タグ:pork ( 63 ) タグの人気記事

人気店のプデチゲを真似てみた、あと叙々苑のサラダも。

今月行ったソウルのお話はちょっと休憩で、最近作ったプデチゲのお話。

韓国の水原にある、プデチゲの人気店のプデチゲの写真をインスタで見て、どうしても食べたくなって真似してみました。
スパムやらベーコンやら、いろんな具材たっぷりのいつものプデチゲもいいんですが、二人暮らしの食卓にはちょっと多すぎて持て余しちゃう。
それで今回は、具材はシンプルにフランクフルトソーセージと粗挽きの豚ミンチ、野菜は九条ネギともやしのみ、それにとろけるスライスチーズの小鍋仕立てのプデチゲにしてみました。
a0223786_18025116.jpg


プデチゲのスープは、以前コムタンスープを作った時のものを取っておいたので、それを使いました。
作り方はこちら
牛スネ肉を煮たスープとか、市販の牛ダシダやビーフコンソメでもいいと思いますが、ダシダやコンソメは塩味が付いているのでご注意を。

a0223786_18061835.jpg

まずはヤンニョンジャン作り。
ふたり分だと、粉唐辛子大さじ1、醤油小さじ1と1/2、酒大さじ1、砂糖小さじ1、コチュジャン小さじ1/2、おろしニンニク小さじ1、おろし生姜小さじ1/2を混ぜ合わせておいて、これがプデチゲのヤンニョンジャン。

フランクフルトソーセージ(大きさによるけど2~3本くらい)は輪切りにして、端っこの部分を小鍋に入れます。
その上に九条ネギを敷いて、醤油小さじ1、酒小さじ1、胡椒少々で味付けした粗挽き豚ひき肉(150グラムくらい)を平べったく乗せます。
まわりにグルッと輪切りのフランクフルトを並べて、牛骨スープ400ccにヤンニョンジャンを半分ぐらい混ぜ合わせたプデチゲスープを具材がヒタヒタになるくらいまで注いでチーズをのせて火にかけます。

a0223786_14511958.jpg

グラグラっとスープが沸いてきたらもやしを乗せて、具材に火が通ったらどうぞ。
ヤンニョンジャンは辛さをみながら加えつついただきますよ。
スープが少なくなったらスープも足しつつ...

途中、即席ラーメンを割り入れても美味しいんですが、白ごはんの上にアツアツ、ツユダクのプデチゲを乗せながら食べるのがオススメ。






あとはキノコのチャプチェ。
春雨を入れずにキノコだけで作ると軽いおつまみ風に。
a0223786_15051605.jpg

叙々苑風サラダも作りました。
ちょっと前に叙々苑に行って美味しかったので。
レタスときゅうりで作りましたが、サラダ菜でも。
きゅうりの皮を取るとお店っぽい味になります。
ドレッシングはお醤油1:ごま油とサラダオイルをお好みの配合で混ぜたもの3。
これに、おろしニンニク、炒りごまをたっぷり、味を見て塩を少々、化学調味料がお嫌いでなければ味の素適宜、でわりかし叙々苑風になりました。

a0223786_15043283.jpg

by mickimchi | 2018-11-27 13:20 | チゲ、スープ | Trackback | Comments(3)

山椒風味のオトナの鶏チャーシュー

鶏チャーシュー、山椒風味作りました。
豚肉で作るチャーシューより味が染みやすくやわらかくできて、鶏ハムよりずっと簡単な鶏チャーシュー。
ラーメンのお供に、チャーハンの具にといろいろ使えて便利なのでたびたび作ります。
今回は実山椒で作った山椒の醤油漬けを加えた、ピリリと山椒の風味が効いた大人のチャーシューにしました。
市販の実山椒有馬煮も美味しいと思います。

