人気ブログランキング |

タグ:ソウル ( 105 ) タグの人気記事

かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。

先月行ったソウル旅行。
いずれはその時の模様をレポしようと思ってはいるのですがいつになるやら...
で、とりあえず前記事で宣言した通り、かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」のお話を。

在韓の日本人のブロガーさん達がこのお店の記事を載っけてらっしゃって、中にはメニューを詳しく説明してくださってる方も。
それを見て是非とも行きたかったお店なんです。

場所は狎鴎亭(アックジョン)駅と新沙(シンサ)駅の中間の大通り沿いに面したビルの地下。
道をへだててマーケーットOが向かい側にあります。
狎鴎亭駅から歩いたんですが、やっぱ江南って目的地までの道のりが遠く感じる。
道が広くて車の交通量が多いからかなぁ。
なんか歩道歩いてても途中でグッタリしちゃうのは私だけだろうか。
おおよそ10分くらいでやっとこさ「バラッ」に到着し、念願のかに味噌入りかにのビビンバ(ケサルビビンバ/게살비빔밥)と、うにのビビンバ(ソンゲビビンバ/성게비빔밥)を注文しました。

かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10364669.jpg


さてさて、おいしそうなパンチャンとサラダがまず運ばれてきて...
お皿もステキ。
それぞれのパンチャンもものすごくおいしい。
ビールはお気に入りのKlaud。
ひゃ〜、ウダウダ言いながら歩いてきた甲斐がありました。

かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10361550.jpg


サラダにかかってるドレッシングも絶妙なお味。
かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10361034.jpg


こうなると、かにとうにのビビンバのお味も期待大。
ワクワク、ソワソワと待っていると、すぐに登場。
かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10362097.jpg


うにのビビンバと、
かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10364026.jpg


かに味噌入りかにのビビンバ。
かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10365292.jpg


どっちがおいしかったと言いますと、どちらも負けず劣らずおいしかった!
かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_1036557.jpg


開店と同時に入ったお店の様子。
この後続々お客さんが入ってきましたよ。

個室はマダムの集まりやら、ビジナスランチの方々で、テーブル席は買い物帰りの仲良し親子やら、お昼休みの景気のいいOLグループやらでいっぱいに。

個室のお客さんはランチコースの方が多かったです。
豪華なお刺身の盛り合わせから始まって、ジュウジュウ音を立てたアワビ丸焼き、焼き魚などまるで竜宮城のごちそうみたいのが運ばれていきましたよ。

となりのOLさんが食べてた、焼き魚定食もおいそうだったし、夏は水刺身(ムルフェ)のカルグクスもおいしそう。
水刺身のカルグクスは「Tasty Road」でパクスジンが食べてたのを観たんです。

あとはこれまた夏限定のメイタ鰈のよもぎスープも興味あり。
次回は夏に来てみたいです。
かに味噌入りかにのビビンバと、うにのビビンバがおいしかった江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」。_a0223786_10355894.jpg


바랗 (バラッ)
「バラッ」HP
コネスト地図
by mickimchi | 2015-12-25 12:16 | Trackback | Comments(4)

ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた

かに味噌入りかにのビビンバ、作ってみました。
先月行ったソウル旅行で、ソウルの江南にある海鮮韓国料理のレストラン「バラッ」のかに味噌入りかにのビビンバがとってもおいしかったので、ちょっと真似して。
ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた_a0223786_208043.jpg


先月のソウル旅行で、その江南の「バラッ」でかに味噌入りかにのビビンバとウニビビンバを食べて感激した後行った、新世界百貨店本店新館の地下で買った、ウニの缶詰めとかに味噌の瓶詰め。

売り場のおばちゃんがやっていた試食コーナーで味見したら、ホントおいしかったので。

全然知らなかったんですが、去年、新世界デパート地下食品売場がリニューアルオープンしてさらに高級感あふれる「新世界フードマーケット」になってたんですね。

以前えっこらやっこら、はるばるたどり着いた高級食品マーケット「SSG」の商品も揃ってるってこちらのブログで教えていただいて行ってみました。
ソウルナビ記事にも詳しく出てたんですね。
へ〜ぇ、リトル江南ですって。

明洞や南大門市場からも徒歩圏内ですし、あの喧騒が苦手な方は地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅7番出口方面からも直結してるのでちょっと江南の雰囲気楽しむのもいいかもです。
なにしろ売り子のおばちゃんの呼び込みがない。
キムチ売場が小さかったのがキムチ屋としては残念でしたが...


ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた_a0223786_20112467.jpg


さて、前置きが長くなりましたが、今回使ったのはこちらのかに味噌。
日本のかに味噌の缶詰めや瓶詰めとちがって、アンモニア臭がしないんです。
まさに、かに味噌だけを詰めた感じ。

ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた_a0223786_20112723.jpg

このかに味噌に、かに、紫たまねぎ、ブロッコリースプラウト、松の実、韓国のり、サラダ用の赤茎ほうれん草。
これをご飯にのっけてよ〜く混ぜ混ぜして食べました。

お好みでチョコチュジャン(砂糖1:はちみつ1:酢2:コチュジャン6:炭酸水1に、にんにくすりおろしと白いりごまを合わせたもの)と、ピリ辛、ケジャン風ヤンニョンを加えて。
ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた_a0223786_208329.jpg



かに味噌は、後日かに味噌入りかにのトマトクリームパスタなんぞにも。
ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた_a0223786_2011590.jpg


これが、ソウルの海鮮韓国料理のレストラン「バラッ」のかに味噌入りかにのビビンバ。
ソウルのおみやげ 新世界フードマーケット編  韓国のかに味噌で、かに味噌入りかにのビビンバ作ってみた_a0223786_10485834.jpg

先月行ったソウル旅行のレポ、いったいいつ書けるか検討もつかないので、次回はその海鮮韓国料理のレストラン「バラッ」の模様をお伝えすることにします。
by mickimchi | 2015-12-19 10:54 | Trackback | Comments(8)

ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ

ソウル、地下鉄1号線祭基洞(チェギドン)駅近くの京東市場(キョンドンシジャン)。

高麗人参や韓方薬のもとになる薬草、韓薬剤の卸売店や、韓方薬局、韓方クリニックなど韓方関連店が並ぶ韓国最大の韓方市場「ソウル薬令市(ヤンニョンシ)」と、野菜や肉類、魚介類まで生鮮食品がずらりそろう在来市場があり、いつも人々でごった返しています。
大好きなソウルの市場のひとつ。
今回のソウル滞在中も一度、お夕飯に向う途中で寄ってみました。

で、まず向かったのは「東明人参、동명인삼 (トンミョンインサム) 」。
ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11343282.jpg

前回に続き、また行ってみたのよ。懲りもせず。

手前に見えるカプセルに入った、霊験あらたかそうな韓方粉を扱うお店として日本人女性には有名ですが、実際はお店の半分は参鶏湯や薬膳料理に使う韓方の薬草やナッツ類を扱うお店。
ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11302274.jpg


前回行ったときゲットした魔法の白い粉を色々と試してみたところ、なんだか効くような気がするものがありまして 。(夫は何も効いていないようだと言うが、老眼のせいだと思われる...)

少し価格がアップしたものもあるようですね。
今回は効いたようなものだけ買いました。
平成の世だけでなく、昭和の世も長いこと生きた私のようなモンに効く韓方粉。
フッチュク(흑축)。
シミ、クスミに効く(らしい)。
200グラムで5000ウォン。

あとは今回お初のトサジャ(토사자)も。
シミ、クスミ、老人性イボ?(イボはまだないが...)に効くんだって。
トサジャは中国産は1/3の値段で売ってましたが、ま、せっかくなんで張り込んで韓国産。
200グラム250000ウォン。
とはいえ、ヨーグルトパックで、50回分くらいあると思いますから、まあ良しとしますか。

まだ効果は定かではないですが、地黒なのに敏感肌、日本の市販の化粧品がほぼNGなかわいそうな私の肌にも心地よい使用感です。
両方とも気に入りました。

お若い方に合うのはまた全然違う韓方粉のようですから、ご興味を持たれたら色々と試して下さいませ。

「東明人参、동명인삼 (トンミョンインサム) 」コネスト地図


ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11303763.jpg


魔法の粉の次は、青果、肉、魚介、乾物類を扱う在来市場に行って、食料やら調味料やらを調達。

そして、今回京東市場に来た最大の理由。
それは、幻のキノコ、コウタケ(香茸)を買うのだ!

信州に行く機会が多いので、毎年数回はお相伴に預かる機会がある松茸。
それがなんか今年、全然食べる機会に恵まれず、トホホって思ってたところ、「韓国には松茸以上に珍重される、コウタケ(香茸)というキノコがある。」というのを小耳に挟んだのです。
なんでも、そのかぐわしい香りは松茸以上だそうで、是非食べてみたいなぁと。

この度の間、景福宮(キョンポックン)の創作ククスと創作クッパのお店で、このコウタケ入りの鶏のクッパの美味しかったこと。
このことはまたブログに書くつもりです、いつの日にか。

それで、市場で干しコウタケを是非買って帰ろうと思い立ちました。

市場の1Fの乾物、キノコを扱うお店がまとまってるところで、「ヌンイボソッ(コウタケのこと) ありますか?」と聞くとすぐにコウタケを売っているお店を教えてくれました。
ここ、「大井物産(テジョンムルサン)」。
ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11312325.jpg


日本人がわざわざこの店を訪れるということは松茸狙いと完全に思われて、松茸を非常に勧められましたが...

ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11313777.jpg


私が欲しいのはこちら。
コウタケ(香茸)、ヌンイボソッ!

やっと会えたね!(どこかで聞いたセリフ)。
ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11312984.jpg

大きいパックが50000ウォン、小さいパックが30000ウォン。
キノコとしては高価ですが、まわりにディスプレイされた松茸の値段に比べたらリーズナブルに思えてくる。

お店のお姉さんの対応も良いです。
お店の写真撮っていいか聞いたら、写真撮るなら松茸撮ってよってことで、お店の2Fの国産松茸が並んでるとこに連れてってくれました。

1パック280000ウォンだって。
多分1キロ。(もしかして500グラム? 松茸、あんまり手に持ってみたことがないので、1本どのくらいの重さか検討がつかないです。来年も行って確認してきます。)
ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_1131451.jpg


さっき調べたらソウルナビにもお店の詳細
が出てます。
有名店なんですね。

ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11294872.jpg


もし京東市場に行く機会があったらコウタケいかがですか?
この干しコウタケを使って、炊き込みご飯やスープを作ったら最高においしかったです。
それはまた次回ご紹介しますね。
ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ_a0223786_11315927.jpg


で、大邱(テグ)をメインに韓国でいつも美味しいものを食べてらっしゃるYuckyさんに、松茸食べつくされたら、松茸だけじゃなくてコウタケも美味しいらしいですよとブログにコメントを差し上げたら、早速大邱のキノコ専門店で食べてらしたそうです。

2015年 落ち葉の大邱 ③ 大邱でキノコを食べるならここ! コヒャントゥル(고향뜰)

おいしそうですね。
いいな、いいな、いいなぁ。
by mickimchi | 2015-11-16 17:10 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Trackback | Comments(14)

2015年、晩秋のソウルで食べたもの

11月の初旬、ソウルに行ってきました。
この時期のソウルの気候は最高に好き。
雨の心配も少なく、凍てつく冬にはまだ間があるし、そろそろあったかいチゲが食べたい季節。

で、いろいろ食べたモンを覚えてるうちに。
詳しいレポはまた改めて。

初日のお昼は東大門の焼き魚通りの「ホナムチプ」で、焼きサワラ定食とチョングッチャン。
実は初めて行ったんですが、噂に違わぬ味でした。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_13525951.jpg


お夕飯は弘大(ホンデ)近くの延南洞の「ペダルパプスル」でお店自慢のおつまみおまかせコース。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_13553215.jpg


2日目は景福宮(キョンポックン)の素敵な創作麺と創作クッパのお店「サバル」でランチ。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_14181222.jpg


夕方日が高いうちから、梨泰院(イテウォン)の人気メキシカン「VATOS」で、
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_1575920.jpg

コロナリータ飲みつつ、フライドポテトの豚キムチのせ。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_1418462.jpg


3日目のお昼はのどかな農村で、
ウソウソ、水原の民俗村で、
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_1419467.jpg


キムチチヂミ。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_1419926.jpg


夜は本場白岳の白岳スンデ。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_14194922.jpg


2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_18222779.jpg


最終日は、新沙洞の「バラッ」で、カニとカニ味噌ビビンバに、うにビビンバ。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_13561430.jpg


夜は、京東市場で。
店名が「麻薬肉」。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_1356553.jpg


で、麻薬肉。
2015年、晩秋のソウルで食べたもの_a0223786_1417664.jpg


楽しく食べ過ぎた旅でした。

韓国旅行中、ホテルでテレビ観るのが好きって、変な趣味がある私。
最近特に好きなのが、「Tasty Road」というグルメ番組と「三食ごはん」っていうバラエティ番組。

「Tasty Road」っていうのは、若い美人MCふたりが韓国のおいしいレストランを食べ歩き、グルメレポートする番組なんですが、ふたりの美しいお顔からは想像できない、大口開けてのものすごい食べっぷりと、歯に絹着せぬしゃべりがおもしろい。

特に好きなのは年上の(といっても30そこそこと思われます)、言わば姉御肌の女性の方。
スタイルは抜群なんですが、おいしい食べ物を前にした時の表情は獲物をねらう女豹のよう。

