人気ブログランキング |

軽井沢でふぐを食す

なぜか、冬の軽井沢でふぐをいただきました。
場所は、中軽井沢のカツカレーの人気店「福幸亭」。
関口宏が以前、死ぬ前に最後の晩餐で何が食べたいかを問われたところ、「福幸亭のカツカレー」とおっしゃったとかで有名です。
私は残念ながらこのお店のカツカレーを食べたことはないのですが、11月から3月までお店に予約すればふぐのコースがいただけると聞き、行ってみました。

ふぐなんて何年ぶりでしょう。
まずはふぐのさしみ。
これで2人分。
贅沢すぎ。
a0223786_15524961.jpg


突き出しにもふぐの白子が。
a0223786_16002506.jpg

から揚げ。
a0223786_16020187.jpg


ふぐの白子焼き。
この日にさばいていただいたふぐがとっても大きかったそうで、白子もたっぷり。
「いつもこんなに大盛りとはいかないですよ。次回いらして白子が少ないなんておっしゃらないで下さいね。」とお店のご主人。
a0223786_16025052.jpg


ふぐちり。
a0223786_16042648.jpg


この後お雑炊を用意していただけるのですが、もうお腹いっぱいでたどり着けませんでした。
「明日、お昼ご飯にいらっしゃいますか。雑炊をご用意しておきますよ。」などと大変やさしいご主人。
しかし存分に堪能いたしましたので、丁重にお断りしました。



お店は昨年少し軽井沢駅寄りに移転されてます。
「福幸亭」
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2348-14
Tel:0267-45-8411
営業時間:11:30~13:30、17:00~20:30
定休日:水曜日
a0223786_11562055.jpg
ふぐのコースは3日前までに予約が必要。
ひとり12,000円でした。


# by mickimchi | 2019-02-20 12:05 | 外で一杯 | Trackback | Comments(6)

美味しい餃子! えびすの安兵衛@恵比寿 oishii

a0223786_16462821.jpg


餃子がとっても美味しいというウワサを聞いて行ってみました。
恵比寿の「えびすの安兵衛」。
高知から来た人気店でいつも外に行列ができてるそう。
もともとは屋台から始まったんですって。

狙い目はオープンどきの5時30分らしい。
一巡目に入れないと1時間半くらい待たなきゃなんないとかなので、ユニクロのヒートテックにウルトラライトダウンにダウンを重ね着という着ぐるみ状態の防寒着でがっつり4時45分に到着。
さすがに誰も並んでなくて、夫は恥ずかしすぎるからどこかで時間を潰してくる、との事。
い〜ですよ、い〜ですよ。
私がひとりで待ってますから。
という事でお店の外で並んでいたら、続々とお客さんが。

私の次に来た若者が教えてくれたのですが、このビニールがかぶさってるとこに待っている人用の椅子が置いてあり、そこに座って待ってればいいそうです。
フムフム、これなら少し寒さがしのげます。


a0223786_16325844.jpg

お店の準備ができたら、寒い中並んでいるお客さんのためにオープンの5時半より前にお店を開けて下さいます。
待った分、ますます期待倍増。
でも慌てず騒がず、とりあえずはビールを頼んで餃子は焼きと水のにんにく有りをひとつずつ。
あとは赤線が入ってるおすすめメニューから「ニラ玉」と「自家製チャーシュー盛り」を頼みました。
慌てず騒がずとか言いながらすぐ出て来たニラ玉の写真撮り忘れて、がっついて食べちゃいました。
a0223786_16364738.jpg


こちらは飲み物のメニュー。
大勢で来たらやかんビールがお得ですね。
a0223786_16382463.jpg


生でカンパイ!
高知の文化にもカンパイ!

a0223786_16432803.jpg


おつまみのチャンジャをいただきながら、餃子を待ちます。
a0223786_10524656.jpg


餃子は注文を受けてからひとつひとつ皮に包むという手間のかけ方。
随分待つのかなと思っていたら、思ったよりずっと早く来ました!
焼き餃子。
小ぶりでアツアツ。
ちょっと揚げ餃子の食感に近いかな?
揚げてないのにパリッパリの皮。
う〜ん、表現力が足りずにこの味を十分にお伝えできない自分がクヤシイ。
薄い皮がカリッ、肉汁がジュワーとお口の中にほとばしり、うんま〜。
諸々、問題ないようでしたらにんにく有りをお勧め。
a0223786_16275198.jpg


