人気ブログランキング |

タグ:beef ( 62 ) タグの人気記事

作り置き3種ネギだれで中華三昧。


前回作った↓中華粥鍋で作った3種ネギだれ
でお夕飯。

ちょっと春っぽく、「そら豆と菜の花の卵とじ」。
作り置き3種ネギだれで中華三昧。_a0223786_12142918.jpg

卵は溶いて柔らかなスクランブルエッグを作って取り置きます。
そら豆は薄皮を剥いて粗みじんに切り、3分ほど炒めます。
適当な大きさに切って1分ほどさっと茹でた菜の花、桜エビ、花淑ねぎ塩と炒め合わせます。
最後にスクランブルエッグを入れてひと混ぜして器に盛ります。
茹でずに炒めたそら豆はホクホクした食感がおもしろい。

「鶏ひざ軟骨のコチュジャン炒め」。
(中華じゃないね、韓国風です。)
作り置き3種ネギだれで中華三昧。_a0223786_12301682.jpg

塩少々をふった鶏ひざ軟骨は油をひかずにテフロン加工のフライパンで蓋をして5〜6分じっくり弱火で蒸し焼きにし、仕上げにヤンニョンコチュジャンを加えて炒め合わせました。

「棒棒鶏(バンバンジー)」。
作り置き3種ネギだれで中華三昧。_a0223786_12304388.jpg

バンバンジーソースは、
砂糖2:酢1をまぜて、砂糖4:当り胡麻3を加え、ネギと生姜のみじん切り、ラー油とごま油各少々を加えたものです。
茹で鶏ときゅうりを和えました。

「牛肉とレタスのオイスターソース丼」。
作り置き3種ネギだれで中華三昧。_a0223786_12154871.jpg

牛ひき肉を水と一緒にお鍋に入れて沸騰したらザルにあけ水気を切っておきます。
これをオイスターネギ醤油で炒めてオイスター牛そぼろを作っておきます。

石鍋(フライパンで大丈夫です。)にみじん切りにした牛脂を入れて火にかけ、牛脂がとけたら炊きたてのご飯を入れて鍋肌にちょっとくっつける感じにご飯を軽く押し広げます。
これでご飯におこげを作るわけです。

ご飯の上にオイスター牛そぼろとレタスをのせて蓋をします。
ご飯のおこげのいい匂いがしてきておこげがパチパチ音を立ててきたら蓋を開けて出来上がり。

牛脂のおかげでジューシーです。
牛そぼろを少なめで、レタスたっぷりにするとヘルシーですね。
ヘルシーとはいえ牛脂ははずせないなぁ、このお料理には。
よ〜くまぜまぜしてくださいね。
作り置き3種ネギだれで中華三昧。_a0223786_1216492.jpg

by mickimchi | 2015-02-16 13:26 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(6)

自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。

先日妹と行ったイタ飯屋の手打ちパスタが美味しかったので、真似してみました。
「切り落としポロネーゼソースの自家製パッパルデッレ」。
自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。_a0223786_14181581.jpg

パッパルデッレって、きしめんの親分みたいな幅広平打ち麺。
自家製ったって、ヌードルメーカーがやってくれるので、マシーンから出てきたラザニアをゴン太く切り分けただけ。

「濃厚ソースがよく絡む麺でございます。」って、これはイタ飯屋さんの受け売り。
ですんでいつもの牛ひき肉でなく、和牛の切り落とし肉を粗みじん切りにして「和牛の切り落としボロネーゼソース」を作りました。
切り落とし肉を包丁で粗みじんにするのは思ったより手がかからず、味はひき肉よりずっと良くなりますのでオススメ。