そして、食べっぷりだけは一丁前の年下の妹分にちょくちょく入る、姉御からの鉄拳指導というか教育的指導がおもしろい、

たとえば、網焼きでタッカルビを食べさせるお店で、妹分が鶏肉の一切れを焦がしてしまった時の彼女の怒り。
「な、なんで、こんなおいしい鶏肉を、焦がすという無謀で愚かななことをあんたはするんじゃい!」みたいな事(多分)を、持ってる箸を振り回しながら大声で叫ぶわけです。

ま、番組の構成が上手いんだと思いますが思わず笑っちゃう。

で、日本に帰って知ったんですが、その姉御がな、なんとペヨンジュン氏の奥さんになった人だったそう。

韓国語を習ってる先生からそのことを聞いてきた夫が、転げるように家に帰ってきて息せき切って(歳のせいもある)教えてくれました。

え〜っ!
私、ペヨンジュン氏に特別思い入れがある方ではないんですが、それにしても全然印象が違うおふたり。
だって、草原で風に吹かれながら草を食むようなペヨンジュンのイメージと、獲物を狙う女豹みたいな彼女。
美人でお顔が求心顏だからさらにそんな雰囲気なんです。
でも案外そういう一見ミスマッチなカップルがうまくいくのかもしれません。

って、今Mnetで日本でも観られるんですね。
で、さっそくMnet登録してしまいました。
「三食ごはん」も観れる!
2PMのテギョンも出てますよ。
ってもうみんなご存知なんでしょうね。
by mickimchi | 2015-11-12 18:47 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(6)

2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で

さて、キムチ食材の仕入れやらでアチコチ行って、お夕飯はどこにしようと思ったら、夫が「カロスキルでスマホのかわいいケースが買いたい。」と、なんだかティーンエイジャーの乙女のような事を言いだして。

スマホの機種やスマホをデコったりする事に全く何の興味もない私にしてみれば、「はぁ?」みたいなハナシなんですが、お昼は私のリクエストでスンデ屋さんに行ったもんですから、夫に付き合ってカロスキルをウロウロ。

乙女のように何にするかさんざん迷って、やっとお気に入りのスマホケースをゲットでき、うれしがる夫。
私にはよく理解ができません。

で、ついでに歩いてる時見つけた「オチュ カロスキル店」でお夕飯する事にしました。

「オチュ」は、チュクミと呼ばれるイイダコを、辛いソースで炒め煮したチュクミポックムを、チーズにつけてフォンデュみたいに食べるお料理で人気のお店で、大学路や弘大などにもお店があります。

さっきコネストで見たら、「オチュ」という店名は「オーマイゴッドチュクミ」を略したものなんだって。
ま、なんかわかったようなわかんないような店名ですが。

2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で_a0223786_1615883.jpg


メニューは、イイダコの辛炒め、「チュクミ」、チュクミとサムギョプサルの「チュサミ」、チュクミと鶏肉の辛いための「チュココ」、全部入りの「チュサムコ」。

それにフォンデュにするチーズ、追加にうどんやトッポギ、ポックンパにするご飯などなど。

2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で_a0223786_1621684.jpg

チュサミを頼んで。
2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で_a0223786_1614154.jpg

お店の若いお兄さんが炒めてくれます。
豆もやしもたっぷり。
2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で_a0223786_1614398.jpg
で、炒まったら食べますよ〜。
うま〜。
でも結構辛いんですよ、これが。

最初は、チーズにフォンデュするのが、チュクミについた真っ赤なソースでチーズまで赤くなるのになんとなく違和感があったんですが、チーズが辛味を抑えてくれるんで、すっかりそんな違和感も忘れ、ドボドボつけつつ食べ進みました。
2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で_a0223786_1614874.jpg

大盛りのサラダもサービスでついてきます。
(写真撮り忘れたけど。)
そんな大盛りじゃなくてもいいのに、って思ってたけど、このサラダを一緒に食べると辛味がおさまるので、あっという間に完食。


で、〆のポックンパまで楽しみました。
お鍋にちょっと残ったイイダコのいい出汁が出た旨みたっぷりの煮汁。
それにご飯を入れて、お店の兄さんがささっと炒め合わせてくれます。
これがまたいいお味。
2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で_a0223786_1615587.jpg
チュクミポックムって、地元のオヤジたちがソジュ(韓国焼酎)飲みながら、ちょっと古ぼけたなじみのお店で食べる感じの印象がありますが、ここは若い男女がフルーツシャーベットマッコリを飲みながらワイワイ楽しむ感じのお店。
よく混んでるだけあって、おいしかったです。

