人気ブログランキング |

タグ:チヂミ ( 10 ) タグの人気記事

ゴーヤのジョンと、卵を使った韓国料理collection

頂き物のゴーヤで、ゴーヤのジョンを作りました。
a0223786_10574073.jpg


輪切りにして塩を振理、しばらく置いて水気を取ったゴーヤに、エビとハンペン、酒、塩を少々加えてフードプロセッサーで撹拌して作ったすり身を詰め、小麦粉をまぶしつけます。
これをたっぷりの溶き卵に浸けてフライパンで両面しっかり焼いたら出来上がり。

ポン酢にごま油をちょっと加えたタレでどうぞ。
a0223786_10582101.jpg
本来は韓国かぼちゃ、エホバクを使って作るのですが、ズッキーニでも美味しく作れますよ。
輪切りにして中心をくり抜いてやってみて下さいね。
a0223786_12104048.jpg



ジョンやチヂミは何が美味しいって、やっぱり焼きたて、作りたてが美味しいですね。

こちらは以前作ったチヂミ、
「九条ネギと桜エビのチヂミ」。

日本人だからか、チヂミもふんわりした生地のチヂミが好き。
水を切ってつぶした木綿豆腐半丁に、卵1個、片栗粉大さじ3、小麦粉大さじ1を混ぜ合わせた生地で作りました。
卵焼きで作るときれいな四角形に出来て簡単ですよ。
a0223786_11170664.jpg



以前お友達に、韓国料理を作ってみたいけど、豚キムチかキムチ鍋(そもそもキムチ鍋は韓国料理でなくって日本の鍋料理だけど...)くらいしか思い浮かばない、と言われたことがあるんですが、卵料理などは簡単だから作ってみてはいかがでしょう?

ということで、卵を使った韓国料理をご紹介いたします。
以前載せたものが多いので、すでにご覧になった方々には申し訳ありません。


では、もいっちょフワフワチヂミで、
「豆腐のチヂミ」
作り方はコチラ
a0223786_11552775.jpg



韓国の卵焼き、ケランマリ。
ニラをたっぷり入れて「ニラのケランマリ」。
a0223786_11053920.jpg



溶けるチーズ乗せ、「チーズケランマリ」
a0223786_11111256.jpg




うずら卵の「ケランジャン」。
ケランジャンは、言わば韓国版半熟煮卵です。
別名「麻薬たまご」。

醤油と水、砂糖を混ぜ合わせたタレに、ニラ、玉ねぎ、ニンニクのみじん切りと万能ネギ、唐辛子の小口切りを加えて、うずらの半熟卵を漬け込んで作ります。
a0223786_11134961.jpg




ケランチムは韓国風茶碗蒸し。
卵の白身をメレンゲにして作った
「チーズたっぷり、ボルケーノケランチム」。
a0223786_11032302.jpg




「ハルラサン ポックンパ」

漢拏山(ハルラ山)は済州島の中心にそびえる、韓国で一番高い山。
その済州島のハルラサンに見立ててキムチチャーハンを山型に成形し、フライパンにのせて弱火にかけます。
てっぺんを火口のように凹まして、山の斜面に溝を作って、溶き卵にチーズを混ぜた卵液をかけ、卵液がトロッとするまで焼いたら出来上がり。
a0223786_11210571.jpg


by mickimchi | 2019-10-25 12:12 | 卵がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)

韓国風 松の実ソースのサーロインステーキと、じゃがいもチヂミ

セールで売ってた牛肉のサーロイン。
お得にゲットできたので久々にサーロインステーキに。
松の実ソースで韓国風ステーキにしました。
フライパンで乾煎りした松の実と、重石をして水気を切った豆腐、ごま油、薄口醤油、砂糖を同量ずつに塩、おろしニンニク各少々をフードプロセッサーで撹拌して作った松の実ソース。
ステーキの上にも煎った松の実の粗みじん切りを振りました。

a0223786_16425828.jpg



この松の実ソース、冷蔵庫で数日間は保存できますので、後日、お肉だけでなく野菜を和えて韓国風白和えに。
煎った松の実の香ばしさとふわふわ豆腐の食感が楽しい和え衣です。
a0223786_14464036.jpg