自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。_a0223786_155621.jpg
材料(4人分)
牛肉切り落とし 150g
パンチェッタ(粗みじん切り、ベーコンでも) 10g
オリープオイル 大さじ1
にんにく(みじん切り) 1カケ分
セロリ、玉ねぎ、にんじんのみじん切り 各20g
ローリエ 1枚
グローブ 少々
バター 8g
小麦粉 小さじ1と1/2
トマトペースト 15g
赤ワイン 20ml
ホールトマト(水煮缶)1缶
ブイヨン(熱湯とスープの素を溶いたもの) 75ml
ポルチーニ(乾燥。あれば)8g
パルメジャーノチーズ 適宜
ナツメグ、塩、黒胡椒 各少々
パスタ

作り方
1 牛肉はみじん切りにする。
2 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、にんにくが色づいてきたら、野菜、ローリエ、クローブを加えて炒める。
3 バターと牛肉も加えて炒め、パンチェッタも加える。
  炒める際は、肉を軽くほぐして広げたらあまり混ぜないで、肉に焼き色をつける。
4 小麦粉、トマトペーストも加えて炒める。
  この時も鍋底から混ぜながら、ある程度焦げ目をつける。
5 赤ワインも加えて、しっかり煮詰める。
  いったん火を止めて、トマト缶を手でつぶしながら加え、ブイヨンを注ぐ。
  あればポルチーニ茸をぬるま湯少々でもどして加え、再び火にかけ15分くらい煮る。
6 最後にパルメジャーノチーズ、ナツメグ、塩、黒胡椒を加える。
7 茹でたてのパスタをあえてできあがり。

「緑野菜のチーズナムル」。
自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。_a0223786_141839100.jpg

茹でた野菜とアボカドをごま油、パルメジャーノチーズ、おろしにんにく少々で和えました。
塩代わりにチーズで塩味をつけて。
ター菜とか、青梗菜とかの中華野菜をさっと茹でて加えると、見た目も味もおもしろいので最近凝ってます。

「タコとレンコンのジョン」。
自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。_a0223786_14203161.jpg

ジョンは素材を溶き卵にくぐらせて焼く、いわば韓国のピカタ。
レンコンはあらかじめ酢を加えた湯で5分ほど茹でておくのがミソ。
ゆでたレンコンとタコの水気をきって、小麦粉をうすくまぶし、塩とおろしにんにく、青海苔少々を加えた溶き卵の卵液にくぐらせてフライパンで焼きます。
焦げやすいので弱火でね。
塩かポン酢でどうぞ。

おまけのお話。
多めに作ったボロネーゼソース。
後日、おでんの時使った牛スジ煮が残ってたので、このボロネーゼソースに加えて、デミグラスソース(市販品)、オイスターソース、ケチャップを加えて牛スジデミグラスを作りました。
バゲットで食べたらおいしかった。

自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。_a0223786_14493791.jpg

by mickimchi | 2014-12-12 10:33 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(8)

松茸の味お吸い物で、松茸の土瓶蒸し風と牛しぐれ山椒ご飯

韓国に行ってました。
今回はソウルから大邱まで足を伸ばして、ついでに羽根を伸ばしてたのしかった〜!
大邱旅行のついてはそのうちレポしたく思っております。(いつになるか…)

日本に戻って、久々和食で。
とはいえ韓国から帰ったばかり、冷凍庫のストックやなんかでなんちゃって和食ご飯です。

『松茸の土瓶蒸し、ではなくて松茸の土瓶蒸し風」。
松茸の味お吸い物で、松茸の土瓶蒸し風と牛しぐれ山椒ご飯_a0223786_14382842.jpg

エリンギを薄切りにすると、わりと松茸に。
昆布出汁で霜降りにした鯛と煮て、永谷園の松茸の味お吸い物を入れただけ。
味をみて白だしを加えて下さい。
それ風にぎんなんと三つ葉を入れて、すだちをしぼって。

ご飯にかけるギョーザ(風)の餃子」。
あっ、餃子は和食じゃないか...
松茸の味お吸い物で、松茸の土瓶蒸し風と牛しぐれ山椒ご飯_a0223786_14384298.jpg

