タグ:eggs ( 33 ) タグの人気記事

韓国風おかず(パンチャン)と和風おかずの小皿料理。うずら卵の麻薬たまご。

韓国風おかず(パンチャン)と和風おかずの小皿料理を作りました。
乗せてる小皿は100均で買ったもの。
ちょこちょこおかずを乗せるのにちょうどいい。
a0223786_11211187.jpg
a0223786_16513042.jpg

「ごぼうのごま和え」は2分ほどゆでたごぼうを白練りごま6:出汁4:みりん2:薄口醤油1を合わせた和え衣で和えて粉山椒をひとふり。

「ほうれん草のごま豆腐和え」ごま豆腐を潰して白だしとワサビを加えた和え衣で茹でたホウレンソウを和えただけ。

「切干大根」は、こちらで作った鶏出汁切干大根の残り。

「胡麻豆腐の二色田楽味噌」もこちらで作った田楽味噌の残りで。

うずら卵の「ケランジャン」。
ケランジャンは、言わば韓国版半熟煮卵です。
インスタグラムで韓国人がたくさん載っけてたので知りました。
別名「麻薬たまご」なんだそうです。
作り方はムチャ簡単。
醤油と水、砂糖を混ぜ合わせたタレに、ニラ、玉ねぎ、ニンニクのみじん切りと万能ネギ、唐辛子の小口切りを加えて、半熟卵を漬け込むんですって。
なんか、韓国のレシピの砂糖の分量がハンパないんで、めんつゆを薄めて作るくらいにしてみました。

韓国の食堂で出てくるうずら卵の醤油煮が大好きなのでケランジャンをうずら卵で作ってみました。
うずら卵は2分15秒ゆでて冷水に取り、しっかり冷えてから皮を剥くと半熟うずら卵ができます。
ワンパック作ったんですけど、あっという間に完食。
これが麻薬たまごの所以かしら。

ブログで言うのもなんですが、インスタで流行ってるレシピって美味しいんですね。
a0223786_11212407.jpg


そうそう、この日はもう一品、インスタで見かけたおつまみを。
こちらは日本人のインスタで流行ってるようです。
「じゃがバター塩辛」。
これはもう作り方を書く必要もない。
けど美味しい。
a0223786_14520072.jpg


シメは韓国風鶏スープ麺。
お話が長くなってきたので、こちらのご紹介はまた次回。
a0223786_14285046.jpg



by mickimchi | 2018-10-11 11:21 | あれこれおつまみ | Trackback | Comments(0)

メゼの盛り合わせプレート&シャクシュカ、マグロとアボカドのタルタル その2

この記事の続きです。
メインは「シャクシュカ」。
なんだかかわいい名前。
こちらもSNSで人気の簡単料理。
スパイスを効かせたトマトベースのソースに卵を落として、半熟になったところをパンにつけていただくというフライパンひとつでできる一品です。
せっかくなのでたくさん野菜を使って作ってみました。

玉ねぎ、セロリ、ニンジン、パプリカのみじん切りをオリーブオイルでじっくり炒め、自家製トマトソース(ニンニクのみじん切りをたっぷりのオリーブオイルで炒め、トマトのざく切りを加えてじっくり炒め煮したもの)とトマトペースト、白ワイン少々、乾燥スパイスのクミン、パプリカ、チリパウダー、塩こしょうを加えて煮込みました。

本来は野菜だけで作る朝ごはんによく食べられる軽食なのですが、この日はお夕飯のメインだったのでソーセージの輪切りも炒めて加えました。

仕上げにフェタチーズ を乗せ卵を落として卵黄が半熟になるまでさっと煮てテーブルへ。
バゲットに乗せてどうぞ。

これ、おっきなフライパンに作って人数分の卵を落とせば、大人数のおもてなし料理でもいいかも。
a0223786_16064227.jpg



もう一品、「マグロとアボカドのタルタル」は、紫玉ねぎとケッパーのみじん切り、白ワインビネガー、バルサミコ酢、塩こしょう、醤油、エキストラバージンオリーブ油で味付けしてあります。
セルクル型で成形してお皿に盛り、アサツキの小口切りとピンクペッパーを散らしました。
こちらも、野菜やバゲットに乗せて食べると美味しいです。
a0223786_16075977.jpg