そのあと出て来たのが水餃子。
喉越しつるり、水餃子は飲み物だったのか、って感じ。
a0223786_16394227.jpg


水餃子はスープに入れていただいたり、焼き餃子のタレにつけて食べたりとお好みで。
a0223786_10525275.jpg

自家製チャーシュー盛りも美味しかった。
a0223786_16411486.jpg



決して広くはない店内ですが、飾られた小物たちにもあちこちに溢れる高知愛。
a0223786_16454581.jpg


締めはじゃこ飯。
たっぷりのじゃこの下には高菜とカツオ節が敷いてあります。
(けいこさん、ごめんなさい。高菜も入ってたの、思い出しましたです。)
これ、さっぱりしてて締めにピッタリ。
おうちで真似してみたいです。
a0223786_16443094.jpg


高知の屋台を連想させる雰囲気の店内。
このお店に行ったあと高知出身のお知り合いに聞いたのですが、確かに高知の人たちの飲んだ後の締めは餃子なんだそう。
なんだか本場の高知で飲みたくなってきましたよ。
a0223786_10551620.jpg

a0223786_10523459.jpg


えびすの安兵衛
住所:渋谷区恵比寿4-9-15 萩原ビル5 1F
Tel:03-3445-3008
営業時間:17:30~翌3:00
日・祝 17:30~翌1:00
予約不可です。ご注意を。


# by mickimchi | 2019-02-16 11:13 | 外で一杯 | Trackback | Comments(4)

牡蠣のチャウダー&ビストロ風おつまみ

美味しそうな牡蠣をスーパーで見つけたので、牡蠣のチャウダーを作りました。
プリプリの牡蠣と牡蠣のエキスが染み出たスープ。
簡単なのに美味しくできたのでご紹介。

a0223786_16455677.jpg
牡蠣のチャウダー
材料(2人分)
牡蠣(加熱用)200グラム
ベーコン 30グラム
じゃがいも 1個(5ミリの角切り)
ニンジン 1/3本(5ミリの角切り)
長ネギ 1/3本(小口切り)
玉ねぎ 1/4個(5ミリの角切り)
セロリ 1/4本(5ミリの角切り)
白ワイン 50CC
水 50CC
牛乳 300CC
生クリーム 50CC
薄力粉 大さじ1
バター 大さじ1
塩胡椒 適宜
カレー粉 適宜
ナツメグ 適宜
パセリ 適宜

作り方
1 塩水でよく洗った牡蠣を白ワインと水とともに小鍋に入れて中火にかけ、沸いてから2分茹でて取り出し、煮汁を濾しておく。
2 鍋にバターを溶かして長ネギと玉ねぎ、ベーコンを入れて炒め、ほかの野菜も加えて白ワインと牡蠣の煮汁を加えて野菜がやわらかくなるまで煮込む。
3 別の鍋にバターと薄力粉を入れて弱火にかけ、木べらで混ぜ合わせながら粉の腰が切れてさらっと滑らかになるまで炒める。
4 3のルーがフツフツと泡立って粉の粘りが取れたら温めた牛乳を少しずつ加える。
5 4を練り合わせながら弱火で煮る。
6 2の鍋に5のベシャメルソース、生クリーム、カレー粉,、ナツメグを加えて混ぜ合わせながら弱火にかけ、煮立ったら牡蠣を入れる。
7 牡蠣が温まったら火を止めてパセリをふりかける。

今回は5分ほど塩茹でにした芽キャベツも入れました。


チャウダーに合わせておつまみもビストロ風に。
「鯵のエスカベッシュ」。
小麦粉を振った鯵を揚げ焼きにして、玉ねぎたっぷりのシェリービネガーベースの漬け汁に漬け込みました。
実はお魚をおろすのが下手っぴなので、練習がてら。
ほら、ちょっと不格好でもエスカベッシュにしちゃったらわかんないからね。
って思ってたら、そういう時にかぎってうまく捌けましたよ、トホホ。
洋風南蛮漬けみたいでさっぱりです。
頑張ってお魚おろさなくても、サーモンやチキンでも美味しいです。
a0223786_16484678.jpg



「ウフマヨ」
自家製マヨをトロトロ半熟卵にたっぷりかけて。
a0223786_16252990.jpg




「鮭とイクラのポテトサラダ」。
余っていた塩鮭のほぐし身を加えた即興ポテトサラダ。
菜の花のみじん切りも振って春色にしてみました。
a0223786_16243570.jpg

# by mickimchi | 2019-02-11 16:19 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

寒い日に「釜山式ナクチポックン、コプチャン海老入り。ナッコプセ」風。

こんばんは。
明日は東京でも雪の予報。
テレビで森田さんが「明日は朝から夕方ごろまで東京でも雪が降り続けそうです。」と今しゃべってます。

さて、そんな寒い日に「釜山式ナクチポックン、コプチャン海老入り。ナッコプセ」風お鍋はいかがでしょうか?