で、混み始めた店内で、間違いなく最年長の我々夫婦は、シャーベットマッコリではなくオヤジの友、ソジュを飲みながらソウル最後の夜を堪能しました。


by mickimchi | 2015-10-30 15:59 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(8)

2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん

2015年春ソウル旅その4 の続き。
さてソウル最終日。
キムチ素材の買い出しやらなんやらで、大忙し。

で、チャチャッとランチ、とはいえスンデラバーとしてはやはり一回はスンデ食べとかなきゃってことで、駅三(ヨクサン)のペッカムワンスンデへ。
スンデって、韓国式の豚の腸詰めのことでそのインパクトが強い見た目と、少しクセのある味で、好ききらいが大きく分かれる食べ物。
私は、このスンデが意味もなく好きでして。

ペッカム(白岩)ワン(王)スンデ、いろいろな所に店舗があるお店。
京義道の白岩発祥の白岩式のスンデのことを「白岩スンデ」と呼ぶそうで、他のスンデより野菜がたっぷり入ったクセのない味だそう。


オルクニタン(辛いスープとご飯)とクッパッ(スンデ入りの豚のお肉のスープとご飯)を頼んで。
2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12341429.jpg



夫が頼んだオルクニタン。
トッペギに入ったスープがグツグツと美味しそう!
これとは別にご飯がついてきます。
2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12341866.jpg

野菜も豚肉もスンデもたっぷり。
スープもしっかり辛いけどウマ〜。
2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12344476.jpg

わたしの頼んだクッパッ。
柔らかく煮込んだ豚のいろいろな部位とスンデがた〜っぷりのクッ(スープ)にご飯が別々についてきます。
ご飯にかけかけ食べると、お箸が、いえいえスッカラ(スプーン)が止まりません。
2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12343854.jpg

我々が注文したあと入ってきたお客さんが、「スンデマンクッ」っていうスンデだけ入ったスープ頼んでる人がいて、内心、ああそっちにすればよかったかな、って思ったけど、柔らかく煮られたいろいろな部位の豚肉もそれはそれはおいしくて大々満足です。

2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12344183.jpg

で、ガツガツと食べ進みハッと我に返って周りを見ると、みなさんスープに入ってるスンデをですね、ご飯の入ってるステンレス製のご飯茶碗の蓋を裏ッ返してちょこんと並べてのせてるんです。

なぜかなぁと思ったら、ほら、いつまでも熱々のスープの中に入れとくと、スンデがいつまでたっても熱すぎて食べられないんで、ちょっと冷ましつつ食べてるわけ。

私?もちろん真似っこして、すっかり地元のスンデ好きおばさんと化して、蓋にのっけつつ食べました。



駅三駅すぐそばにももう一軒、ペッカムワンスンデの店舗があるみたいですね。

2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_15060239.jpg
ペッカムワンスンデ 駅三店 (백암왕순대 역삼점)

住所:ソウル特別市 江南区彦州路(カンナムグオンジュロ)97ギル7(강남구 언주로97길 7)
Tel:02-565-4798
ここにもお店情報が載ってました。
地図


2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12353270.jpg
で、スンデ屋さんを出たすぐそばに偶然見つけた「新羅ステイ」。
ソウルナビによると、新羅ホテルよりリーズナブルな価格で上質なステイができるビジネスホテルだそう。
で、ちょっと偵察。

まさかスンデクッパ食べてきた帰りとは思われますまい。
2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん_a0223786_12354371.jpg


おしゃれなロビー。

ビジネス客がほとんどみたいです。
ちょっと駅から遠いかな?

by mickimchi | 2015-10-27 14:10 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(6)

2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール

さて、2015年春ソウルレポの続き、ソウル3日目。

友人家族はこの日の夕方の便で東京に帰るので、早めのお昼ご飯にお連れしたのははとっておき、大好きなソルロンタンの名店、ヌティナム

2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_9472477.jpg



私はここのキムチが大好き。
友人には少しニンニクが効きすぎかな。
ちょっとニンニク控えめのmickimchiがお好きなんです。
やだね、さりげなく(いや、わざとらしく)セールストーク。
ま、なにしろおいしいキムチで、また昼ビー、昼ソジュ(韓国焼酎)。
2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_9442831.jpg


ここのトガニタンやソルロンタンももちろん美味しいんですが、人数がそろえばこれこれ。
またまた頼んじゃった、チョンゴルスユク、茹で牛肉の寄せ鍋。
2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_9443745.jpg

