うかがったところによると、大将自ら韓国全土、美味しいお魚を探し求め、市場を通さずに仕入れたネタを、それぞれのネタにあった熟成法で熟成させるのだそう。
 
a0223786_16554407.jpg

高級店ですが、そこは韓国。
皆さん、ざっくばらんで大いに楽しんでます。
大将は日本語も堪能でユーモアたっぷりのお話上手なので、我々もリラックスしてお腹いっぱい美味しいお寿司を堪能しました。
日本人って、私のように寿司通ではない人間でもなぜかお寿司の事になると、このお魚はどこで獲れたのかな、いつ頃が旬なのかしら?どんなお魚の種類なのかな、などと色々聴きたくなるわけで、そういう日本人が大将にとっては面白いようで、楽しそうにジョークを飛ばしながら教えてくださいますよ。

a0223786_16594480.jpg



「匠権(たくみ ごん)/ 타구이곤」
住所:ソウル特別市 瑞草区 盤浦洞107-45, 韓国会館2F / 서울톡별시 서초구반포동 107-45, 한곡회관2F
Tel:02-595-1935
営業時間:12:00~22:00 (ブレイクタイム)15:00~18:00
コネスト情報

a0223786_17380535.jpg

# by mickimchi | 2018-12-28 21:46 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(0)

ソウルの牡蠣専門店の味を真似て、牡蠣とトビコ のビビンバ

皆様、
メリークリスマス。
クリスマスとは全然関係ない内容の記事で恐縮でございます。

キョンボックンの牡蠣専門店の牡蠣とトビコ のビビンバが美味しかったので真似して見ましたョ。
と言っても、いつもの牡蠣ご飯にトビコ とナムルをトッピングしただけ。

まずは牡蠣ご飯を作ります。
牡蠣ご飯
材料(2人分)
牡蠣 70グラム
塩 少々
米 一合
酒 小さじ1
みりん 小さじ1
醤油 小さじ1
作り方
1 牡蠣は塩少々を加えた水でやさしく洗い、水気を切る。
2 塩少々を加えた湯に牡蠣を加えて2分間茹で、牡蠣を取り出す。
  茹で汁は取り置く。
3 牡蠣の茹で汁と調味料を合わせて計量し、200CCの出汁を作る。
4 洗って水気を切った米を土鍋に入れ、4の出汁を加える。
5 13分半ほど弱火でご飯を炊き上げ、牡蠣を加えて10分ほど蒸らす。

この上にキムチのみじん切り、錦糸卵、ニンジンナムル、細ネギの小口切り、韓国海苔をほぐしたものを乗せて。
万能醤油だれにおろしニンニク、粉唐辛子、長ネギみじん切りを加えたネギジャンを添えて。

a0223786_12282551.jpg

キムチやチャンジャと一緒にどうぞ。
a0223786_12291036.jpg



こんな感じで混ぜ混ぜ(ビビン)して。





こちらは後日作った牡蠣のスンドゥブチゲ。
作り方はこちら

a0223786_12323730.jpg

# by mickimchi | 2018-12-24 07:41 | ご飯類 | Trackback | Comments(2)

2018年晩秋のソウル旅⑦ 景福宮で牡蠣とトビコのビビンバ

この記事の続きです。
さて、お夕飯をいただくまでにお腹を空かせようと市庁(シチョン)の宿泊先から景福宮(キョンボックン)までお散歩しました。  

光化門(クンファムン)から入るととても広い広場。
秋の風が気持ち良かったです。
a0223786_15243727.jpg


ソウルの北側にそびえる山、北岳山(プガッサン)を背に夕日に輝く興礼門(フンレムン)。
a0223786_14233980.jpg


そしてキョンボックンの敷地内にある「国立古宮博物館」。
朝鮮王朝の王室の美術品や家具、衣装や絵画などが展示されてる博物館です。
ここ、景福宮駅5番出口からすぐで、元旦、旧正月、秋夕当日以外は景福宮がクローズする火曜日もオープンしているので雨の日とかに行くのもオススメです。(入場無料だし)
きらびやかな王宮の美術品を見てるだけでも楽しいですよ。

a0223786_14303377.jpg



王様のお座りになった椅子と荘厳な装飾屏風。
a0223786_14332403.jpg

博物館の1Fにあるミュージアムショップがまたとても素敵。
スカーフやバッグ、陶器、ランチョンマット、アクセサリー、文具など、お土産にぴったりのセンスある小物がたくさん。
ここは以前、民画の先生に教えていただいたんですが、民芸調のものから現代風なものまで色々置いてあって町のお土産屋さんより絶対オススメですヨ。
博物館から望む景色。
a0223786_14352844.jpg


さて、その足ですぐそばの牡蠣料理専門店「統営(トンヨン)クルパッ」でお夕飯。
こちらで是非食べたかったのが統営(トンヨン)クルパッ/통영굴밥、トビコ入り牡蠣のビビンバ。
欲張って牡蠣大盛りの「特/특」を。
さらにさらにメニュー見たら、アワビのポックンパッやアワビの栄養ご飯もあったので、アワビも入れてくれるか聞いてみたらOKとのこと。
というわけでスペシャルなアワビ、トビコ入りの牡蠣のビビンバに。
a0223786_15202286.jpg

もう一品は牡蠣のスンドゥブチゲを頼んで、オットとはんぶんこに。
これも辛さがちょうど良くて牡蠣の旨味がたっぷり。
a0223786_15213687.jpg


牡蠣もお野菜もたっぷり。
「別添えのお醤油ベースのたれを少しつけながら食べてくださいね。」との事。
韓国のお客さんがコチュジャンだれを頼んだら「うちは新鮮な牡蠣の味を楽しんでいただきたいのでコチュジャンだれは用意してないんです。」的なことをお店の方がおっしゃっていました、多分。
a0223786_15215188.jpg


混ぜ混ぜするとこんな感じに。
いただくと、ホント、海鮮の旨味がブワッとひろがって、これはコチュジャンはいらないなぁ。
a0223786_15220775.jpg


4〜5人で来たオヤジ様たちは大盛りの生牡蠣やら、牡蠣のジョン(チヂミ)をおつまみに韓国焼酎を飲んでいましたヨ。

来店中も大きな発泡スチロールの箱に入った生牡蠣が統営から届いてて、新鮮な牡蠣を使ってるのがわかりました。


以前、釜山の屋台で生牡蠣を食べてアタッた友人がいるのですが、韓国で牡蠣を食べるならこういう専門店がいいかもしれませんね。

次来たら、メセンイ(カプサアオノリ)が入ったクルクッパ(牡蠣のスープご飯)も食べて見たいなぁ。
何名かで来たら、クルポッサム(豚肉と牡蠣とキムチをサンチュに巻いて食べるお料理)もいいなぁ。
a0223786_15295671.jpg

お店の前に飾ってある写真。
こちらが統営クルパッ 7,500ウォン。
牡蠣とトビコ のビビンバ、普通盛り。
こちらでも牡蠣の量、十分だったかな。
a0223786_15233767.jpg


チュクミ(小さなイイダコ)ご飯も美味しそう。
a0223786_15260380.jpg



統営(トンヨン)クルパッ 光化門店 /
住所:ソウル市鐘路区(チョンノグ)社稷路(サジッロ)130 / 서울시 종로구 사식로130
道路住所:ソウル市鐘路区(チョンノグ)社稷洞(サジットン) 80 / 서울시 종로구 사식동 80
Tel:02-736-0559


地下鉄3合線「景福宮(キョンポックン)」駅6番出口すぐ
a0223786_15270094.jpg


# by mickimchi | 2018-12-19 15:13 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(0)