作り方はいたって簡単。
鶏もも肉は厚い部分に切り目を入れて開き、厚みを均等にします。
皮目を下にして塩少々を振り手前からくるっと巻き、タコ糸で縛ります。

鶏もも肉1枚に対し、酒大さじ1、醤油大さじ1、はちみつ大さじ1/2、砂糖大さじ1/2を混ぜ合わせた漬けだれを用意し、ビニール袋にタコ糸で縛った鶏肉と一緒に入れて全体をモミモミします。
ビニール袋から鶏肉だけ取り出してサラダオイルを薄く敷いたフライパンで全体に焼き色がつくまで転がしながら焼きます。
ここにビニール袋に残った漬けだれ、水125CC、ニンニクと生姜のみじん切り各少々、山椒の醤油漬けをお好きなだけ加えて、蓋をして3分ほど煮込み、蓋を取ってさらに3分煮込んで火を止めます。
そのあと蓋をしてチャーシューが常温になるまでフライパンで蒸らします。
タコ糸を取って輪切りにすれば出来上がり。

そのまま食べてもいいのですが、
a0223786_08464778.jpg


鴨だんごと鶏チャーシューのつけそば。
つけそば用の太麺をそばつゆでいただきます。
鴨だんご汁の具は鴨だんごに九条ネギ、キノコなど。
あればナスやゴボウ、シシトウなんかを入れても。
黒七味と山椒を添えて。

鶏チャーシュー、鴨肉で作って鴨チャーシューにしたら美味しそう。
a0223786_08441273.jpg


こちらはとんこつラーメン風とんこつご飯。
とんこつスープで炊き込んだご飯に、半熟煮卵、ナルト、鶏チャーシュー、メンマをトッピング。
a0223786_08453518.jpg

by mickimchi | 2018-09-28 11:04 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(4)

黒酢の酢豚と載せ忘れた中華

すっかりブログに載せ忘れていた中華ごはん。
中華料理って強火でさっと、パパッと作るのが美味しいわけですが、要領の悪い私としては、作るとしたら下準備が出来てバタバタ慌てず作れるメニューにしてます、ってかそういうのしか出来ませんし...

まずは「鎮江黒酢の酢豚」。
おなじみの酢豚も中国黒酢と中国醤油を使うだけでザ・中華 になるのが不思議。
豚バラブロック肉400グラムに対し、水1リットル、中国醤油2カップ、砂糖大さじ5、紹興酒大さじ5を合わせて鍋に入れ、長ネギの青い部分と生姜と一緒に、柔らかく煮込んだ豚肉を角切りにして片栗粉をまぶし多めのサラダオイルで揚げ焼きします。

これを水2:紹興酒2:砂糖2:中国黒酢2:中国醤油1の割合で混ぜ合わせ煮詰めた黒酢ソースで絡めて出来上がり。

豚肉を揚げ焼きして、黒酢ソースを作っておけば、食べる前に豚肉をフライパンで温めてソースを絡めてすぐ出来上がりです。

中華黒酢と中華醤油は中華料理の調味料に色々使えるので、買っておいても使わず仕舞にはならないと思いますので是非!
a0223786_16040780.jpg



この黒酢ソースを使って作ったのが前回登場の「厚揚げの酢豚風」。です。
お肉使わないから軽くていいですよ。
フライパンで焼いた厚揚げに黒酢ソースを絡めて、さっと茹でた野菜と一緒にお皿に盛り付けただけ。
a0223786_12095593.jpg


こちらも下準備万端にしとけば、食べる前に炒め合わせて出来上がりのメニュー。
「鶏むね肉と夏野菜のさっぱり炒め」。
鶏むね肉1枚を小さく切り、下味の塩胡椒各少々をもみこみ、あわ立ててゆるいメレンゲにした卵白1/2個分も加えて絡め、最後にサラダオイル少々も絡めます。

サラダオイルを温めたフライパンにニンニク生姜のみじん切りを入れて炒め、鶏肉も加えてゆっくり中火で炒め、茹でたトウモロコシと枝豆を加え、鶏がらスープ大さじ4、塩、砂糖各小さじ1、紹興酒大さじ1、水溶き片栗粉小さじ2を合わせた合わせ調味料を入れて炒め合わせて出来上がりです。