トロトロに茹でてスライスされたいろいろな部位の牛肉を、ソルロンタンのスープで白菜やえのき茸、にらなどの野菜とともにしゃぶしゃぶしてタレにつけて食べるお鍋です。
ソルロンタンの深みとコクのあるスープに、さっぱりした柔らかい茹で肉と野菜が合うんです、これが。

〆はカルグクス(手打ち麺)で。
黙ってるとお店の人が辛味ソースをスープにドサッと入れてくれるのですが、これを入れずに各自好みに合わせて取り皿にとったスープに混ぜながら食べるのがオススメ。
2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_11171761.jpg


さらに、トッカルビも注文。
2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_950127.jpg

ここのトッカルビ、上質の牛肉を叩いて味付けし、カルビの骨にくっつけて丸く固めてあぶり焼きしてあるのかな、食べると肉汁がジュワッとすごくジューシーです。

大満足でヌティナムを後にして、光熙市場(クァンヒシジャン)などでお買い物。
いったん宿泊先に戻ってチェックアウトをすませた友人たちと、宿泊先のそばでまだ日も高いうちからチメッ、チキン&メッチュ、つまりチキン&ビール。

「オッパッタッ 建大店」。
2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_9484586.jpg


午後4時オープンと同時に入って頼んだのはヤンニョムチキンとクリスピーベイクの半分半分。
ハハッ、チキンの盛りがおっきすぎてカメラがブレブレ。
2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_946460.jpg

サイドディッシュのポテトとソーセージ盛り合わせや、チーズ焼きみたいなのも頼み、最後まで盛り上がったのでした。
コネスト地図
これでお友達とはお別れ。
夫と私はもう一日、キムチ素材の買い出し日が残ってます。

でね、最近のmickimchi家のお鍋情報。
ヌティナム風チョンゴルスユクがレギューラー入りです。

よく作る、茹で牛肉のお鍋、さっぱりしてて結構おいしいですよ。2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール_a0223786_12194238.jpg

作り方は、ソウルのヌティナムのチョンゴル・スユクを真似て、とろとろゆで牛肉の鍋
by mickimchi | 2015-10-19 14:53 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(11)

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」

さて、はしゃぎすぎの夜は明け、次の日の朝。

実は行った事がなかった、「陳玉華(チン・オックァ)ハルメ元祖(ウォンジョ)タッカンマリ」に朝昼兼用のご飯食べに行ってきました。
韓国の事、あれやこれや書いてますが、恥ずかしながらこの有名店に行った事がなかったことをここに告白いたします。

ソウルでタッカンマリを食べたいという友人のリクエスト。
ならば、やっぱりここでしょう、っていいう事で。

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」_a0223786_7263686.jpg


行かなかった最大の理由が激混みっていうこと。

でも開店直後午前10時30分ごろはお客さんがまだ少なく、待つ事なく入れると聞き、朝昼兼用の
タッカンマリブランチという事にしました。

オープン直後に入店するとすぐに2F席に案内され、広い店内はまだ空いてます。
のんびり座って、さあ、ビールとソジュ(韓国焼酎)もいっとくかな?
っということで朝10時台からの朝ビー、朝ソジュ。

ほどなくしてタッカンマリ2羽登場。
5人で丁度良いくらいの分量。
良い感じに鶏が煮えたら、店のアジュンマがチョキチョキと鶏を切り分けてくれ、各自好きなようにスープとともに取り皿に入れ、卓上に置かれたタテギと調味料で、自分で味付けして食べます。

気がつきましたが、タッカンマリも人を無口にする食べ物ですね。
しばし、全員黙々と食べ進め、

ククス(麺)とトック(餅)も、あっ、じゃがいもも追加して。
(じゃがいもは最初から少し入ってます。)

トックは自家製。
おいしかったです。

タテギもしっかり辛い。
韓国の味ですね。

友人(夫)曰く、「ねぇ、僕たちここの店前一緒に来たよね。」
友人(妻)曰く、「あなたは30年前に1度ソウルに来ただけでしょ、来たことあるわけないじゃない。」
友人(夫)、「絶対一緒に来た。」
友人(妻)は無言。

思うに、来たことないのに懐かしい味がするのかな?
むずかしい味でなく、そういう意味で韓国らしいお店のような気がしました。

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」_a0223786_7265116.jpg

想像以上に綺麗な店内。
1Fの状況。

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」_a0223786_727695.jpg


ダダーンと3F建て。
2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」_a0223786_7302633.jpg


食べ終わって、広蔵市場(カンジャンシジャン)のモッチャコルモク(うまいもん通り)の屋台街をうろうろ。

友人にはちょっと雰囲気がディープすぎるかなぁと思ったら、
「次回はここで食べたい。」そうです。

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」_a0223786_730036.jpg


「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」のお店のカード、なんかオシャレすぎ。

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」_a0223786_733719.jpg

コネスト記事



















この日は、市場巡りなんぞをして、お夕飯はソウルの進化系モダンコリアンレストラン「ジョンシクタン」で。
昼と夜の食事のセレクションの落差がスゴイ。
でもどちらも大満足でした。
by mickimchi | 2015-10-13 07:25 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(16)

2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。

さてさて、遅めのランチの後は、江南GO!