なんだかおまじないみたいなネーミングですが、「ナクチポックン」は「ナクチ」つまり韓国語で手長ダコを「ポックン」つまり韓国語で炒めるお料理。
ソウル式のナクチポックンがスープなしの辛〜い手長ダコ炒めなのに対し、釜山のナクチポックンはスープたっぷりの手長ダコと野菜が入ったお鍋なんです。

この釜山式のナクチポックンのお鍋に、手長ダコのの他に牛ホルモンと海老が入ったのが「ナッコプセ」。
ナクチの「ナッ」とコプチャンの「コプ」、海老の韓国語「セウ」の「セ」を合わせて「ナッコプセ」っていうわけ。

これが私の大好物。
最近では釜山だけでなくソウルでもこの釜山式のナッコプセを出すお店も出てきてうれしい限りです。
去年、大邱の東城路で食べたナッコプセも美味しかったなぁ。→

a0223786_17425256.jpg

でも日本ではなかなか食べられるお店もなく、手長ダコも手に入りにくい。

ということで、私が作るのはナクチではなくてイカを使った「イカコプセ」。

具材はイカとイカゲソ、コプチャン、海老の他にキャベツ、玉ねぎと九条ネギ、春雨。
作り方はこちら。(海老を加えて下さい。)

寒い時期にはうちの食卓に何度も登場する定番鍋です。

a0223786_17035593.jpg


お鍋の締めにおうどんやラーメンを入れるのも美味しいのですが、私は白ごはんにこのナッコプセをぶっかけてスプーンでかっこんでいただくのが好き。
a0223786_17312233.jpg


辛〜いお鍋のお供は、韓国風の玉子焼き、溶けるチーズ乗せ、「チーズケランマリ」を作ります。
唐辛子の辛味がトロリとした玉子焼きで緩和しますよ。

皆様、明日は雪道で転ばぬようにご注意下さいませ。
a0223786_17363385.jpg

# by mickimchi | 2019-02-08 17:40 | 魚介がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)

日本の食材でスペインタパス。おうちバルを楽しもう!

おうちでバルめし。
と言っても、フツーのスーパーで売ってるフツーの日本の素材で、気軽に作るスペインタパスをいろいろ並べて。

まずはスーパーで売ってる塩だらで作る、スペインタパス。
本来は干し鱈で作るんですが、塩だらで簡単に。

最初は「鱈の一口コロッケ」。

鍋に、塩だらと塩だらがひたひたになるくらいの分量の水と牛乳を1:1の割合で入れて火にかけ、数分茹でて塩だらに火が通ったら火を止めます。
煮汁を捨てて塩だらの表面の水分をペーパータオルで拭きます。
ボウルにこのたらとマッシュポテトを入れてたらをほぐしながら混ぜ合わせ、おろしニンニク、塩少々と5分立てにした生クリーム少々を加えてタラのペーストを作っておきます。

これを一口大に丸めて、小麦粉、溶き卵、パン粉を順につけ、少量の油で揚げたら出来上がり。

a0223786_16340378.jpg


こちらも塩ダラを使ったスペインオムレツ。
こちらは夫作。
スペインのサンセバスチャンのバルで食べた思い出の味です。
a0223786_16351998.jpg



和風パンタパスの第一弾。
低温で焼いたバゲットにいろいろおかずを乗っけて。
こういうおつまみは、アドリブで何を乗っけるか楽しめるので作るのが面白いですよね。
冷蔵庫の残り物を探しつつ、この日は
写真の左から、
オイルしらすマヨ、鱈ポテトマヨ、はんぺんカニカママヨのパンタパス。
a0223786_16375888.jpg


オイルしらすはうちの常備菜。
a0223786_13583366.jpg
しらす干しって賞味期限が割と短くて使い切れないことが多いので、あまったらさっと茹でて水気を取り、ニンニクのみじん切り、赤唐辛子、塩少々とともに煮沸消毒した保存ビンに入れ、オリーブオイルを注ぎ入れて保存してます。
こうすると1週間ほど日持ちして、サラダやパスタに加えたり、チャーハンの具にしたりと重宝しますよ。

鱈ポテトマヨは↑の鱈の一口コロッケで作ったタラのペーストにマヨネーズを加えて作った鱈のポテトサラダです。

はんぺんカニカママヨは手で潰したはんぺんに咲いたカニカマとマヨネーズを合わせたものです。

お次も和風パンタパス。
バゲットにクリームチーズを乗せて、かまぼことカニカマ、いぶりがっこの粗みじん切りをトッピング。
a0223786_16390626.jpg


メインにもなるお肉料理、カジョスも作ればワイワイガヤガヤお友達を呼んで気軽なワインパーティができそう。

作り方はこちらです。
a0223786_16395518.jpg

塩だら、しらす干し、カニカマにはんぺん、かまぼこ、いぶりがっこと和風素材で色々アドリブ、楽しんでます。


# by mickimchi | 2019-02-05 17:02 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)