下味をつけた鶏肉を炒めて、トウモロコシと枝豆を茹で、合わせ調味料を作っておけば、秒速で出来ます。
a0223786_16015531.jpg


なんだか話が長くなってきましたので、残りは次回。
料理の段取りもノロノロの私、ブログの文章もダラダラとなっちゃいます。
お許しを。
a0223786_15582588.jpg
a0223786_16003904.jpg

by mickimchi | 2018-08-10 12:13 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(2)

定番中華のおもしろレシピ 「青椒肉絲ステーキ」に「食べれば春巻」

牛肉ピーマンの細切り炒め、青椒肉絲(チンジャオロース)。
やわらかなお肉とピーマンのしゃきしゃきの歯ごたえが美味しい中華料理の定番ですが、イチボのステーキ肉を使って青椒肉絲ステーキにしちゃいました。

肉なしの青椒肉絲を作って、上に中華風のステーキを乗せたわけです。
a0223786_11254174.jpg
材料(2人分)
カラーピーマンの細切り 5個分
茹でタケノコの細切り 50グラム
A 砂糖 小さじ1
 酒 大さじ1
 醤油 小さじ2
 オイスターソース 小さじ1
 水 大さじ1
 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1/3を水小さじ1/2に混ぜたもの)
 胡椒 少々
牛ステーキ肉 1枚
B シーズニングソース 少々
 酒 大さじ1
 醤油 小さじ1

作り方
1 ステーキ肉を強火で好みの加減に両面焼き、Bで調理する。
 ホイルで包んで10分ほど置き、食べやすく切る。
2 野菜を炒め、合わせておいたAを加えて炒め合わせて火を止める。
3 2を皿に盛り、1を乗せて出来上がり。

シーズニングソースを使うとグッとアジア的な味になるんですがなければ省いても大丈夫。
見た目のインパクトでがっつり男子系にもウケるかな?


こちらは、「食べれば春巻」。
まず、春巻の皮を小さな細切りにしてカラッとあげておきます。

にんにく、生姜のみじん切りを炒めて香りが立ってきたら細切りにした豚もも肉50グラムを加えてさらに炒めます。
ここに、茹でタケノコ、カラーピーマン、さっと茹でたもやしなどの野菜を2人分で計300グラムほどを炒め、醤油小さじ1と1/2、塩小さじ1、砂糖小さじ1/2、鶏がらスープ1を合わせた調味料を加えてめ合わせ、水溶き片栗粉少々でとろみをつけます。

これをお皿に盛って、上から春巻の皮を揚げたものをトッピングして出来上がり。

目をつぶって食べれば、あらま春巻だわ、っていうズボラレシピです。
a0223786_11255881.jpg



こちらは厚揚げの酢豚風。
でも味付けは鎮江黒酢を使った酢豚と同じだから本格風。
と、ここで、よく作る、この鎮江黒酢の酢豚をリンクしようとしたらあれれ?まだブログに載っけてないですね。
載っけ忘れた酢豚のことを次回書きますね。
a0223786_11254899.jpg

by mickimchi | 2018-08-08 11:23 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(4)

肉あんかけチャーハン

肉あんかけチャーハン。
ムチャ心騒ぐネーミングのチャーハン。
なんだかガッツリ飯を急に食べたくなり、作ってみました。
いつも作る豚の甘辛煮を卵チャーハンにたっぷりかけてみたのですが、これが思いの外うまくいったのでご紹介。

a0223786_11152718.jpg
肉あんかけチャーハン(ふたり分)
材料
肉餡用
 豚肩ロース肉 200グラム
 豚肉の下味用に
  塩ひとつまみ、胡椒少々、酒小さじ1、片栗粉適宜
 にんにく(みじん切り) 1/2カケ分
 生姜(みじん切り) 1/2カケ分
 鶏ガラスープ(ガラスープの素小さじ1を湯で溶いたもの) 150cc
 甜麺醤 大さじ2
 醤油 大さじ2
 紹興酒 大さじ1と1/2
 砂糖 小さじ2 
 水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2を水大さじ1で溶いたもの)  大さじ1と1/2
 サラダ油、ごま油 適宜
卵チャーハン(ふたり分)