清潭洞(チョンダムドン)で食器屋さんと高級スーパーをのぞいて、狎鴎亭(アックジョン)でお夕飯。
そのあとカロスキルのマッコリバーで飲みなおすっていう、やけに気取ったプランです。

韓国では、酔っ払ったアジョッシ(おじさん)達にまみれて、ちょっと古ぼけた食堂で韓国焼酎を飲みながら安くてウマい韓国料理を食べるっていうのが大好きなパターンなんですが、ま、たまにはこういうスカしたプランもいいんではないかと。

まず、清潭洞駅から歩いてチョン・ソヨンの食器匠、チョンソヨンエ シッキジャン / 정소영의 식기장に行きました。

店内撮影禁止だから外から撮っちゃったけど、これもNGかしら?

2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_11563958.jpg


ここの食器はとってもセンスが良くて大好き。
もう見ると欲しくなる器ばかりなのですが、私にはちょっと値がはるものが多いので、行くたびにマグカップや、お皿など気に入ったのを1、2個づつ買い足すのが楽しみです。


そのあと高級スーパー、SSG フードマーケット 清潭店に寄って、友人共々なんだかんだとお買い物。
コネスト紹介記事
レジで、支払い額にちょっと頭がクラクラしましたけど。
ここは、商品の値段をじっくり考えながらお買い物するべきでしたが、後の祭り。

日も暮れて、ウロウロ歩いたのでお腹も減り、さあ、お夕飯の時間。

以前ランチに行っておいしかったケファオクで、お友達の娘さんの留学友達の韓国人カップルと待ち合わせ。
人数が多かったので予約を取ってもらっていたんです。
この若き韓国人カップルには、我々夫婦もソウルに行くたびにお世話になり、おいしい食べ処、飲み処に
連れてってもらい、最終的には飲み処を連れ回してしまってます。

2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_1156542.jpg


さて、再会を祝して、ポッサム食べながら乾杯!
ここのお店は器もステキ。
相変わらずのおいしさのポッサム。
2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_11564435.jpg



2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_11564942.jpg

プルコギも。

写真撮り忘れたけど、〆に食べた、韓国味噌味のちょっとピリ辛おうどん、テンジャンククスもむちゃおいしかった。

さて、こちらも以前訪れて大のお気に入りになったカロスキルの大人が行くマッコリバー、ケミチプへ。

と、タクシーで行ってみたら、満席でウェイティングだそうです。

で、偶然にもケミチプの前に、ご一緒した若き韓国人男子の友達がやってるバーがあって、そこで一杯やりながら席があくのを待とうということになりまして。
2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_11535480.jpg

華麗なパーフォーマンスでカクテルを作るバーテンダー氏。
かっこいいんだけど、不良中年たちは、内心(さっさと作ってよ。)ってか。

さてさて、一杯飲んだところでお目当てのケミチプから「席が空いたよ。」っていう連絡が。
目の前ですから、すぐに入店。

ケミチプの店内の様子。
気取りすぎてなくて、肩の力が抜けてる感じがしていい雰囲気です。
2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_11535927.jpg


マッコリのセレクションは、若き韓国人男子に任せて、
まだまだ、食べるわよ〜、ってことで、

「モッツアレラチーズのチヂミ(모짜랟라김치전)」。
これはここに来たら必食です。
2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_1154569.jpg


柚子カルビ焼き(유자갈비구이 ) 。
さっきお夕飯食べたばっかしなのにネ。
2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_11551148.jpg




2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_1203941.jpg

タコの炒め物(산낙지꾸리)まで頼んじゃってる〜。

ヒラメのお刺身でカッキムチや葉野菜をくるんで食べる和食風お刺身のポッサム、日本式のおにぎりなど、大いに食指がそそられるおつまみメニューがそろってました。

一緒に行った友人も喜んで下さり、「次回は開店と同時に来て、いろいろ食べまくりたい。」そうです。

お店の外観を撮り忘れ。
前回の写真でお許しを。
2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。_a0223786_1255523.jpg