バカバカしいんですが、先日作った、ご飯にのっけるとまるで餃子ライスの味がする(かも?の)ご飯の供を餃子の皮で包んで焼いたら、まるで餃子になるかも、と思って。
わりと餃子です。
おからだし、多少カロリーおさえられるかも。

「ズッキーニのたたき」。
これはお蕎麦屋さんの川上庵で出てきたおつまみのパクリ。
松茸の味お吸い物で、松茸の土瓶蒸し風と牛しぐれ山椒ご飯_a0223786_14383816.jpg

さしすせそドレッシングで。


「牛しぐれ山椒風味ご飯」。
松茸の味お吸い物で、松茸の土瓶蒸し風と牛しぐれ山椒ご飯_a0223786_14384611.jpg

牛しぐれが冷凍してあったので、びん詰めの実山椒の佃煮と混ぜました。
牛しぐれは、一回ゆでこぼした牛肉の切り落としを、万能醤油だれとで醤油だれの1/3量のフルーツジュースとともに鍋に入れ、水分が飛んで牛肉がバラバラに細かくなるまで箸でほぐしながら炒めたもの。
山椒の味がピリリとして、これもオツな味、かな?


タグ:
by mickimchi | 2014-09-26 14:35 | たまには和食 | Trackback | Comments(8)

キムチ味の牛しぐれ入り。韓国風ブリトーで、コリアンメキシカン。

コリアンメキシカン。
最近恒例の晩ご飯のメニューです。

韓国風ブリトー。
ブリトーは、トルティーヤに具をのせて、クルクルッと巻いて焼いたもの。
この具に、キムチ味の牛しぐれを入れてみたんです。

フレッシュサルサに、豆のディップ、ワカモレを添えて。
タコチップスにつけてね。
キムチ味の牛しぐれ入り。韓国風ブリトーで、コリアンメキシカン。_a0223786_10221994.jpg


フラワートルティーヤは、お皿にのっけて水でぬらしたキッチンペーパーで覆ってレンジで15秒チン。
それに、キムチ味の牛しぐれをのせました。

「キムチ味の牛しぐれ」の作り方
1 みじん切りのキムチをさっと炒めてさます。
  キムチと牛しぐれの分量の割合はお好みで。
2 牛の切り落としを鍋に入れて、水をひたひたに入れ火にかける。
  沸騰したらザルにあけて水気を切る。
3 鍋に2の牛肉200グラムと万能醤油だれ大さじ3、フルーツジュース大さじ1を入れて火にかける。
  フルーツジュースは、リンゴジュースでも代用可。
  水分が飛んで牛肉がバラバラに細かくなるまで箸でほぐしながら炒める。
4 3をバットに広げて冷ます。
  冷めたら1と混ぜ合わせる。

トルティーヤに、このキムチ味の牛しぐれとゆで卵のみじん切り、チーズと枝豆ののっけて。

キムチ味の牛しぐれ入り。韓国風ブリトーで、コリアンメキシカン。_a0223786_13312046.jpg


春巻きみたいにクルクル。
少々不格好でも、具がはみだしてても、焼いてるうちにチーズが溶けて糊の代わりになるので大丈夫。
これをホイルで包んで、オーブントースターで焼くだけ。
キムチ味の牛しぐれ入り。韓国風ブリトーで、コリアンメキシカン。_a0223786_1540523.jpg


半分に切ってどうぞ。
キムチ味の牛しぐれ入り。韓国風ブリトーで、コリアンメキシカン。_a0223786_10231416.jpg


お話が長くなってきましたね。
なにしろ、コロナビール飲みつつ、なんかちょこちょこおつまみ作ってたんで。

3種のディップで食べるタコチップスのお話からはまた次回という事で。
ナチョスとセビーチェも作ったよ。
乞うご期待。
タグ:
by mickimchi | 2014-09-09 09:31 | あれこれおつまみ | Trackback | Comments(4)