もう一品、韓国風おかず。
じゃがいものチーズチヂミです。
今回はすりおろしたじゃがいもの代わりに、茹でてつぶしたじゃがいもと生のままみじん切りにしたじゃがいもに、じゃがいも4に対して1の分量のでんぷん粉(片栗粉でも)と塩少々も加えて混ぜ合わせたものを丸くまとめて、真ん中にクリームチーズを小さく切ったものを詰めてフライパンで多めの油で焼きました。

チヂミのタレは醤油、酢を同量と、砂糖、こしょう少々を混ぜ合わせ、玉ねぎ、赤、青唐辛子を加えました。

ちょい、芋団子のようにはなりましたが、茹でたホクホクのじゃがいもの食感と、シャキシャキのみじん切りのじゃがいもの食感が両方楽しめて、パクパクといっちゃいました。

あ〜っ、マッコリを用意すればよかったな。
a0223786_16535526.jpg



テンジャンチゲ(韓国風味噌チゲ)も残りのサーロインを粗みじん切りにして入れた、牛肉のテンジャンチゲに。
セリが売ってなかったので代わりにニラとクレソンをたっぷり。
アッツアツに温めてご飯にかけていただきました。
a0223786_16544332.jpg

by mickimchi | 2019-05-28 15:09 | 牛肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)

スパムとチーズのふわふわチヂミ&冷麺

韓国風お夕飯。
スパムとチーズのチヂミ。
本場韓国のチヂミは、薄い生地で焼きたてがカリッとしたのが美味しいのですが、日本人のせいかどうしてもふっくらふわふわした生地のチヂミが好き。
今回は、生地に豆腐ととろろを加えてふわふわにしてみました。

生地は島豆腐130グラム(なければ、もめん豆腐を水切りしてお使い下さい。)、長芋のすりおろし40グラム、小麦粉大さじ1、片栗粉大さじ1、塩少々、卵1個、水大さじ1をボウルに入れて豆腐を潰しながらよく混ぜ合わせたもの。
この生地にキムチのみじん切り、とろける細切りチーズを加えておきます。
まずフライパンに多めのサラダオイルを熱してスパムの薄切りを放射線状に並べ、生地も流し込みます。
弱火にしてじっくり両面を焼いてふわふわチヂミの出来上がり。
粉少なめでとろとろにしてますが、もう少し粉を多めにしても大丈夫。

片面が焼けたところでひっくり返すのが難儀なんですが、ここに裏技が書いてありますので、もしご興味があればご覧ください。

フルーツ醤油 小さじ2(万能醤油だれとで醤油だれの1/3量のフルーツジュースを混ぜたもの)に酢、ごま油、炒りごまをを混ぜあわせたつけダレにつけてどうぞ。

a0223786_15050026.jpg


余った島豆腐は以前デパ地下で見かけた「アボカドと沖縄島豆腐、わかめ和サラダ、柚子胡椒風味」の限りなくパクリ。
ドレッシングはポン酢に大根おろしと柚子胡椒を混ぜ合わせたもの。
万能ネギの小口切りとかつお節をパラリとかけました。
a0223786_17294964.jpg

シメは韓国風冷麺。
夫が新大久保で買って来てくれた市販の冷麺スープを冷凍庫でシャーベット状に凍らせて、茹でた後氷水にとって水気をとったアオキの冷麺、牛すね肉の醤油煮、細切りきゅうり、半熟卵を乗せました。

本来は茹でた牛肉を入れるところなんですが、お醤油味がしみたやわらかい牛肉と冷麺、食べたかったので。
a0223786_17270122.jpg

by mickimchi | 2018-07-20 12:31 | 粉もの&軽食 | Trackback | Comments(0)

'17年11月ソウル旅 番外編 おみやげレシピは「今日なに食べる?」の白スンデを真似て。

ソウル旅レポはちょっと脱線、番外編はおみやげレシピです。
新林洞のスンデタウンで食べた白スンデを真似て、「韓国風コプチャンと野菜の塩炒め」を作りました。
「今日なに食べる?」という韓国のグルメ番組で、実際にスンデタウンのお店のアジュンマ(おばさん)が作っていたレシピを、テレビを観ながら走り書きしたメモを参考にしてます。