ケミチプ(개미집)
Tel:02-541-5955
住所:ソウル特別市江南区(カンナムグ)新沙洞(シンサドン)528-4
서울특별시 강남구 신사동 528-4

営業時間: 11:30~02:00 (14:30~17:00はクローズ)
                土曜日は17:30~02:00
定休日:日曜日? (ブログによっては夜は17:30-01:00営業となっているものもあります。日曜にいらっしゃるおつもりの方、申し訳ありませんが電話で確認してから行って下さいませ。)
コネスト地図
by mickimchi | 2015-10-10 16:48 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(4)

2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ

今年のゴールデンウィーク、お友達家族と我々夫婦でソウルに行きました。
その時の旅レポを、遅ればせながらのんびり書いていくつもりです。

去年もソウルにご一緒したメンバー。
食べるの大好き、飲むのも大好きな気のおけないお友達家族なので、少々ハメを外してベルトも緩めて、お財布の紐もちょっと緩めてとっても楽しい旅になりました。

我々夫婦はこの日の前日の夜到着でしたが、お友達家族が昼の便で金浦到着でしたので、お昼は遅いランチを宿泊先の近くでサクサクっとすませようと。
この日はこの後、お友達の娘さんの留学友達とそのガールフレンドの若き韓国人カップルと、夜ご飯をご一緒する予定でしたので。

で、地下鉄2号船建大入り口(コンデイック))駅に直結している、大型ショッピングモール「スターシティモール(스타시티몰)」の3Fのフードコート「OVER THE DISH」に。

2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_105219.jpgすいません、外観撮り忘れたので、韓国ブロガーさんのお写真拝借。















ま、正直あんまり期待せずに行ってみたら、な、な、なんと大好きなチャンサラン(장사랑 )も出店してる、スグレモノのフードコート。

こちらには他にもピンスが有名なROYS、おしゃれキムパッのSCOOL FOOD、チャンポン屋さんのキョドンチャンポンの他、メキシカンやトンカツ屋さん、ケーキ屋さんなどが入っている、スグレモノのフードコートでした。


総勢5名ですから、各自好きなものをいろいろ頼もうってことで。

ま、日本からの駆けつけ一杯の生ビール、って特大ピッチャーで頼んでますね。
あらま、ソジュ(韓国焼酎)もいっときますってか。

2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_1115640.jpg


チャンサランの大好きなパサップルコギにエゴマのスジェビははずせないでしょ。
2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_112327.jpg


SCHOOL FOODのトビッコ、スパムハム、イカ入りイカ墨と3種類のキムパッも。
イカ墨のがおいしかった。

トッポギも。
これは、韓国ドラマ観ててよく出てくるからって、アガシが食べたかったんだ。
2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_1102090.jpg


韓国ドラマって言えば、チャジャン麺もね。
2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_1161944.jpg


やっぱりチャンサランのパサップルコギはウマい。
柔らかい肉質の牛肉をたたいて広げて焼いたパサップルコギ。
口の中でジュワーっと肉汁があふれるのに、油っこくないんです。

2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_117059.jpg


夫とお友達の旦那さん、アジョッシ2名が頼んだ、マンゴーピンス。
大の辛党で甘党な仲良しふたり。
「甘いものは別腹。」って我々女子より女子っぽい。
2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ_a0223786_1173319.jpg




サクサクっと軽いランチどころか、飲んで食べての大盛り上がりの昼下がりのブランチになりました。

スターシティモールのコネスト紹介記事

さらにさらに、建大のスターシティーモールの道をへだてて向かい側に可愛いお店があるんですよ。

bongjashop(ボンジャショップ/봉자샵)のオフラインショップ(路面店)。
bongjashop(ボンジャショップ)のサイトによると、10代〜20代の女の子のデイリーなおしゃれスタイルを提供するファッション通販の実店舗なんだそうだけど、これが安くて可愛い。

お店は入り口はちっさいものの、フロアが地下1Fから3Fまであって、若い韓国女子に混じってオバハンひとり、興奮状態でお買い物しました。

思うに、40代以上(わたしもここに属します。)の女性にもイケそうな服や靴、アクセサリーもたくさんあるんですよ。
結構デカいサイズ(わたしもここに属します。)もあったりして。
bongjashopのサイトでは日本からも商品を購入できますが、試着してから購入できるのも実店舗のメリット。
なにしろプチプライスなので、少々気を大きくして楽しめます。

また建大に行く機会があったら寄りたいな。
10代から90代の女子の皆さん、是非オススメです。

ココに地図が出てました。
by mickimchi | 2015-10-07 11:00 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(8)