自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ

オージービーフの塊肉をスーパーで見かけると作りたくなる自家製コンビーフ
随分面倒な行程をはしょって簡単に作れる即席コンビーフですけど、ほら、保存が目的じゃないから塩味も少なめで軽い仕上がり(だと思う)。

オージービーフ、価格も安いし赤身が多いから、霜降り和牛よりコンビーフ作りには合うと思います。
自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ_a0223786_83447.jpg


できあがって手でほぐすと、ほらっ、コンビーフ。
自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ_a0223786_1333153.jpg


バゲットを用意して。
自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ_a0223786_8342997.jpg


あとはサラダとスープで、簡単に。
「まぐろの漬けのニソワーズサラダ」。
自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ_a0223786_8341929.jpg

ツナの代わりにまぐろの漬けでニース風サラダなんて、ニースっ子に怒られるかな。
でもやけにおいしかったんで、お許しを。

材料(2人分)
まぐろ(刺身用)一柵

半熟ゆで卵 1個分
レタスやベビーリーフ等の葉野菜、キュウリ、プチトマト 各適量
黒オリーブ 適量

黒こしょう 少々

ドレッシング(2回分)
アンチョビペースト 大さじ1(アンチョビなら10グラムくらい)
白ワインビネガー 大さじ2
ニンニクのすりおろし 少々
紫玉ねぎ(玉ねぎでも)のみじん切り 少々
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1と1/2
米油(サラダオイルでも) 大さじ1と1/2

作り方
1 まぐろに塩少々(分量外)をふってしばらく置き、水分をキッチンペーパーで拭き取る。
2 1のマグロをオリーブオイルをひいたフライパンで表面だけさっと焼く。
3 表面に焼き色がついたらすぐジップロックか保存容器に入れて、万能醤油だれを注ぐ。
4 3を冷蔵庫で数時間置いて、食べる直前に薄く切る。
5 オイル以外のドレッシングの材料をボウルに入れてかき混ぜる。
6 5にオイルを少しずつ混ぜ入れて、ドレッシングを作る。
7 食べる直前に野菜をドレッシングで和え、皿に盛る。
8 ゆで玉子、漬けまぐろをのせ、黒こしょうをふる。

「豆とカボチャのココナッツミルクスープ」。
自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ_a0223786_8344099.jpg

ココナッツオイルでニンニク、生姜、玉ねぎのみじん切りを炒めて野菜とお豆を入れ、ココナッツミルクを注いで、チリペッパー、クミン、ターメリックなどのスパイスを加えてコトコト煮ました。
仕上げに塩こしょうで味を整えて。
豆は半日ほど水につけておいた緑豆(ムング豆)を使いましたが、他のお豆でも。

衝動買いしてしまった、エキストラバージンココナッツオイル。
脳の老化防止にもなるらしいし、何しろスーパーの棚にお一人様1個までなんて書いてあったもんだから、買ってしまいました。
エスニックや中華なんかのお料理とも相性がいいし、結構重宝してます。
あんまり脳の働きは良くなった感じはまだしませんけど。
自家製コンビーフと、まぐろの漬けでニース風サラダ_a0223786_8345016.jpg

タグ:
by mickimchi | 2014-07-17 15:33 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(6)

特製ビーフカレーとカボチャの千切りサラダ

↓で作った韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添えであまったゆで牛肉と牛肉をゆでたスープで、特製ビーフカレーを作りました。

特製ビーフカレーとカボチャの千切りサラダ_a0223786_12111758.jpg

2皿分だと、お肉とスープ合わせて2カップに、自家製カレーフレーク大さじ3、トマトペースト大さじ1を加えて10分くらい煮て、塩こしょうで味付けします。
自家製カレーフレークじゃなくて市販のカレールー2皿分でも。
仕上げにハチミツ少々と、バター8グラムと生クリーム50CCを加えて出来上がり。
季節の野菜を添えて。