日本では入手困難なスンデの代わりに牛ホルモン(コプチャン)、チョル麺の代わりに焼きそばで代用してます。

a0223786_07071947.jpg


こちらが新林洞で食べた白スンデ。
雰囲気がワリと似た感あり、くありません?
a0223786_09372005.jpg



材料は、野菜はキャベツ、エリンギ、ニンジン、玉ねぎ、長ネギ、ニラ、生の赤唐辛子(なければピーマンとかでやってみてください)。
野菜は大雑把に粗めの千切り、長ネギと赤唐辛子は斜め切り、ニラは他の野菜と同じくらいの長さに切っておきます。

コプチャンはさっと下ゆでしてざるにとって水を切っておきます。

焼きそばはほぐしてざっと半分に切り、レンジで1〜2分チンしておきます。

味付けはあらかじめ塩だれを作っておくと便利。(何度か作って、このあたりは私のオリジナルです。)
タレは二人分で水大さじ3、酒大さじ1、塩が小さじ1弱、味覇(鶏ガラ顆粒だしでも)小さじ1、みじん切りのニンニク少々。

キャベツ、エリンギ、ニンジン、コプチャン、をサラダオイルを熱したフライパンで炒め、しんなりしたら麺と塩だれを加えてよく炒め合わせます。
材料が炒まったら玉ねぎ、長ネギ、ニラ、赤とうがらしを乗せて、すりごま、あればエゴマの粉、黒胡椒をたっぷりふりかけて出来上がり。
卓上コンロで、熱々を混ぜながら食べるのがオススメです。
ヤンニョンコチュジャン(後でつくり方を書いておきます。)、エゴマの葉、甘酢大根などを添えて。

a0223786_07075807.jpg


ヤンニョンコチュジャンは、コチュジャン1:薄口醤油1:水1 : みりん1:メイプルシロップ1(ハチミツでも)に、いりごま、ごま油、ニンニクのみじん切り、粉唐辛子各少々を混ぜ合わせ、小口切りに万能ネギと赤とうがらしを乗せました。
ちなみに、番組では薄口醤油は入れず、メイプルシロップではなくオリゴ糖を入れてました。
a0223786_07074785.jpg

こんな感じでエゴマの葉に乗せて。
コプチャンでなく、豚の白モツでも美味しそう。
ホルモン系が苦手な方は豚肉とかでもイケそうです。
a0223786_07100191.jpg


もう一品。
こちらはEマートでおみやげに買ったすぐれもの、ハッピーコールのフライパン。
裏返すだけで両面が焼けて、しかも密封性があるフライパンです。

あはは、フライパンの写真撮ってたら、ワンコのドンチョルが寄ってきて一緒に写真に入っちゃった。
a0223786_15363895.jpg


これで作った「シーフードキムチチーズチヂミ」。
チヂミを焼いている時、ひっくり返すのが難しくて具を少なめにしたり、小さいサイズにしたりしてたけど、思いっきりでっかいチヂミがうまく焼ける、夢のようなフライパンです。

ここで重い思いをしてフライパンを日本まで持って帰った夫には不幸なお知らせ(夫は知らないが...)、皆様には素晴らしいお知らせがあります。
このフライパン、Amazonや楽天で売ってます。
帰ってから知ったんですが、なんだ、このフライパンを使った料理本までセットですって〜(ガックリ)。

気を取り直して、シーフードキムチチーズチヂミの作り方も書いておきます。
チヂミ1枚分で、小麦粉50グラム、水60cc、みじん切りの白菜(50グラムくらい)、解凍してみじん切りにしたシーフードミックス(30グラムくらい)を混ぜ合わせた生地を、サラダオイルを熱したフライパンで中火で両面焼き、仕上げにとろけるチーズと卵黄を乗せてフライパンに蓋をしてさらに数分、チーズが溶けて卵黄が半熟になるまで蒸らし焼きします。

卵黄をくずしつつ、酢醤油をつけてどうぞ。

a0223786_15362656.jpg



by mickimchi | 2017-11-29 11:42 | 牛肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(6)

おうちでテジクッパ定食風、塩豚クッパ定食。豆腐とキムチのチヂミ付き。

テジクッパ定食風、塩豚クッパ定食の夕ご飯。
塩豚を作って、塩豚を茹でたスープでご飯をひたし食べ。
あとはちょこちょこおかずを出して。
a0223786_11121511.jpg