作り方
1 肉餡を作る。豚肉を細い拍子切りに切り、塩コショウ、酒を加えてよく揉み込む。
 片栗粉をまぶして全体になじませる。
2 フライパンに多めの油と豚肉を入れ火にかけて、白っぽくなるまで油通ししザルにあける。
3 フライパンを洗って弱火にかけてサラダ油を熱し、にんにく、生姜を香りが出るまで炒める。
4 豚肉を加えてさらに炒め、鶏がらスープ、紹興酒を加えてしばらく煮る。
5 醤油、甜麺醤を加えて汁気が少なくなるまで煮る。
6 水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつけ、ごま油をたらして香りをつける。
7 卵チャーハンに肉餡をたっぷりかけて出来上がり。

サラダは、「新玉ねぎ、紫玉ねぎ、きゅうりのトビコドレッシング、桜えびトッピング」。
トビコドレッシングはトビコに出汁醤油、ごま油を混ぜたもの。
すだちをキュッと絞って。
a0223786_17020691.jpg


スープはピリ辛サンラータン。
a0223786_17033041.jpg

by mickimchi | 2018-06-21 15:29 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(0)

ニラと豚ミンチとピータン、豆豉のピリ辛炒め、台湾風、作ってみた

こちらで食べた「ニラと豚ミンチとピータン、豆豉のピリ辛炒め」の味が忘れられず、真似して作ってみました。

もちろん作り方など知る由もなく、こんな感じだったかなぁと味を思い出しながら作ってみたのですが、食べた夫が「これ、どこでレシピ見つけたの?」って言っていたのでわりかし似た感じにできたのかな?
a0223786_09432040.jpg

忘れないうちにレシピの覚え書き。
ニラと豚ミンチとピータン、豆豉のピリ辛炒め
材料(二人分)
豚ひき肉(粗挽き)200g
ピータン(粗みじん切り)1/2個
ニラ(みじん切り)3本分
長ネギ(みじん切り)4センチくらい
にんにく(みじん切り)1片分
生姜(みじん切り)1片分
鶏のスープ 200cc (鶏ガラスープの素を湯で溶いたもので代用しても)
甜麺醤 大さじ2
豆板醤 小さじ1/2
豆豉醬 小さじ1
醤油 大さじ2
紹興酒 大さじ1と1/2
砂糖 小さじ2
水溶き片栗粉(片栗粉を同量の水で溶く)大さじ1
サラダオイル 適宜
ごま油 適宜

作り方
1 フライパンを弱火にかけてサラダオイルを熱し、にんにく、生姜を香りが出るまで炒める。
 ネギも加えて炒め合わせる。
2 豚挽肉を加えてさらに炒める。
 豚肉に火が通ったら鶏のスープ、紹興酒、砂糖を加えてしばらく煮る。
3 醤油、甜麺醤、豆板醤、豆豉醬、ピータンを加えて汁気が少なくなるまで煮る。
4 ニラを加えて水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけ、ごま油をたらして香りをつける。

ご飯にたっぷりかけてさあどうぞ。
豚ひき肉は断然粗挽きがオススメ。
もしスーパーに見つからなければ、豚肩ロース肉か豚バラ肉のブロック肉を頑張って細かく包丁で叩いて粗みじん切りにしてみてくださいね。


こちらが正真正銘、本家本元の富錦樹台菜香檳 at Fujin Treeのニラと豚ミンチとピータン、豆豉のピリ辛炒め。
また台北に行ったら食べたいな。
a0223786_09480079.jpg


お店で買った特製ラー油。

a0223786_16281380.jpg


このラー油を使って一品。
「イカの長ネギソース和え」。
さっと茹でたイカとグリンピースをたっぷりの長ネギ、生姜のみじん切りとごま油、塩、砂糖少々と花椒粉、ラー油を混ぜ合わせた長ネギソースで和えました。
a0223786_16351597.jpg


by mickimchi | 2018-05-14 09:43 | ミッキムチ家の中華 | Trackback | Comments(2)