ご飯は「緑豆ごはん」。
特製ビーフカレーとカボチャの千切りサラダ_a0223786_12113642.jpg

ピンデトック(緑豆チヂミ)作ろうって、以前韓国の市場で買った緑豆(ノクトゥ)。
これを半日水につけてご飯とともに炊き上げました。
クミン、シナモン、カルダモン等のスパイスと、黒こしょう塩各少々、それからローリエの葉を1枚のっけて。
なんか、韓国の緑豆がすっかりインドご飯になりました。

緑豆って韓方では身体を冷ましてくれる働きがあるって言われてるらしい。
気がつかずに最近やけにこの緑豆の出番が多くて、やっぱりこの蒸し暑い時期身体が必要としていたのかなぁ。
スーパーの乾物コーナーにムング豆っていうネーミングで売ってるのがこの緑豆です。
皮付きの緑色のと皮をむいた黄色いのがありますが、緑色の方が栄養素がたっぷり含まれているらしいです。
皮付きの方がプチプチとした食感で、私はこっちが好きだな。

ラッキョウと福神漬けもいいけど、付け合わせに「紫キャベツとクレソンのナムル、松の実風味」。
特製ビーフカレーとカボチャの千切りサラダ_a0223786_1211287.jpg

香ばしく炒って冷ました松の実をすり鉢に入れて粗くつぶしたところに、ビーフスープ少々と塩、ごま油を加えて混ぜ合わせた松の実だれで野菜を和えて。

千切りサラダ。
こっちも紫キャベツ、それから生のままのカボチャの千切りとクレソン。
生のカボチャの千切りサラダは、以前ブルーノートで食べてから真似っこするように。
シャキシャキ食感がクセになりますよ。
ブルーノートはスウィンギンポテトもおいしいですよね。

千切りサラダはオリーブオイルの代わりにごま油を使ったシーザーサラダドレッシングで。
ごま油とパルメザンチーズって合うんですね。
オリーブオイルより相性いいかも。
特製ビーフカレーとカボチャの千切りサラダ_a0223786_12161334.jpg

タグ:
by mickimchi | 2014-07-11 12:13 | ミッキムチ家のエスニック | Trackback | Comments(4)

すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え

韓国の水冷麺(ムルネンミョン)。
食欲がない人にも、ある人(私)にも。

牛すね肉をゆでたスープに薄口醤油、塩、砂糖、酢で味つけして、かき氷になりそうなくらい冷やしたすっきりスープ。

もし水キムチがあれば、水キムチのつけ汁を牛すね肉のゆでたスープに加えると、酸味が加わっておいしいです。
のせる具はゆでた牛肉やらお好みで、水キムチものっけて。
水キムチが食べたいから水キムチを作るのか、この冷麺がたべたいから水キムチを作るのか。
この時期は特にいっつも冷蔵庫に水キムチが入ってるmickimchi家。

水キムチがなければ、寿司酢に20分ほどつけた大根と漬け汁を加えるのもいいと思います。
すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え_a0223786_20335425.jpg


前菜代わりの、かぼちゃのお粥。
あったかいとろみのあるスープ飲むと、悪酔いしないっていうんで。
うちの常備菜ならぬ、常備薬です。
ゆでた緑豆をのっけました。
すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え_a0223786_1344215.jpg


ゆで牛肉「スユッ」登場。
牛すね肉のスープを取ったお肉です。
冷凍庫のゆで豚も一緒に並べて。
野菜とともに蒸して、アツアツを食卓に。
すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え_a0223786_20342652.jpg


つけだれは、コチュジャンと、酢醤油で。
コチュジャンって、メーカーによって甘すぎたり、やけに辛かったりって事ありますよね。
そういう時、日本の田舎味噌とハチミツちょこっと加えると、あらやだ、すごくおいしくなる気がします。
すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え_a0223786_1355618.jpg