豚肉の重さ2パーセントの塩を全体にまぶし、ラップでピッチリと包んで冷蔵庫で一晩おいた塩豚。
これを、香味野菜とともにたっぷりの湯とお酒に入れて弱火でコトコト30〜40分煮ました。
茹で汁は、冷ました後冷蔵庫で冷やして、上に固まった脂を取り除けばおいしい塩豚スープに。

塩豚スープは薄味のままにして、食卓に美味しい塩とごま油を加えたアミの塩辛を出して各自好きな味付けで食べます。

塩豚はスープに入れたり、そのまま塩を付けて食べたり。
a0223786_11123075.jpg


辛み味噌も。
豚肉につけたり、スープに入れたり。
エシャロットの塩麹漬けにつけたり。
辛み味噌は、すりごま1:ごま油1:にんにくのすりおろし1:コチュジャン6:味噌12:コショウ少々を混ぜ合わせたもの。
a0223786_10024791.jpg


おかずは、
「豆腐とキムチのチヂミ」。
a0223786_11124779.jpg
絹豆腐半丁に、さっとお酒で茹でたあさりのむき身、刻んだ白菜キムチ、片栗粉大さじ4、ごま油小さじ1をボウルに入れて混ぜ合わせ、ごま油を熱したフライパンに流し入れ、両面こんがり焼いたら、耐熱皿に移して溶けるチーズをのせ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼きました。



お刺身は、コチュジャン醤油で。
お刺身をコチュジャン醤油で食べるの、最近凝ってます。
出汁醤油3:砂糖1:ごま油1:コチュジャン2:粉唐辛子2:にんにくのすりおろし1:生姜のすりおろし1に胡椒少々を混ぜ合わせ、粗みじんの新玉ねぎを加えたコチュジャン醤油。
結構イケます。
お試しを。
a0223786_11125589.jpg


「ズッキーニとあさりの韓国風和え物」。
ズッキーニは軽く塩を振り20分ほど置いて水分をしっかり取ります。
熱したフライパンに油を入れ、ズッキーニと茹であさりを入れます。
この時、水に昆布を入れて半日置いた昆布水も少し加えて炒めると、焦げずに美味しく仕上がります。
a0223786_11320291.jpg


塩豚を茹でたスープに長ネギの小口切りとニラをたっぷり加えて。
a0223786_11130559.jpg


いい感じに漬かったミッキムチの白菜キムチと。
a0223786_11141081.jpg

by mickimchi | 2017-04-15 06:46 | 豚肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)

緑豆チヂミ、ピンデトックの作り方

緑豆と米をすり潰した生地で作る緑豆チヂミ、ピンデトック。
韓国の市場で座布団くらいのでっかいピンデトックを鉄板で焼いてるおばちゃんの姿をよく見ます。
おうちでピンドテック作って食べたいなんて思う方いらっしゃるかなあと思って、↓前回の記事では作り方はしょったんですが、質問がきたので作り方なんぞ。
a0223786_10145810.jpg


おうちで作るときは、テフロン加工の小さめのフライパンで、直径7〜8センチの大きさに作ると作りやすいです。

材料 (2人分、5枚くらいできます。)
緑豆 100グラム
 塩 小さじ1/4
 水 50CC

米 25グラム

豚肉切り落とし(みじん切りにする)50グラム
 酒 大さじ1/2

もやし 25グラム
 ごま油 大さじ1/2
 長ネギ(みじん切り) 大さじ1/2
 にんにく(みじん切り) 小さじ1/2
 塩 小さじ1/4

白菜キムチ 40グラム

ぜんまい 25グラム 
 醤油 小さじ1/2
 ごま油 小さじ1/2

生唐辛子 適量

酢醤油
 醤油 大さじ1
 水 大さじ1
 酢 大さじ1/2
 砂糖 小さじ1/2

作り方
1 緑豆はきれいに洗って5時間くらい水につけてふやかし、手でこすりながら皮をむき水気を切る。 
  (皮をむいた緑豆の場合はふやかすだけでいい。)
  米は1時間ぐらい水につけてふやかし、水気を切る。
2 豚肉に酒を入れ下味をつける。
  キムチは1センチくらいに切り、豚肉と混ぜておく。
3 もやしは洗って、塩を入れた湯で1分ほどゆでて水気を切る。
  ごま油、ネギ、ニンニク、塩を入れ、手で和える。
4 ぜんまいは沸かした湯でさっとゆでて2センチくらいの長さに切る。
  醤油、ごま油で和える。
5 生唐辛子は斜め切りする。
6 酢醤油を作っておく。
7 ミキサーに1、塩、水を入れザラッとした感じが残るくらいまで撹拌する
8 フライパンにサラダオイルをひき、7の生地を入れ、その上に2、3、4をのせる。
  もう一度生地を上に重ねるように流す。
9 生唐辛子を上に飾り、両面を焼く。
10酢醤油をつけていただく。