豚ロース肉のミルク煮と和風セビーチェ

久々に豚ロース肉のミルク煮を作りました。
ホントはね、この日はローストビーフを作るつもりでスーパーにお買い物に行ったんです。
覚悟はしていたものの、和牛のローストビーフ用の塊肉のお値段を見たら、高すぎる〜!
ってことで急遽豚ロース肉のお料理に変更。

この豚ロース肉のミルク煮は、お料理名のまんまお肉を牛乳でコトコト煮るだけの簡単料理。
材料も豚ロース肉、牛乳、バター、サラダオイル、ローズマリー、塩コショウとあればナツメグ。これだけ。

塩(豚肉の重量の2%くらい)をすり込んでからタコ糸でしばった豚肉の表面を、サラダオイルとバターで焼いてお鍋に入れて、牛乳をドボドボお肉が隠れるくらい注ぎます。
白ワインを加え、ニンニクひとカケとローズマリー(セージでも)1~2本を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にして落とし蓋代わりにキッチンペーパーを乗せて1時間半。
竹串がスッと通るくらいまで、時々豚肉の上下をかえしながら煮ていきます。
豚肉を取り出したあと、鍋の煮汁がトロッとするまで煮詰めて味を見て、塩が足りなければ塩を足し、こしょうを振って、ナツメグを振ります。
豚肉を切ってお皿に盛ったらソースをかけて出来上がり。

これがね、どういうわけか豚肉がトロンとやわらかくなって、さらにミルクを煮込んだスープが美味しいの。

今回はさっと茹でた春野菜を添えました。
調味料の分量もアバウトで、牛乳が吹きこぼれないようにすることと、汁気がなくなって焦げ付いちゃうことに気をつけるだけが注意点かな?
吹きこぼれそうになったら火加減を調節し、汁気がなくなったら牛乳を加えて下さい。

バゲットにたっぷり浸し食べも美味しいし、バターライスにかけちゃうのもオススメです。
この時は手作りのニョッキを合わせてますね。
a0223786_11371659.jpg

一緒に作ったのは、サラダ代わりに和風セビーチェ。
セビーチェって、白身魚などのシーフードをライムなどの柑橘系のフルーツの絞り汁とオリーブオイル、塩、タバスコで作る爽やかな南米のお料理。

セビーチェ作ろうと冷蔵庫を覗いたら、タバスコの賞味期限が切れていたので、タバスコの代わりに柚子胡椒、ライムの代わりにカボス、あとはオリーブオイルと塩、メイプルシロップを混ぜ合わせて和風マリネ液を作りました。
これに、お刺身用のイカ、甘エビ、ホタテ、紫玉ねぎ、パプリカのみじん切りをマリネしてパクチーのみじん切り、ピンクペッパーを乗せました。

この日はバゲットにたっぷり乗せていただきましたが、酢飯に乗せたら即席洋風ちらし寿司になりますよ。

a0223786_11385629.jpg



白ワインを開ける予定だったので「スカモルツァチーズのソテー」も作りました。
スカモルツァチーズってモッツアレラチーズみたいな南イタリアのチーズ。
よくほら、スーパーでひょうたん型のかわいいチーズをみかけますよね。
あれです。
そのまま食べても美味しいんですが、両面を焼いてちょい薄膜ができたところを食べるのが
ウマいです。

チーズ自体にも塩味がついているのですが、ニンニクとアンチョビのみじん切りとオリーブオイルをフライパンに入れて弱火で炒め、白ワインビネガーとイタリアンパセリのみじん切りを加えたアンチョビソースをかけると、これはもうワインがグビグビいけますよ。

a0223786_11432048.jpg

by mickimchi | 2018-04-12 14:04 | Trackback | Comments(0)