最近凝ってる、えごまマヨネーズのあえ衣。
これで野菜を和えるとおいしい。
「ブロッコリーのえごま風味」。
粉末えごまに、オリーブオイル、醤油、砂糖、ニンニクのみじん切り、味噌プラスマヨネーズで、えごまマヨネーズ。
えごまの粉末がなければ、すりゴマでも。
すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え_a0223786_1351862.jpg


韓国風ラタトゥイユ。
トマトなしのさっぱり和風ラタトゥイユに、コチュジャン加えて、ゆでタコのっけて。
冷凍庫の自家製ドライトマトも自然解凍して。
色々海を渡った感じの味のラタトゥイユだけど、全然違和感なくおいしい(と思います)。
すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え_a0223786_2035445.jpg



タグ:
by mickimchi | 2014-07-08 12:05 | 牛肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(8)

アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス

にんじんを二袋買ってしまってどうしましょう。
うちは、夫もよく買い出しやら料理やらを担当してくれて助かるんですが、こういう事が多々発生します。

で、作ったアプリコットキャロット。
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_1491077.jpg

バターと砂糖たっぷりで作るニンジンのグラッセを、オリーブオイルとアプリコットジャムで作った、いくぶんヘルシーな野菜料理になるかな?
アプリコットジジャム、お料理にも結構使えますよ。

アプリコットキャロット
材料(2人分、メインの料理の付け合わせにしたので少なめです。)
にんじん 1本
しょうが(みじん切り)小さじ1/2
ニンニク(みじん切り)小さじ1/2
水 50CC
コンソメ(顆粒)小さじ1/3
アプリコットジャム 大さじ1/2
塩こしょう 適量
イタリアンパセリ(普通のパセリでも)(刻んで)適量

作り方
1 にんじんの皮をむいて、同じくらいの大きさの乱切りにする。
2 鍋にオリーブオイルとしょうが、ニンニクを入れて弱火にかける。
3 香りが立ったら、水、コンソメ、アプリコットジャムを加える。
4 よくかき混ぜながら一煮立ちさせて、にんじんを加える。
5 蓋をして弱火のままにんじんがやわらかくなるまで煮る。
6 仕上がりに味を見て塩こしょうで味を整える。

煮詰まって焦げそうになったら水を加えて下さい。

もう一品、夏野菜で。
「干しなすのマリネ、カッテージチーズのせ。」
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_1484832.jpg

これは、カッテージチーズがあまってたから。

なすを使ったお料理って、どうしてもあの食欲をそそる茄子紺色が変色してしまって、がんばって作ってもあらら、って事に。
焼きみょうばんと塩水につけたり、いろいろ試してるんですけど。
今回は、半日干した干しなすで作ってみました。
干すったって5ミリくらいの厚さに切ってザルの上に置いて、窓開けといてテーブルの上に半日置いといただけですけど。
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_1485945.jpg

でも仕上がりの色がいつもよりきれいにできちゃった。
半日干しなすは、さっと揚げ焼きして、白ワインビネガー、オリーブオイル、ニンニクの薄切り、塩こしょう少々のマリネ液に漬けて冷蔵庫で冷やしました。
仕上げに、パセリとカッテージチーズをのせて。
ドライトマトのオイル漬けとフライパンで空炒りした松の実をちらして。

ご飯は「韓国風タコライス」。
ご飯に、牛肉の醤油そぼろとキムチ、アボカド、市販のサルサソース、自家製タテギ(韓国唐辛子を使った味ベース)。
タテギの代わりに、コチュジャンでも。
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_943580.jpg


半熟目玉焼きに、どっさりグリーン野菜をのっけて。
食べる時は、良〜くまぜまぜして。
っと、このあたりで、これは韓国風タコライスなのか、あるいはタコライス風ビビンバなのか、どっちだろうという疑問が…
ま、どっちでもいいですよね。
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_9425676.jpg