こんなわけで、行ったこともない地中海の国に思いを馳せながら作ったお夕飯でした。
a0223786_15442661.jpg

by mickimchi | 2018-07-08 15:25 | フュージョン | Trackback | Comments(0)

おうちビストロ。半熟卵に自家製マヨネーズをかけて、ウフマヨ

台湾レポはちょっとお休み。
最近作ったビストロ風メニューのご紹介。
とろ〜り半熟卵に自家製マヨネーズをたっぷりかけたウフマヨ(ouef mayo)。
大好きな卵料理。

まずはトロトロ半熟卵の作り方。
たっぷりの湯を鍋に沸かして、塩と酢を大さじ1ずつ入れ、冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵をそっと入れ、沸騰したままの状態の火加減で5分20秒茹でます。
茹で終わったら、卵をすぐに氷水につけて3分以上冷やします。
流水にさらしながら殻をむいて出来上がり。

a0223786_13551262.jpg


半熟卵をお皿に盛って自家製のアンチョビとパルメザンチーズ入りのマヨネーズをかけたらウフマヨの出来上がり。
自家製マヨネーズは、卵黄1個、フレンチマスタード小さじ1、アンチョビ2枚を包丁でたたいたもの、胡椒、パルメザンチーズ、生クリーム各少々をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせ、サラダオイルを小さじ1ずつ加えてその度にしっかり泡立て器で攪拌し、計70cc加えて乳化させて作ります。

チーズとアンチョビのコクと旨味で濃厚なマヨネーズになりますよ。
私はサラダオイルの代わりにこめ油を使うのですが、こめ油の方がちょっと軽めに仕上がるかな?

a0223786_13563750.jpg


この日は他にピサラディエールとポテトサラダを作ったのですが、こちらのお話は次回。
a0223786_13493571.jpg





by mickimchi | 2018-05-21 11:51 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(4)

スペイン風ホタルイカのフライ&タラのバスク風オムレツ

スペイン風ホタルイカのフライ、チョピートスフリートスを作りました。
もうウン十年前も昔にスペイン旅行に行った際、一緒に行った父親がマドリードのバルでこれを食べてものすごく美味しがったのを思い出します。
懐かしいなぁ。
多分、日本人みんな好きと思う。

作り方はいたって簡単。
炭酸水60ccに薄力粉30グラムを加えて混ぜ合わせた衣に、目と口を取り除いて水気を拭き取ったホタルイカをつけて、180度に熱した油で揚げるだけ。
この衣で20匹くらい揚げられます。
揚げてる間に油がはねるのだけはご注意を。

出来たてに塩(今回は天然塩にパプリカパウダーとガーリックパウダーを混ぜたガーリックソルトにしました)をパラッとかけてレモン(今回はすだち)を絞っていただくと、濃厚な肝とホタルイカの旨味がお口の中にジュワッと広がって、ワインが進みます。
a0223786_13201155.jpg


この日はスペインバル風にタパスを色々作りました。

夫に作ってもらった「バカラオのバスク風オムレツ」。
フライパンで焼いてほぐした甘塩ダラを卵液に混ぜて作ったスペインオムレツです。
中は半熟のトロットロ。
バスク地方、サンセバスチャンのバルで出てきたカタクチイワシを混ぜ込んだオムレツを思い出します。
a0223786_15034658.jpg


他にも、私は「バスク風カニの甲羅焼き」を作って、夫は「ベーコンとアスパラガスのソテー」、「タコのガリシア風」と色々作ったのですが、この先は次回に。
a0223786_11230855.jpg

by mickimchi | 2018-04-26 14:19 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