具は、玉ねぎやにんじんを入れてもいいし、豚肉の代わりにベーコンでも。
牡蠣などを入れても。
また、具を生地に混ぜ混んで焼いてもいいです。

コツはオイルを多めに使って揚げ焼きのようにする事かな?
カロリー気にしなければ、ホントはラードとかがおいしいです。
(一応、今回私はオリーブオイルにしときましたけど。)
by mickimchi | 2014-08-26 10:44 | 粉もの&軽食 | Trackback | Comments(2)

夏野菜のユッケジャンクッパと緑豆チヂミ(ピンデトック) oishii

「夏野菜たっぷりのユッケジャンクッパ」。
a0223786_17375534.jpg

牛肉と夏野菜たっぷりの辛いスープをハフハフしながら食べると、残暑でグッタリの身体もちょっと元気になった気分です。

牛すね肉をゆでた牛スープに豆もやしをゆでたゆで汁、もやしスープも加えて作ってみたら、いつもより味わい深いスープになりました。

「ピンデトック」。
ミキサーですりつぶした緑豆と米で作った生地でつくる韓国風お好み焼き、緑豆(ノクトゥ)チヂミです。
a0223786_17382572.jpg

生地がサクッっとして、豆の香りがして、醤油だれにちょこっとつけながら食べるとおいしいです。
作り方はコチラ
作るの面倒な方、ソウルの広蔵市場でどうぞ。

「ベビーホタテのキムチ炒め」。
a0223786_1743113.jpg

ちょこっとコチュジャンも入れたのがよかったです。

「もやしのナムル」。
a0223786_17391537.jpg

豆もやしをたくさんゆでたので半分はユッケジャンに、半分はナムルにしました。
ゆでたスープもユッケジャンに。

いつももやしをゆでる時は鍋にグラグラッっとたっぷりの湯を沸騰させて、さっともやしをゆでてざるにあけてたんですけど、どうやら韓国の方はもやしをゆでる時、鍋にフタをして水からゆでるっていう方も多いみたい。
試しに今回はその手法で。

もやしナムルの作り方
材料(2人分)
大豆もやし 150グラム
塩 小さじ1/2
白胡椒 少々
にんにくすりおろし 少々
ごま油 大さじ1/2
炒りごま 大さじ1/2

作り方
1 大豆もやしをひげ根を取り、よく洗ってざるにあける。
2 鍋に入れ、水をもやしの7分目くらいまで入れて塩も加える。
3 フタをして強火にかける。
4 沸騰して、フタがパカパカと音をたててきたらフタを一度あけてまたしめる。
5 またフタがパカパカいってきたら火を止めてそのま5分ほど蒸らす。
6 蒸らし終わったら、もやしをザルにあける。
7 ゆで汁はおいしいもやしスープなので絶対とっとく。
8 ボウルにもやしを入れ、あたたかいうちに胡椒、ニンニクを加える。
9 手でやさしくもみ込んで和えたら、ごま油、白ごまを加える。
10味をみてたりなければ塩を加える。

フタを沸騰してから一瞬あけるのは自己流です。
韓国の方は、フタを絶対あけないらしいです。
そうすると豆の生臭いにおいが飛んで豆臭さが抜けるとの事ですが、私はフタを一瞬あけて豆臭さを抜くのがいいような気がします。

そもそも、私はもやしの豆臭さという物がそんなに気にならないわけでして。
東南アジアの国に行くと、生のもやしをスープや麺料理の上にドサッと盛る事もありますね。
どうなんでしょう、もやしのゆで方、皆さんはどうしてるんだろう。


「夏野菜とカマンベールのサラダ」
a0223786_175076.jpg

当り胡麻に、同量のポン酢、倍量のマヨ、砂糖とごま油ちょこっと加えたごまドレッシングで。
カロリーは気にしつつ、この即席ドレッシング、結構好きなんですよ。
by mickimchi | 2014-08-25 08:31 | チゲ、スープ | Trackback | Comments(9)