牛肉の醤油そぼろ、うちの常備菜。
冷蔵庫か冷凍庫に必ず入ってます。
ビビンバに、エスニックサラダに、スープの具に、ドライカレーに、パスタにと、なんでも使えて重宝してますので、ここでご紹介。
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_14191716.jpg

牛そぼろ(作りやすい量)
材料
 牛ひき肉 300グラム
 ニンニク(すりおろして) 小さじ1
 しょうが(すりおろして) 小さじ1/2
 万能醤油だれ 大さじ1(後でご説明します。)
 田舎味噌 小さじ1
 ごま油 小さじ1
 黒こしょう 少々
 ローリエ 1枚

作り方 
 鍋に牛ひき肉とひたひたの分量の水を入れて火にかける。
 ブワ〜ッと沸いてきたら火を止め、挽き肉をザルにあける。
 挽き肉とその他の材料を鍋に入れて炒める。
 挽き肉がパラパラのそぼろ状になったら火を止め、ザルにあける。
 冷めてから保存容器に入れる。
冷蔵でも1週間〜10日もちます。
それ以上保存する場合は冷凍で。

そんでもって万能醤油だれ。
これはいわばめんつゆの素です。
焼鳥のたれに、出汁でうすめてめんつゆに、カレーに加えて和風カレーに、にんにくとフルーツジュースを加えて焼肉のたれに、と重宝します。
アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス_a0223786_100487.jpg



材料(多めにできます。)
 グラニュー糖 大さじ1
 水 大さじ1と1/2
 濃口醤油 125CC
 みりん 25CC

作り方
 1 鍋に水を入れてグラニュー糖を加える
   撹拌器などでかきまぜながら砂糖を溶かす。
 2 砂糖が溶けて、液が透明になったら火を止める。
 3 2の鍋に醤油とみりんも加える。
   全体をかきまぜながら再び弱火にかける。
 4 完全に沸かした状態まで火を入れる。
   ブクブクと沸き立つ直前で火を止める。

すぐに使うより2〜3日冷蔵庫でねかしてからの方がおいしいです。

話がものすごく長くなってしまいましたね。
簡潔にお話しするってむずかしいもんだわ。
最後まで読んで下さった方、なんか申し訳なくなってきた。
今度から記事の途中で「ここらあたりでトイレ休憩してください。」みたいな断り書きしなきゃなんないですね。
と、また話が長くなる。
 
タグ:
by mickimchi | 2014-06-03 10:45 | フュージョン | Trackback | Comments(4)

5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス

5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_16474298.jpg

5時の自分の食事の時間を待ってるうちの犬。
完全に固まってる。
うちの近辺は、午後5時に鐘が鳴るんです。
で、その鐘の音を待ってるんです。
鐘の音が鳴ったのに私がえさをあげるのを忘れてたらもう、催促の鳴き声が。

じっと待ってる姿がおもしろいので、写真を撮ろうと時計を横に置いても動じない。

他にもその5時の鐘の音を待ってるワン達はまだたくさんいるようで…
ほらここにも。
つづきそうです・・・ 




そしてワタクシは、

5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_17362084.jpg
一応、5時半から飲む事にしておりますです。

多々例外もございますが…
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_17362772.jpg






この日は、コロナで、

こうくれば、










コリアンスタイルのメキシカンナイト。
スターターは、自家製オイルサーディンをつぶして、サワークリーム、クリームチーズと混ぜたサーディンディップ。
トルティーヤチップスにつけて。
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_143568.jpg



「コリアンタコス」。
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_14130100.jpg

コーントルティーヤにくるむのは、
牛すね肉の醤油煮に、
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_1415494.jpg


アボカドの浅漬け、チーズにトマト。
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_1421430.jpg