卵を使った韓国風おかずパレード

卵か好き過ぎて困ります。
コレステロール値の心配がなければ何個でも食べたい。
でも卵の摂取量とコレステロール値って実は関係がないっていう説もあるんですよね。
何はともあれ、ほどほどにしておくべきなのでしょうね。

と言いつつ、作ったのはすごいビジュアルの卵料理。
韓国料理で卵を使ったおかずと言えばまず思い浮かぶのがケランチム!
韓国風茶碗蒸しです。
 
チーズを入れてボワンと膨らんだ「ボルケーノケランチム」、作ってみました。
a0223786_13500313.jpg

中までフワフワにできました。
これは作り手の実力でなくって卵の威力、すごいですね。
a0223786_15592099.jpg



それから、韓国料理のたまごを使ったおかず、思い浮かぶのは」チヂミかな?
昨日作った「九条ネギと桜エビのチヂミ」。

日本人だからか、チヂミもふんわりした生地のチヂミが好き。
水を切ってつぶした木綿豆腐半丁に、卵1個、片栗粉大さじ3、小麦粉大さじ1を混ぜ合わせた生地で作りました。
a0223786_15530906.jpg


玉子焼き器を使って四角く作るとカットしやすいです。
桜エビの香りが春ですね。
a0223786_15561245.jpg


ふんわりチヂミと言えば今思い出したのですが、中目黒の若狭で食べたチヂミが今まで食べたチヂミの中で一番ふんわりしてて美味しかった。
もうお座布団くらい膨らんでるんです。

あれって多分山芋が生地に入ってるのかな?
今度試しに作ってみようっと。
a0223786_16412049.jpg

こちらはイカの胴に春雨やキムチ、豆腐、豚ひき肉などの詰め物をして蒸し、卵液をくぐらせて焼いた「オジンオスンデ」。
詳しい作り方はこちら
この時期の小さめのヤリイカで作ると美味しいです。
a0223786_15580540.jpg


このオジンオスンデ、本場の韓国の束草(ソクチョ)では大っきいイカで作る豪快料理らしんですが、私が食べたのはこちら弘大(ホンデ)のマッコリ屋さんで出てきたおつまみ。
a0223786_17071870.jpg
これがマッコリとぴったり合ってとっても美味しかったので、それ以来真似してちょくちょく作ってます。


by mickimchi | 2018-04-20 22:41 | 卵がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)

かんぱちの昆布締めの和風カルパッチョと、カステラみたいなお寿司屋さんの玉子焼き

こぼれ寿司を作った日のおつまみ。
札幌旅行のお土産の羅臼昆布で昆布締めにしたかんぱちを、煎り酒(市販品)と柚子胡椒を混ぜたソースでマリネしてカルパッチョを作りました。
彩り野菜の和風ピクルスを添えて。

近所の和食屋さんで煎り酒とおろし生姜で白身のお刺身を食べて、その食べ方に新鮮味を感じたので、煎り酒を購入。
お醤油みたいに色が濃くないから、和風のカルパッチョなどに重宝してます。
煎り酒って自分でも割と手軽に作れそうなので、次回は手作りしてみようかな。

a0223786_16572151.jpg

昆布締めにはもったいないほど肉厚の羅臼昆布。
確かにね、二条市場のおじさんが言ってたのよね。
「羅臼昆布で昆布締め作るんだったら、相当立派な魚ででかい昆布締め作る他ないよ。」って。
いやいや、立派すぎる羅臼昆布、昆布締めに使った後もお出汁を取って、さらに佃煮にしていただきました。
a0223786_16563477.jpg


カステラみたいなお寿司やさんの玉子焼きも作りました。
背ワタをとって塩と片栗粉を加えた水でもみ洗いしたエビ100グラム、すりおろした大和芋40グラム、片栗粉、昆布出汁、みりん、はちみつ、薄口しょうゆ、塩、マヨネーズ各少々と、卵2個をハンドミキサーでガーッとやって、サラダオイル少々を敷いた一人分の玉子焼き器で玉弱火で蓋をしてじっくり焼きます。
串を刺して卵液がついてこなかったら出来上がり。
いつもは、はんぺんと卵だけで手抜きして作るんですけど、成城石井にはんぺんが売ってなかったので仕方なく真面目に海老と大和芋で作りました。
(成城石井って、パクチーとかエゴマの葉は常時あるのに、時々基本的な食材がなかったりして、なんか不思議なんですよね、ブツブツ。ここで愚痴っても仕方がないのですが...)