新ジャガとスペアリブで春のカムジャタン

新ジャガとスペアリブを使ってカムジャタンを作りました。
a0223786_17221098.jpg


韓国の料理番組「今日なに食べる?」で観たレシピをベースにしてます。
番組のMCふたりが、韓国の有名なカムジャタン屋さんのおばちゃんに習ったレシピなのですが、これは日本人でも簡単に作れそう!ということでやってみたわけです。

本場韓国では、カムジャタンと言えば豚の背骨まわりの肉をたっぷり使うボリューミーなお料理。
それを日本でもすぐ手に入るスペアリブで代用しました。
いつもはコチュジャンを入れて作るカムジャタンですが、このレシピは粉唐辛子だけ。
これがさっぱりしてて、圧力鍋でホロホロにやわらかくなったスペアリブが美味しくってビックリ。
ですんで皆様にもご紹介。

材料(2人分)
スペアリブ 500グラム前後
味噌 少々
大豆粉 小さじ1
エゴマの粉 適宜
粉唐辛子 大さじ2
塩 適宜
おろし生姜 小さじ1
おろしニンニク 小さじ2
新ジャガイモ 大きければ4個前後 小ぶりなら6個前後
青菜を茹でた物 適宜


1 スペアリブ500グラムはスペアリブかかぶるくらいの水と一緒に鍋に入れ、中火にかける。
  沸騰してから数分茹でてザルに取り水でよく洗う。
2 1のスペアリブをたっぷりの水、味噌少々と一緒に圧力鍋に入れ蓋をして火にかける。
  圧がかかったら中火で10分煮る。
  10分たったら火を止めて蓋をしたまま20分置く。
3 大豆粉小さじ1、エゴマの粉小さじ1を少量の水で溶く。
  かき混ぜながら大豆粉のにおいがなくなるまで弱火で煮込み、火を止めて置いておく。
4 粉唐辛子大さじ2、塩小さじ1、おろしニンニク小さじ2、おろし生姜小さじ1、水大さじ1を混ぜ合わせてヤンニョンジャンを作っておく。
5 新ジャガイモは洗って皮がついたままたっぷりの湯で茹でる。
  竹串がすっと通るようにやわらかくなったら火を止め、皮をむいておく。
  大きければ2等分か3等分に切る。
6 鍋に2のスペアリブ、5の新ジャガ、茹でた青菜を盛る。
  脂を取ったスペアリブの茹で汁をスペアリブがヒタヒタになるくらいまで注ぐ。
  4のヤンニョンジャンを山盛り大さじ1くらい、3のエゴマと大豆粉のお粥を乗せて、火にかける。
7 沸いてきたらヤンニョンジャンを溶かしながら味を見る。
  辛味と塩味のお好みでヤンニョンジャン、塩を追加して味を整える。
8 えごまの粉適宜を加えて出来上がり。

青菜は季節のもので、何でもいいと思います。
番組ではウゴジ(白菜の外葉と大根の葉)を茹でたものを使ってましたので、私は乾燥大根葉をさっと茹でて乗せました。

大豆粉、エゴマの粉を水で溶いて練ったお粥状のものをスープに加えるのがミソだそうで、これが肉のくさみを取るそうです。
確かにスープにトロミが付いて香ばしい風味も加わり、いい感じです。

エゴマの粉、日本でも手に入れられるようになりましたね。
成城石井でも見かけましたよ。
大豆粉も韓国でもスープや、和え物にもよく使うし、こちらもヘルシーフードですので是非ゲットして作ってみて下さいね。
今度、別の大豆粉を使ったレシピもご紹介したいです。






付け合わせはプチトマトの浅漬けキムチ。
パク・シネちゃんのトマトキムチの作り方で、プチトマトで作ってみました。
これは簡単だけど、さっぱりしててサラダみたいにいただけます。
a0223786_17162922.jpg


切り干し大根のキムチ。
もどした切り干し大根をミッキムチのキムチヤンニョンで和えました。
キムチの素でやってみて下さいね。
a0223786_17190253.jpg


by mickimchi | 2018-04-03 12:33 | 豚肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(2)