新じゃがのミニチヂミと、キムチのミルフィーユグラタン

またまた韓国料理のお夕飯。
ミニミニチヂミ。
「新ジャガイモのジョン」です。
a0223786_2036566.jpg

ジャガイモはフードプロセッサーですりつぶして、ボウルに重ねたざるにあけます。
ボウルに残った水気の透明な上の部分は捨てて、沈殿したでんぷんとざるにあけたじゃがいもを混ぜ合わせ、小麦粉、塩各少々を加えてお好み焼きの生地くらいの濃度の生地にします。
それを油をしいたフライパンにスプーンでちっちゃく落とし入れて、両面が焼けたら出来上がり。

緑色は春菊の葉の部分、ピンク色は干しえびの粉をじゃがいもといっしょにフープロで粉砕して二色のジョンにしました。
春菊の葉とパプリカで花の模様を作って。
なんか不格好なのはご愛嬌という事で。


韓国で買ったレモン醤油に玉ねぎの粗みじんを加えてチヂミのたれにしました。ポン酢でもおいしい。

a0223786_17275269.jpg






















「合挽き肉とキムチのミルフィーユグラタン」。
a0223786_8392966.jpg

ハンバーグのタネにパルメジャーノチーズを混ぜておきます。
グラタン皿にバターを塗って、一口大に切った白菜キムチを敷き詰め、次に肉ダネを薄く伸ばして敷き、キムチ、肉ダネと重ねていきます。何層か重ねて最後にキムチを敷いたら、上からパルメジャーノチーズを振りかけて、200度のオーブンで20分くらい焼いて出来上がり。

「かぼちゃのサラダ」。
a0223786_15103534.jpg


韓国の納豆汁「チョングッチャン」。
いわしのつくねを入れました。
a0223786_8421930.jpg


五穀米で。
a0223786_12345298.jpg
by mickimchi | 2014-04-29 08:39 | 粉もの&軽食 | Trackback | Comments(6)

豆もやしの韓国風スープご飯、コンナムルクッパと、なんにもない日のチヂミ。

二日酔いの朝に韓国で食べるものの代表選手といったら、韓国の豆もやし(コンナムル)がいっぱい入ったスープご飯、コンナムルクッパ。
去年、全州(チョンジュ)に行ったときにとってもおいしい本場のコンナムルクッパを食べて、それ以来よく真似して作ります。
a0223786_21393229.jpg

辛みを入れずに作れば、辛いの苦手な方でもOKなホントにさっぱりスープなので是非お試しを。
デトックス効果もあるし...

作り方はいたってシンプル。
まず、頭と内臓を取った煮干しと昆布、大根を水に入れて火にかけアクをすくいながら煮てスープを作ります。
そこにていねいにひげ根をとった豆もやしを加え、もやしがシャキシャキのうちにおろしにんにくと塩を加えます。
薄口しょうゆ少々で味をととのえて長ネギの小口切りを入れて卵をポトリ。
グラッときたら火を止めます。

アミの塩辛があれば、塩の代わりにアミの塩辛で味付けするともう最高です。
写真は、一人分の直径10センチくらいのホントにちっさいトッペギ(韓国式のチゲ用の鍋)で作ったもの。
辛いの好きなんで、粉唐辛子を入れて。

本場のコンナムルクッパのスープには牛骨の出汁も入っていて、それがそこはかとないコクを出してるようです。
そこまではおうちでできませんから、豚挽き肉を炒めたのとかをスープにほんのちょっと入れたりするとさらに旨味倍増です。
うちは豚挽き肉で作った味付けなしのそぼろを冷蔵庫に小分けして入れといて、それを使います。


これ、さんざん飲んだあと〆のスープご飯にもいいんですよ。

ね、豆もやししゃっきしゃき。
a0223786_21391810.jpg

多分、韓国の豆もやしは日本産より火を入れてもシャキシャキしてるんだと思います。
ですんで、日本では豆もやし入れたらシナッとする前に火を止めてね。
a0223786_21394094.jpg


この日はお一人様のお夕飯。
おつまみはチヂミ。
雨の日は、チヂミが食べたくなると韓国の人は言うけれど、雨の日はチヂミが作りたくなる。
だって、お買い物行きたくないので、おうちにあるもので作れちゃうし...