でも手間をかけると手間をかけただけ美味しくなるもんですね。
a0223786_16573245.jpg


玉子焼きで作った、卵を加える前の味付けしたエビのすり身と大和芋のすりおろしが余ったので、海老しんじょうにしてお椀ものにしました。
羅臼昆布と鰹節でとったお出汁で。
a0223786_16574818.jpg

by mickimchi | 2017-10-02 12:38 | たまには和食 | Trackback | Comments(0)

お酒のお供に、思いつきのちょっと一皿

お台所で夕方、缶ビールをプシュッと開けてグビッとしながらお夕飯の準備。

そんな時ひらめいて作った、おかずというよりお酒のおつまみになるちょっと一皿をご紹介。

「白菜キムチとりんご韓国風シーザーサラダ」。
お酒がススむサラダです。
仕込んだばかりの浅漬けのキムチがあったので思いつきました。
具はサラダ菜とトレビス、白菜キムチ、りんごにローストビーフ少々。
ドレッシングは、ニンニクのみじん切り、パルメザンチーズ、アンチョビの代わりにイワシエキス(ナンプラーで代用可)、卵黄、マヨネーズを混ぜ合わせ、レモン汁とごま油を少量ずつタラタラたらしながら交互に加えて塩胡椒で味を調えた、韓国風のシーザードレンシング。

a0223786_16533214.jpg



「納豆キムチのアボカドチーズ焼き」。
白菜キムチのみじん切りと万能ネギの小口切り、納豆、納豆についていた付属のタレを混ぜ合わせ、半分に切って中身をくりぬいたアボカドの底に敷きます。
アボカドの実をスプーンでつぶし、塩少々で味付けしたら、アボカドの器に戻します。
真ん中の種があった辺りにくぼみをつけて、その部分に冷凍卵の黄身醤油漬けを乗せ、とろけるチーズを振りかけて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いて出来上がり。

a0223786_16532480.jpg



「おぼろ豆腐の明太しらすおろしがけ」。
出汁醤油で。
a0223786_17180716.jpg


SNSで流行りの「カクたこ」も作りました。
これは私がひらめいたわけではなく、どなたかがひらめいた優れものレシピ。
卵焼き器で作るたこ焼き。
これ、簡単で美味しいですね。
a0223786_17204850.jpg
a0223786_17203611.jpg



by mickimchi | 2017-09-08 10:37 | あれこれおつまみ | Trackback | Comments(0)

からすみパウダーとキャビアもどきで。

「焼きナスのちょい乗せ」。
時々これ、無性に食べたくなる。
焼いたナスに大根おろしと魚卵をトッピングするだけなんですけどね。
今回はいくらとからすみパウダーとキャビアもどきを乗っけて。
明太子やトビコ、とんぶりでも。
前回の記事のえのきのレンジナムルで作った梅だれが美味しかったので、このちょい乗せにもちょっとつけて。
魚卵の塩気があるから、梅だれはほんのちょっと。
a0223786_13480745.jpg


というわけで、からすみパウダーとキャビアもどきが余ったので、それを使って色々作ってみました。
キャビアもどきって、ランプフィッシュという魚の卵を着色してキャビアに見立てたものらしいです。
a0223786_14285516.jpg