豚バラ肉のハーブ巻きロースト、ミニ「ポルケッタ」

イタリアンローストポーク、ポルケッタ。
本来はハーブやニンニクを効かせた豚の丸焼き料理で、イタリアンレストランでは大きな豚ブロックをグルッと丸めて作る豪快なお料理ですが、二人暮らしのうちで作るのはミニチュア版。

a0223786_10062970.jpg


豚ブロック肉(今回は500グラム)にナルトの模様のように包丁で切れ目を入れて薄く開きます。
私は豚バラ肉が好きなので豚バラで作りますが、肩ロース肉でも。
豚肉の1%の塩、ローズマリーとイタリアンパセリのみじん切り、ニンニクのみじん切りをお肉に乗せて肉をロール状にクルッと巻いて行きます。
タコ糸でぎゅっと縛り、さらにラップを巻いてソーセージの形にします。
これを半日〜一晩冷蔵庫に入れて寝かせます。
a0223786_11060011.jpg

これをフライパンで焦がさないように時々転がしながら(フライパンの蓋をして)蒸し焼きしていくのですが、焼き過ぎると固くなっちゃうのでご注意。
500グラムのお肉の場合、フライパンで5分焼いて5分蒸らす、肉を転がしてまた5分焼いて5分蒸らす、さらにもう一度肉を転がして5分焼いて5分蒸らす、焼き15分、蒸らし15分くらいがちょうどいい感じかな?

食べる前に輪切りして両面を炙って出来上がり。
肉を焼いた時に出た脂を取っておいて塩胡椒で味を整えソースにしました。

半端にちょこっと残った分は冷凍して、別の日に紫キャベツの赤ワイン煮込みに乗せて食べました。
冷凍しても味が変わらないし、簡単なわりにわりかし凝ったお料理に見えません?
何しろ、ニンニクとハーブの香りでバクバクいけるローストポークです。

a0223786_10055305.jpg

by mickimchi | 2018-02-02 12:00 | ミッキムチ家の洋風料理 | Trackback | Comments(2)

スーパーのお馴染みの食材で、おうちでバルめし。

スーパーのお買い得食材で、簡単タパス風おつまみ、作ってみました。
おうちでちょこっと飲みのお供にいかがですか。

「鮮魚のカルパッチョ」。
カルパッチョのソースは、テレビでやっていた糖化防止万能たれで。
このたれ、美味しかったので自分の覚書用に。
大葉、ミョウガ、生姜、ワケギのみじん切りに減塩醤油、オリーブオイル、ごま油、きび砂糖。
これにゆずの皮と亜麻仁油が入るのですが、ゆずの皮はなかったので省略、亜麻仁油がなかったのでエゴマ油にしました。
この万能たれを青魚のお刺身やお豆腐にかけるとヘルシーだそうです。
a0223786_14230990.jpg

青魚のお刺身の代わりに、お買い得のお刺身の切り落とし盛り合わせ298円にしました。
小さめに切ってたれをかけただけです。
a0223786_14252766.jpg


「かまぼこたくあんチーズの和風ピンチョス」。
かまぼことたくあんをみじん切りにしてマヨネーズで和え、塩コショウをふりかけたのをクリームチーズに乗っけました。
a0223786_14265148.jpg


こちらは、スーパーのお惣菜売り場にある焼き鳥のレバーかレバーの甘辛煮とクリームチーズを混ぜ合わせた、即席レバーペーストをフランスパンの中身をくり抜いてつめた「スタッフドバケット」です。
a0223786_14295570.jpg



「半熟卵の黄身をつけて食べる、生ベーコン炙り焼き」。
生ベーコンがなかったら普通のブロックベーコンでやってみてくださいね。

これ、先日行ったムサコのやきとん屋さん「カナディアンベーコンとキャラメルエッグ」の真似っこ。
a0223786_14321968.jpg

by mickimchi | 2018-01-31 15:13 | あれこれおつまみ | Trackback | Comments(4)