a0223786_142342.jpg


a0223786_147455.jpg

キムチのチヂミと、a0223786_1475115.jpg














刻みパセリのチヂミ。








あれこれ、はりきって具をいっぱい入れちゃういつものチヂミよりおいしい。
天ぷら粉入れてパリッとさせるのが好きなのですが、これもきらしてて小麦粉で。
やだ〜、わりとおいしかったので自分の覚え書き用に。

「何にもない日のチヂミ」
キムチチヂミ
材料(直径12センチくらいのちっこいの1枚分)
卵1/2個
小麦粉 1/4カップ
キムチヤンニョン(市販のキムチの汁でいいです) 大さじ2
水 大さじ1と1/2
ベーキングパウダー(あればサクッと仕上がります) 小さじ1/4

パセリのチヂミ
材料(直径12センチくらいのちっこいの1枚分)
卵1/2個
小麦粉1/4カップ
パセリのみじん切り 適量
水 大さじ3と1/2
塩 少々
ベーキングパウダー(あれば) 小さじ1/4

作り方
それぞれ、材料を合わせてフライパンで焼くだけ。
オリーブオイルで焼くとさっぱりします。

チヂミのたれはポン酢でもいいです。
ホントの事言うと、お一人様の時はこんな脱力系お夕飯がワリに好きです。
by mickimchi | 2013-07-06 12:39 | チゲ、スープ | Trackback | Comments(4)

IDEA チヂミいろいろ

a0223786_16133940.jpg

エゴマの葉のチヂミ。
韓国では、ひき肉と水気を切ってつぶした豆腐を、醤油味に味付けしてエゴマの葉で巻くのがポピュラー。

ですが、もしかしてアジのさんが焼き風に、お刺身用のお魚をたたいてはさんで焼いたらどうかなぁと思い立ち...

この日は、いただきもののまぐろの中落ちのたたきがちょこっとあったのでそれを使ってみました。
しかも豆腐の水切りが面倒ということで、これもほんのちょこっと残ってた厚揚げをざっとつぶしてて、しょうが、細ネギ、ほんのちょっとのコチュジャンとお醤油入れて混ぜ合わせたのが中身。
小麦粉をはたいたえごまの内側の片面にのっけてはさんで、溶き卵にくぐらせてフライパンで焼きました。

a0223786_16135116.jpg


漬けだれは、ぶつ切りの玉ねぎをポン酢に入れてどうぞ。






青魚や白身のお刺身用のお魚でもおいしいと思います。
エゴマの葉が苦手だったり、なかったりしたら大葉でやってみて下さい。


もうひとつは、じゃがいものガレット風チーズチヂミ
a0223786_16304556.jpg

おろしたじゃがいもで作るモッチモチのジャガイモのジョンもとってもおいしいんですが、今回はカッリカリの食感も加わったスライスじゃがいものチヂミにしました。

材料(直径18センチのフライパンで1個作る場合)
じゃがいも 中くらいのもの1個半くらい。
小麦粉 大さじ1
パルメザンチーズ(すりおろして)適量
トッピングはお好きな物、お好きなだけ

作り方
じゃがいもは皮を剥いてスライサーでスライスする。(水にさらさないでね。)
スライサーがなければ、細切りにする。
小麦粉とボウルに入れて混ぜ合わせて、テフロン加工のフライパンに敷き詰め、オリーブオイルを廻しかけ、弱火にかける。
3分半ずつ両面焼いたら出来上がり。

a0223786_14452482.jpg













熱いうちにパルメザンチーズをパラリ。
今回は、さっと作ったセミドライトマトと、ベビーリーフをのっけました。

チヂミのたれはコチュマヨにしました。
作り方は、
コチュジャンマヨネーズ
を見てね。
しょうゆに砂糖と酢をちょっとくわえた、たれでもおいしいです。

a0223786_14514825.jpg

モッチリ感とカリカリ感が両方楽しめて、思ったより成功。

ただし、これは限りなくガレットに近い、というかどこがガレットとちがうのだろうか。
まあ、まあるく焼いたもの全般をガレットというらしいし、ジョンというのも粉をはたいて焼いたものをいうそうですから、大目に見て下さい。
って、誰にあやまってんだろう。
by mickimchi | 2012-10-20 09:36 | 粉もの&軽食 | Trackback | Comments(4)