キャベツのキムチと、
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_1422555.jpg


トッピングは、万能ネギと香菜にごま油、醤油、粉唐辛子をふったものをのっけて。
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_1445335.jpg


「ピリ辛チキンケサディージャ」。
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_1431716.jpg

ピリ辛味のチキンのトマト煮(こちらも今度のっけます。)が冷蔵庫に残ってたんで、それを細かく裂いてチーズとともにトルティーヤにはさんでフライパンで焼いたんですけど、何か何枚も食べてしまった。
5時の鐘の音を待つ犬と5時半を待つ私。コリアンスタイルタコス_a0223786_1435445.jpg

タグ:
by mickimchi | 2014-05-19 13:50 | ミッキムチ家のエスニック | Trackback | Comments(8)

コプチャンチョンゴルとトマトキムチのサラダ

また、釜山旅レポお休み。
いつ終わるのだろう、釜山レポ。
この日のmickimchi家のお夕飯は韓国風牛モツ鍋、コプチャンチョンゴル。
釜山旅レポ、その7。テヨンヤンコプチャンでホルモン。の記事書いてたら、なんか食べたくなって作りました。

新鮮な牛のコプチャン(小腸)さえ手に入ればおいしく出来る事、確実です。

コプチャンチョンゴル(2人分)

たれ
コチュジャン 大さじ3と1/3
味噌 大さじ2と1/3
しょうゆ、みりん、酒 各大さじ1
さとう 大さじ1/2
にんにく 1個
しょうが 1カケ
長ネギ 5センチくらい
玉ねぎ 1/5個
リンゴ 1/5個

牛骨スープ(なければコンソメ顆粒少々を湯でといたもの) 150CC〜

コプチャン(牛の小腸) 300グラム
玉ねぎ(串型に切る) 1/3個
しめじ(石づきをとってほぐす)1/2パック
キャベツ(ざく切り) 1/4個
ニラ(4センチくらいに切る) 1/2束
豆腐(一口大に切る)1/2丁

塩適量

作り方
1 コプチャンはたっぷりの湯で一煮たちさせてザルにあけておく。
2 たれの材料をミキサーにかける。
3 2のたれを適量取り、1のコプチャンにまぶしつける。
  30分ほど漬けこむ。
  残りのたれは、鍋に入れるのでいったん取り置く。
4 浅めの鍋にサラダオイルをひき、ニラ以外の野菜をさっといためる。
5 4の鍋にコプチャンをのせ、牛骨スープを注ぐ。
  取り置いた残りのたれも加えて火にかける。
6 コプチャンに火がとおるまで10分ほど煮る。
  スープの味をみて塩で味を整える。
  仕上げに豆腐、ニラをのせて火が通れば出来上がり。
コプチャンチョンゴルとトマトキムチのサラダ_a0223786_15131418.jpg


コプチャンチョンゴルが男料理だったので(私は男ではありませんが…)、サラダはおしゃれに。

「トマトのキムチサラダ」。
最近凝ってます。
コプチャンチョンゴルとトマトキムチのサラダ_a0223786_1231233.jpg

トマト2個を湯むきにして、1個分は串切り、もう1個分は細かく切ります。
細かく切ったトマトをキムチヤンニョン(キムチの素で代用可能)、コチュジャン、はちみつで和えて串切りのトマトにのっけてちょっとレモンしぼっただけ。
ギンギンに冷やすとおいしいです。

もう一品、「トリコロールサラダ」。
葉野菜も、トレビスの赤、アンディーブ(ベルギーチコリ)の白、ロメインレタスの緑とそろえると色が鮮やかで楽しいサラダに。
コプチャンチョンゴルとトマトキムチのサラダ_a0223786_12334683.jpg

クルミとブルーチーズを細かくちぎったのと、オリーブオイル、特製バルサミコ醤油をかけました。
by mickimchi | 2014-02-06 20:38 | チゲ、スープ | Trackback | Comments(2)