いくらとキャビアもどきの冷製フラン。
フランって卵と牛乳で作る茶碗蒸しのようなもの。
卵一個に対して、牛乳と生クリームを合わせて50cc、ブイヨン50cc、塩胡椒ほんの少々を混ぜ合わせた卵液を器に注いで蒸し器で弱火で13分ほど蒸します。
今回は冷製フランなので、冷蔵庫で冷やしておいて食べる直前にいくらとキャビアもどきを乗せました。
a0223786_13481747.jpg


からすみ大根の蕎麦仕立て。
ベジヌードルカッターで大根をカットしてからすみパウダーをかけ、キャビアもどきといくらを乗せただけ。
麺つゆをちょっとかけて。
a0223786_13503897.jpg


クレソンとアスパラガスのからすみミモザサラダ。
a0223786_13575367.jpg

ここまで書いてきて、からすみパウダーでからすみカルボナーラなんて美味しいのでは?ってひらめいたので今度作ってみます。


by mickimchi | 2017-09-03 08:34 | フュージョン | Trackback | Comments(4)

ハルラサンポックンパ、作ってみた。

韓国で流行っているらしい、ハルラサンポックンパを作ってみた、いえいえ、正式には作ってもらってみた。(夫に...)

漢拏山(ハルラ山)は済州島の中心にそびえる、韓国で一番高い山。
島のどこからでも眺められて、済州島自体、そもそもハルラサンの噴火によってできた島なんですって。

その済州島のハルラサンに見立ててキムチチャーハンを山型に成形し、フライパンにのせて弱火にかけます。
てっぺんを火口のように凹まして、山の斜面に溝を作って、溶き卵にチーズを混ぜた卵液をかけ、卵液がトロッとするまで焼いたら出来上がり。

a0223786_11010621.jpg


動画もどうぞ。
(なんか動画に変な音が入ってるんですけど、その正体がわからないです。もしかしてハルラサンからのスピリチュアルパワーか?)




本場の済州島の店では専用の平鍋を使って、お店のおじちゃんが独得の口上を述べながら作ってくれるみたいですけど、おうちではテフロン加工のフライパンで簡単にできます。

ホームパーティでホットプレートで作ったら結構受けるかもです。

by mickimchi | 2017-08-26 17:32 | ご飯類 | Trackback | Comments(2)

きゅうりの焼き餃子と、余った餃子の皮の行方

バスク旅行レポはちょっとお休み。
最近作ったご飯のお話。

きゅうりの焼き餃子?
韓国のテレビ番組でやっていたので、作ってみました。
a0223786_09242313.jpg
塩をまぶしてしばらく置いた薄切りきゅうりは、水気をギュウ〜っと絞ります。
これによく火を通したスクランブルエッグを調理バサミで細かく切ったものと、長ネギのみじん切りを合わせてボウルに入れ、オイスターソースで味付けします。

これが餃子のタネ。
これを餃子の皮でフツーに包んでフツーの焼き餃子の要領で焼きます。


ほら、こんな感じ。
お醤油に酢、ラー油でどうぞ。
a0223786_09250960.jpg

これが軽くておいしいの!
きゅうりの食感もしっかり残ってて、夏にぴったりの爽やかな味。

二人分でこの量で、きゅうりが1本、卵1個、長ネギが1/3本くらいだったかな?
しかし、これ倍くらい食べれちゃう。
もっとたくさん作ればよかったと激しく後悔しました。


こんな感じで、韓国の軽食屋さん、ブンシクチプ風ご飯。
いつかどこかで、サッポロ一番みそラーメンに、キムチと納豆を入れると美味しいと聞いたので、卵入りで。

なんかハマる味です。

a0223786_10222203.jpg

余った餃子の皮の行方は、と言いますと...
後日夫が
「餃子の皮で、しらすとマッシュルームのピザ」を作ってくれました。
餃子の皮を少しずつ重ねて円形にし、具を乗せてフライパンでじっくり焼いたら、皮パリッパリに。
ビールのお供にピッタリでした。

a0223786_09251784.jpg

by mickimchi | 2017-08-06 09:19 | ギョウザ、マンドゥ | Trackback | Comments(6)